広告

B’z、2021年度の寄付金活動を報告 3年連続でコロナ対策支援に充当

広告
『B'z presents UNITE #01』グッズ販売状況の写真B'z Official Website
画像出典:筆者撮影
広告

ロックユニット「B’z」が、チャリティーグッズによる2021年度の収益金・寄付金活動の結果を2022年12月6日、公式サイトで報告した。

広告

公式サイトでは、新型コロナウイルス感染症の昨今の状況に関するコメントや、それを踏まえた活動についてのことが記載された。2021年度の収益金については、「引き続き、日本でも新型コロナウイルス感染症の影響で経済的負担が大きくなり、日常生活に困窮されている方々が多くいらっしゃる」として『B’z presents UNITE #01』『B’z presents LIVE FRIENDS』で販売したチャリティーピンバッジの全収益金¥9,401,700を、「新型コロナウイルス(COVID-19)感染症対策支援」に充当すると発表した。具体的には、公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンによる『新型コロナウイルス感染症 緊急子ども支援事業「子どもの食 応援ボックス」』への事業協力を行ったという。

また公式サイトでは、同日時点での寄付金合計金額が、¥200,875,200となったことも発表された。B’zは2011年度から寄付金活動を行っている。

■2021年度収益金報告についてはこちら>>(※外部リンクに遷移します)
■2021年度寄付金活動報告についてはこちら>>(※外部リンクに遷移します)

コメント

タイトルとURLをコピーしました