B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day1~5 セットリスト
大賀好修

B’z、ZARDらサポートギタリスト・大賀好修(Sensation)がInstagramアカウントを開設 ライブ配信も

大賀好修
(文/「B’z 超まとめ速報」@bz_takkoshicom管理人@はやみん)

B’z、ZARDなどのサポートギタリストを務め、自身のバンド・Sensationでも活躍するギタリスト・大賀好修が、自身のInstagramアカウントを開設し、ライブ配信を行うことでファンと交流を図りました。

この記事を書いた人
B'z 超まとめ速報

はやみんは、B'zのことを15年以上にわたって研究しているB'zの専門家。ロジカルで本質的な分析・論説を得意とする。「B'z 超まとめ速報」の著者/筆者・管理人。

「B'z 超まとめ速報」をフォローする

B’z、ZARDらサポートギタリスト・大賀好修(Sensation)がInstagramアカウントを開設 ライブ配信も

これまでにB’z、ZARDなどのサポートギタリストを務め、自身のバンド・Sensationでも活躍しているギタリスト・大賀好修が、自身のInstagramアカウントを開設し、ライブ配信を行うことでファンと交流を図りました。

大賀好修は23日(木)、自身のInstagramアカウントを開設。さらに同日夜には、自身初となるライブ配信に挑戦し、ファンらと直接交流を図りました。

大賀好修はライブ配信の冒頭で「見えてます?皆さん」と視聴者に呼び掛け、配信がうまくいっていることが確認できると「どうも、大賀です。」と挨拶。「なんせ初めてなんでよくわかんないんで、よろしくお願いします。」と語り出し、Instagramの機能について少しずつファンに確認しながら、ライブ配信をスタートさせました。

さらに直後には「とりあえずアコースティックギターでも弾こうか」とMartin製のアコースティックギターを掻き鳴らし始めた大賀。ライブ配信は終始、大賀好修がギター(途中からはFATが制作する大賀好修のシグネイチャーモデルのエレキギター)を手に抱えながら視聴者のコメントに反応する形式で、進行しました。この配信を観たファンからは、「本物の大賀さんだ!!」「お元気そうで、安心しました!」「動いてる大賀さん久しぶりに見た」「生の大賀さん見れて嬉しい」など喜びの声がひっきりなしに数多く寄せられることに。大賀自身も、ファンと双方向的なコミュニケーションが取れることに強い満足感を滲ませる様子を見せています。

Instagramアカウント開設のきっかけは「この大変な時期、ちょっとでも繋がりを」「ちょっとでも役に立てれば」

また大賀好修は配信の中で「皆さんとこの大変な時期、ちょっとでも繋がりを、交流を持てたら嬉しいなと思ってインスタやってみました。」「この時期Stay Homeで、できる方はなるべくして、その時間に僕と一緒にトークとかコミュニケーションしてもらって、ちょっとでも役に立てればと思って始めました」とコメント。Instagramアカウントを開設した動機が、新型コロナウイルス感染症拡大防止のために自宅で過ごす人たちに対して何かしら役に立ちたいというものであったことを、明かしています。

ファンの質問に数多く回答 B’zで好きな曲や一番好きなライブは「全部です」 B’zのYouTubeライブ映像は「観てます」

そして大賀好修は、配信の中で視聴者からのコメントに様々なリアクションを示したほか、寄せられた数多くの質問にも直接回答。「B’zで好きな曲」や「B’zの一番好きなライブ」は何か、という質問に対しては「全部です。」と回答し、また現在YouTubeでフル公開されているB’zのライブ映像を観ているかという質問に対しては「観てますよ、B’zのYouTubeは観てます。」と答えました。

笑顔でギターを弾き、上達法や自身の練習法に言及する姿が印象的

一方、今回の配信で特に視聴者の印象に残ったのは、大賀好修が終始笑顔でギターを弾きながら、ギターや音楽について熱く語る姿であるものと思われます。

大賀は、視聴者から”発見したコード”を訊かれた際には、普段一人で弾いているというお好みの”ジャズっぽいコード”を実際に弾いてみせ、またギター初心者に対しては、”Fではなく、もっと簡単なG、C、Dなどのコードを練習し、ギター用の筋肉ができてきてからFコードを習得すべき”と持論を展開するなど、音楽に挑戦する人たちの声に積極的に反応。また自身のギター練習法について訊ねられると”メトロノームに合わせてこつこつと。一番よくやるのがバッキングギターの練習、その後に速弾きとかテクニック系をやる”といった主旨のことを語り、さらにカッティングの良い練習方法を訊かれた際には”右手をずっと動かしておくこと(弾いていないときも)”を挙げるなど、自身のギター練習法やメソッドまでもを開示しながら、ギタープレイヤーに対して積極的なアドバイスを送りました。

まとめ:今後も定期的にInstagramでライブ配信を行う模様

そして今後の配信について、大賀は「またちょくちょくライブやっていくんで」などと語り、さらにInstagramの投稿で「また土日にやります♬ステイホームだね^_^17時くらいで良い?どう?」とコメント。よってこれからも定期的にInstagramでのライブ配信が行われることが示唆されています。

今回の配信においては、ファンから外出自粛の最中音楽活動以外で普段行っていることについて訊かれると「酒飲んでます」と答え、また自身がハマっているものを訊かれると「食べる小魚」(おつまみスナック)と答えるなど、自らの持つお茶目な部分を随所に見せながらも、上記のように音楽に関する話に熱弁をふるい、ギターを思い切り掻き鳴らし、さらに“新型コロナウイルスが終息してからやりたいこと”を問われた際には「もちろんライブです。みんなの前でギター弾きたい。」と即座に答えた、ギタリスト・大賀好修。

普段はステージ上で、笑顔を振りまきながら正確無比なテクニカルプレイを見せる姿が印象的な彼ですが、Instagramのライブ配信において改めて、大賀好修が“大の音楽好き”である、ということを認識された視聴者の方々が、多くいらっしゃったのではないでしょうか。今後何度も行われていくであろう大賀好修のInstagramライブ配信に、ますます注目したいところです。

大賀好修 Instagramアカウントはこちら>>

以上、ギタリスト・大賀好修が自身のInstagramアカウントを開設し、ライブ配信を行ったニュースについてまとめさせていただきました。ご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました