SixTONES・ジェシーがB’z「ultra soul」を歌うシーンが「オトラクション」で放送されず話題に

オトラクションに出演したSixTONESの画像テレビ番組で取り上げられた話題
画像出典:番組公式Twitterより引用

23日(火)放送のTBS系体感型“音ゲー”バラエティ番組「オトラクション」において、事前に公開された予告映像でSixTONESのメンバー・ジェシーがB’z「ultra soul」を歌うシーンが紹介されたが本編で放送されなかったことが、ファンの間で話題となっている。

TBS公式YouTubeチャンネルや番組公式Twitterなどで19日(金)、20日(土)頃に公開された予告動画の冒頭では、ジェシーがB’z「ultra soul」を歌うシーンが登場。
背景の様子などから同シーンは番組内の「ピッタシンガー」(音なしカラオケ/流される楽曲が途中から無音になり、その後登場するサビのラストのフレーズを原曲から+0.5秒以内で歌うチャレンジゲーム)のコーナーのものだったと推測されるが、番組本編の同コーナーでジェシーは、「前向きソング」の候補の中にあったB’z「ultra soul」を選択せず、ウルフルズ「ガッツだぜ!!」、スキマスイッチ「全力少年」、DREAMS COME TRUE「何度でも」を選択した。(結果、「ガッツだぜ!!」と「全力少年」の2曲で正解した。)

同シーンがカットされた理由や経緯などは不明。
Twitter上では、SixTONESやジェシーのファンから、「ジェシーのウルトラソウル待ってたのになんで流れんかった??」「そういえばジェシーのウルトラソウル見た気がするけどどこ行った?幻覚?」などの声が上がっている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました