B’zサポートベース&アレンジャー・徳永暁人、50歳の誕生日を迎える 初の配信ソロライブも発表

B’zのサポートベーシストやアレンジャーを務めたことでも知られる「doa」の徳永暁人が22日、50歳の誕生日を迎えた。

徳永は同日昼にSNSを更新し、「100まで半分。さあこれからだ。」とコメント。さらに50歳が100歳の半分だということと掛けたのか、顔の左半分の自撮り写真も投稿した。

一方doaのメンバーは、バンドのブログに

これからも心に残る曲を作り続けてください。

また全国いろんなところで歌える日を目指して🎙🎙🎙

Take it easy👋👋

doaの公式ブログ(https://ameblo.jp/doa-blog/entry-12699360028.html)より引用

とコメントし、祝福のメッセージを寄せている。

徳永はこの一年、doaのメンバーとして配信ライブや音源制作などに挑んだほか、作家活動30周年を記念した初のソロ&セルフカバーアルバム『Route 109』をリリース(2020年12月2日発売)。また『B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day1~5』(2020年10月~11月開催)では約13年ぶりにB’zのサポートメンバーに復帰するなどしていた。

徳永は同日に自身初の配信ソロライブ『Route 109 ストリーミングライブ Vol.1』を10月9日、16日に開催することも発表しており、50歳の一年も精力的に活動する模様だ。

■ソロライブの詳細はこちら>>(※外部リンクに飛びます)

コメント

タイトルとURLをコピーしました