広告

B’z松本孝弘、ヒットシングル「ZERO」の重厚リフをSNSでギター披露

広告

B’zのギタリスト・松本孝弘が、1992年10月7日にリリースされたB’z通算11枚目のシングル「ZERO」のギターリフを演奏する様子をSNSの動画で公開しました。

B’z松本孝弘、「ZERO」の重厚リフをSNSでギター披露

B’zのギタリスト・松本孝弘が、1992年10月7日にリリースされたB’z通算11枚目のシングル「ZERO」のギターリフを演奏する様子をSNSの動画で公開しました。

広告

B’z公式Instagramなどでは12日(金)夕方、ギタリスト・松本孝弘が1992年10月7日にリリースされミリオンヒットを記録したB’z通算11枚目のシングル「ZERO」のギターリフを演奏する様子を撮影した動画が投稿。動画で松本は、イントロ部分の重厚なリフをギターで響かせるとともに、後半の小節において新たにソロフレーズを採り入れたアレンジを披露するなどしており、あくなき挑戦を見せる意欲的なパフォーマンスで視聴したファンを心酔させました。

また投稿の本文には「Tak’s Guitar of the Day: “ZERO” Gibson Les Paul Gold Top 1957 Reissue 1991」と綴られており、今回の演奏に松本孝弘が愛用するギター「Gibson Les Paul Gold Top 1957 Reissue 1991」が使用されていることも明記されています。

松本孝弘保有「Gibson Les Paul Gold Top 1957 Reissue 1991」とは

広告
BARKS記事(https://www.barks.jp/news/?id=1000149305)より引用。

「Gibson Les Paul Gold Top 1957 Reissue 1991 #1-8283」とは、松本孝弘が保有する1991年生産の1957年製ゴールドトップリイシュー。主に90年代のB’zのライブやレコーディングでメインギターとして使用されたといい、酷使によるダメージを修復して復帰を果たすこととなった一本である。直近においては、アルバムレコーディングでは『DINOSAUR』収録の「ルーフトップ」、『NEW LOVE』収録の「兵、走る」、「SICK」などで使用されたほか、ツアーでは『B’z LIVE-GYM Pleasure 2008 -GLORY DAYS -』や『B’z LIVE-GYM 2015 -EPIC NIGHT-』、さらに『B’z LIVE-GYM 2019 -Whole Lotta NEW LOVE-』などで使用されており、最新の同ツアーではメインギターとして「WOLF」「俺よカルマを生きろ」「トワニワカク」「声明」「イチブトゼンブ」「Still Alive」「デウス」のパフォーマンスで使用された。

広告

以上、B’z松本孝弘による「ZERO」のギター演奏動画が公式SNSにて公開されたニュースについてまとめさせていただきました。ご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました