B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day1~5 セットリスト
INABA/SALAS

サラス投稿に“稲葉浩志さんの手” INABA/SALASはまだレコーディング中?

INABA/SALAS
(文/「B’z 超まとめ速報」@bz_takkoshicom管理人@はやみん)

こんにちは。「B’z 超まとめ速報」(@bztakkoshicom)です。

世界的ギタリストのスティーヴィー・サラスがSNSに投稿した写真に、コラボユニット「INABA/SALAS」でともに活躍するヴォーカリスト・稲葉浩志さんの手と思われるものが写り込んでいることが明らかになりました。まとめさせていただきましたので、宜しければ是非ご覧ください。

この記事を書いた人
B'z 超まとめ速報

はやみんは、B'zのことを15年以上にわたって研究しているB'zの専門家。ロジカルで本質的な分析・論説を得意とする。「B'z 超まとめ速報」の著者/筆者・管理人。

「B'z 超まとめ速報」をフォローする

スティーヴィー・サラス投稿で“稲葉さんの手”が写る INABA/SALASは現在東京でレコーディング中か

世界的ギタリストのスティーヴィー・サラスが13日(木)に自身のInstagramを更新し、投稿した写真に、コラボユニット「INABA/SALAS」でともに活躍するヴォーカリスト・稲葉浩志さんの手と思われるものが写り込んでいることが明らかになりました。

同投稿でサラスさんは、数多くのギターエフェクターが写った写真を投稿し、写真について「A plethora of toys to help me not suck while cutting guitars here in Tokyo」 (東京でギターダビングする間に退屈しないための大量のおもちゃ達)とコメント。これにより、現在サラスさんらが、東京でレコーディング作業を行っていることが明らかになっています。

サラスさんは、昨年12月にもINABA/SALASの東京でのレコーディングのために来日。それ以降、様々なスケジュールを挟みながら、断続的にレコーディング作業を続けられている模様です。今年1月にはB’zのツアーサポートにも帯同したドラマー、ブライアン・ティッシーとのレコーディング作業をアメリカ・ロサンゼルスで行ったことをInstagramの投稿でファンに報告しました。

なお稲葉浩志さんは、B’z公式ファンクラブの最新会報誌インタビュー(2020年1月発送)でINABA/SALASのレコーディング作業について「今停滞してます(苦笑)」「ただ今突貫工事で制作しております。間に合わないかもしれないけどがんばります!(笑)」などとコメント。このことから、INABA/SALASのレコーディングが当初の想定よりも難航していることが明らかになっています。INABA/SALASは2020年4月から6月にかけて全国ライブツアーを実施現在制作中の新作を携えて、ライブツアーに挑む予定です。

”稲葉浩志さんの手”は本物? 右人差し指に注目

そしてまた、今回特にファンの注目を集めたのが、写真左上に小さく確認することができる手です。これがB’zのヴォーカリストとしても知られる稲葉浩志さんの手ではないかという声が数多く上がっていますが、写真に写り込んだ手は、本当に稲葉浩志さんのものなのでしょうか?

それを見分けるための最も有効なポイントとして、右手人差し指に彫られたタトゥーを確認する方法が挙げられます。
稲葉浩志さんは、1996年頃以降に背中、両腕、臍、右手首などの身体の様々な箇所にタトゥーを入れ始めており、右人差し指にも、”トライバルタトゥー”という種類の、龍がデザインされたタトゥーを入れられています。

稲葉浩志さんの右手が確認できる画像

よってこの点に着目して画像を比較し確認してみると、スティーヴィー・サラスさんの投稿した写真に写っているのは、稲葉浩志さんの手であると見て間違いないものと考えられます。現在INABA/SALASは、東京でレコーディング作業を行っている模様です。

まとめ

ここまでご覧いただきありがとうございます。
世界的ギタリストのスティーヴィー・サラスがSNSに投稿した写真に、コラボユニット「INABA/SALAS」でともに活躍するヴォーカリスト・稲葉浩志さんの手と思われるものが写り込んでいることが明らかになったニュースについてまとめさせていただきました。いかがでしたでしょうか?

INABA/SALASの新作の存在がアナウンスされてから約2ヶ月近くが経過しており、そのリリースを心待ちにされているファンの方々が大勢いらっしゃることと思われます。先日ツアータイトルが発表された『INABA/SALAS “the First of the Last Big Tours 2020″』は4月27日(月)からスタートするため、新作の制作状況はいよいよ最終盤を迎えているのではないでしょうか。

昨年12月には、来日した際に稲葉浩志さん所有のギターが写り込んだ写真をSNSに投稿し、INABA/SALASの活動発表前にファンに様々な憶測を呼んだこともあるスティーヴィー・サラスさん。
今後も相棒・稲葉浩志さんの存在を”匂わせ”つつ、INABA/SALASにまつわる情報を積極的に発信していかれるものと思われます。

以上、世界的ギタリストのスティーヴィー・サラスがSNSに投稿した写真に、コラボユニット「INABA/SALAS」でともに活躍するヴォーカリスト・稲葉浩志さんの手と思われるものが写り込んでいることが明らかになったニュースについてまとめさせていただきました。ご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました