稲葉浩志『en-Zepp』『enⅣ』セトリ一覧はこちら

“B’zロス”がトレンド入り 35周年ツアー終了が影響か

スポンサーリンク
B'z『STARS』ファイナル限定グッズの写真 B'z LIVE-GYM Pleasure 2023 -STARS-
画像出典:筆者撮影

「B’zロス」というワードが2023年9月30日までに、X(旧:Twitter)の音楽ジャンルのおすすめトレンド入りを果たした。デビュー35周年を記念した全国ツアー『B’z LIVE-GYM Pleasure 2023 -STARS-』が同24日に終了したことを、ファンらが惜しんでいるものとみられる。

スポンサーリンク

同ツアーは6月17日から3ヶ月強、主に毎週末行われた。少なくとも65万人以上を動員したものとみられ、ゆえに”B’zロス”に陥る人の数は大規模にのぼると考えられる。

Xでは10月1日時点で、MBSディレクター・山内健太郎氏の「B’zロスが激しいので、CD音源の『ultra soul』と『BAD COMMUNICATION』を繋いで(※)遊んでます。」という動画付きのポストが多くのいいねを集めている。このほかには、既にリリースされているライブ映像作品を見て過ごしているという声や、ツアーで購入したグッズを並べた写真などが、相次いで投稿されている。(※上記ツアーでは両曲が、「ultra soul(2番まで)」→「BAD COMMUNICATION(1番まで)」→「ultra soul」(間奏以降)という順で組曲として演奏された。)

コメント

タイトルとURLをコピーしました