YouTubeチャンネル登録はこちら >
TwitterはこちらLINEはこちら

松本孝弘「Waltz in Blue」のミュージックビデオがB’z公式YouTubeチャンネルにフル公開

B'zの話題

(文/「B’z 超まとめ速報」@bz_takkoshicom管理人@はやみん)

松本孝弘の新曲「Waltz in Blue」のミュージックビデオが、B’z公式YouTubeチャンネルにフルサイズで公開されました。

この記事を書いた人
B'z 超まとめ速報 管理人@はやみん

はやみんは、ロックユニット「B'z」のことを15年以上にわたって研究しているB'zの専門家。「B'z 超まとめ速報」の著者/筆者・管理人。

下記ボタンから簡単登録可!更新通知が便利!

松本孝弘「Waltz in Blue」のミュージックビデオがB’z公式YouTubeチャンネルにフル公開

松本孝弘の新曲「Waltz in Blue」のミュージックビデオが、B’z公式YouTubeチャンネルにフルサイズで公開されました。

新曲「Waltz in Blue」は、9月2日(水)リリースの最新ソロアルバム『Bluesman』に収録。また初回生産限定盤には、同曲のミュージックビデオが収録されています。

松本孝弘「Waltz in Blue」ミュージックビデオの撮影場所は?

今回のミュージックビデオは、群馬大学同窓記念会館で撮影。同建物は、群馬大学理工学部の前身である桐生高等染織学校の校舎として大正5年に建造されており、国の登録有形文化財に登録されています。演奏シーンが撮影された講堂は、吹き抜けになった高い天井や装飾的な壁を背にした演壇などが特徴的であり、まるで教会のような荘厳さを感じさせる造りとなっています。

松本孝弘「Waltz in Blue」ミュージックビデオの出演者は?STILTANGOとは

そして「Waltz in Blue」のミュージックビデオには、STILTANGO(スティルタンゴ)が出演。STILTANGOはnanisoleとMEIによる男女二人組の”足長パフォーマンスデュオ”であり、ミュージックビデオの中でも、特技を活かした美しく儚い演技を披露しています。なお、撮影時にMEIに偶然遭遇した松本孝弘は、(おそらくその姿に)思わず驚いたとのこと。ミュージックビデオのSTILTANGOによるパフォーマンスに、注目です。

松本孝弘「Waltz in Blue」では多数のギターを使用 MVでも本人の意向によりブロックごとに持ち替えて撮影

ちなみに「Waltz in Blue」のレコーディングでは、多数のギターを使用。またミュージックビデオでも、本人の意向によって音源の通り、ブロックごとにギターを持ち替えて撮影を行っているということです。

「Waltz in Blue」で使用されているギター一覧

  1. Gibson Jeff Beck 1954 Les Paul Oxblood #10
  2. Gibson Les Paul Gold Top 1955 #5-9937
  3. Fender Stevie Ray Vaughan Signature Stratocaster Relic #CZ537894
  4. Gibson Les Paul 1954 Gold Top #4-0673

「Waltz in Blue」のイントロは「漣 < sazanami >」と波の音で繋がっている

また、「Waltz in Blue」のイントロは、前曲「漣 < sazanami >」と波の音で繋がった状態で収録。松本はこの音についてインタビューで、「人の気持ちとか心の微妙な動きみたいなものを表現するには、とても良いモチーフ」「波の、潮の満ち引きって、人の心の微妙な動きみたいなのを感じる」などと語っています。

Tak Matsumoto / Waltz in Blue

以上、松本孝弘の新曲「Waltz in Blue」のミュージックビデオが、B’z公式YouTubeチャンネルにフルサイズで公開されたニュースについてまとめさせていただきました。ご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました