AmazonでB'z「STARS」予約受付中!
PR

B’z稲葉「息が止まりそうになった」その後復活し魂の歌唱 仙台公演で

スポンサーリンク
ゼビオアリーナ仙台の夜の外観写真 B'z LIVE-GYM 2022 -Highway X-
画像出典:筆者撮影

2022年8月4日に宮城県仙台市太白区のゼビオアリーナ仙台にて開催された『B’z LIVE-GYM 2022 -Highway X-』仙台1日目公演で、ヴォーカル・稲葉浩志のコンディションの不調により、演奏メニューの進行が一時中断する場面が複数回あった。

スポンサーリンク

稲葉の声が4~5曲目の一部箇所で掠れ始め、6曲目以降で顕著に掠れるようになった。また、7・8・9曲目を歌う際に稲葉は終始表情がうつろ気味で、ステージ上のモーションを最小限にし、シャウトを控えている様子だった。そして稲葉はこの間、曲と曲の合間に水分補給を頻繁に行い、時折吸入器のようなものを口にあてがっていた。さらに8曲目の後に舞台が暗転した後にはステージに膝から崩れ落ち、しばらく動かなくなる場面もあった。

9曲目の後には通常メニューにない間隔が設けられ、スタッフが稲葉の肩に手を当て、進行を確認するような場面がみられた。しかし、この時稲葉は続行する意思を見せたものとみられ、舞台が明るくなった後には観客に「ごめんお待たせしました。一瞬息が止まりそうになってて。もう大丈夫!次行きます!」と、自ら状況を説明した。

スポンサーリンク

その後、11曲目の前のサポートメンバーによるセッションのコーナーでは、川村ケン(Key.)と清(Ba.)が通常よりも長めのアドリブ演奏を披露。このように、バンドメンバーも稲葉を全面バックアップした。

そして最終的に稲葉は、12曲目以降にアグレッシブなパフォーマンスを見せ続け、表層的には平常時とほぼ変わらないとも言える、”復活”した姿を見せた。ここまで同ツアーを約20公演近く観覧している筆者は少なくとも、聴感上・視覚上ともに、通常時とほぼ変わりなく稲葉が復調したものと感じた。

エンディングまで魂の歌唱を続けた稲葉は、最後に「3年ぶりの仙台で、素晴らしい力を皆さんに頂きました」「皆さんの拍手の力はとんでもないです」と力強く述べ、観客らに感謝の意を伝えた。終演後にはファンがTwitterで、稲葉の様子を心配したり、その後の復調を喜んだりしている様子だった。

コメント

  1. 左 翔太郎 より:

    いつも拝見させて頂いてます!
    はやみんさんの稲葉さんの歌声考察の記事が好きで良く見させて頂くのですが、もしお時間があれば昨年のUNITE・FRIENDSツアーや今回のHighwayXのツアーの稲葉さんの発声の変化についての記事を書いて頂けたら幸いです!

  2. 亜梨沙 より:

    8月11日ぴあアリーナM M にいきました。初めから、稲葉さん顔色が悪く青白い感じで、水分沢山摂っていて、タオルで口を押さえてました。その時点で、喉がヤバいのかもと気にしていました。曲の合間全てに沢山の水分。咳も出ていたし。タオルで口を覆っていたのも喉を湿らせる為だと思いました、、、
    一時中断となりさらに不安、もう頑張らないでいいと苦しくなるほど、、、でも力を振り絞りすべての曲を変わらず、変わりないように披露してくれました。
    中途半端な事してごめんなさい。って言ってました、、、コロナは急激に体調にでるから誰にも予期できないし、倦怠感が半端ないから相当の苦しみに耐えていたはず。それでも力出し切りなんでもないような力強い歌声を響かせてくれました。B’zのプロ意識すごすぎます。
    アンコールは、呼べなかった。もう十分だよと、、、携帯の灯でエール。蛍みたいに暖かい光が溢れました。それ見たメンバーも感動してくれて私たちも一生忘れないライブになりました。
    稲葉さん。どうかお大事に。コロナは誰も悪くない。ゆっくり静養してください。

タイトルとURLをコピーしました