歌手・三浦祐太朗はB’zのファン ファンクラブに入り”ミーグリ”に参加していた過去も

歌手・三浦祐太朗の画像B'z好き芸能人・有名人・ミュージシャン
画像出典:三浦祐太朗の公式Twitter投稿より引用

俳優の三浦友和を父、元歌手の山口百恵を母に持つことでも知られる歌手・三浦祐太朗は、ロックユニット「B’z」のファンであり、学生時代にオフィシャルファンクラブ「B’z PARTY」に所属。さらに2001年にはコンサート前に開催される会員限定の企画『Meet & Greet』で、B’zの松本孝弘・稲葉浩志と直接対面を果たし、スリーショットを撮影したことがある。

三浦祐太朗が番組で明かしたB’zとの衝撃のエピソード

三浦祐太朗は2019年10月放送の日本テレビ系バラエティ番組『衝撃のアノ人に会ってみた!2時間スペシャル』に出演した際、B’zと対面した同エピソードを披露。自身が16歳の時、2001年4月17日開催の『B’z LIVE-GYM 2001 “ELEVEN”』国立代々木競技場 第一体育館公演(東京都渋谷区)にファンクラブ会員として参加し、『Meet & Greet』に当選して松本・稲葉らと写真撮影をした事実を、明かした。

三浦はこの時の写真を振り返り、「緊張してもうハンパないですね。」とコメント。
またさらに、当人が三浦だということをB’zの二人は知らない(またその後も報告していない)ということも明かし、そのことを「いつかお伝えしたいなと思ってます。」とも語っている。

松本孝弘は、2003年に母・山口百恵の「イミテイション・ゴールド」をカバー

ちなみに、ギター・松本孝弘は、自身がティーンエイジャーだった1970年代当時、三浦の母・山口百恵の音楽も聴いており、2003年リリースの邦楽カバーアルバム『THE HIT PARADE』にて彼女の通算18枚目のシングル曲「イミテイション・ゴールド」(1977)を、倉木麻衣をヴォーカルに迎えてカバーしている。

三浦祐太朗がエピソードを明かしてからしばし時間が経過しているが、あれから三浦とB’zの二人は再び芸能界で対面を果たしているのだろうか。

なお三浦は直近でも、自身のTwitterなどでB’zの無観客配信ライブ『B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day1~5』を観賞したことなどを報告している。

コメント

タイトルとURLをコピーしました