広告

俳優・千葉真一さん逝去 B’z「魔界転生」ちなんだタイトルのライブ実施した過去

広告

俳優の千葉真一(ちば しんいち、本名:前田禎穂=まえだ さだほ)さんが19日、千葉県内の病院で死去した。82歳だった。所属事務所によると、千葉さんは新型コロナウイルスに感染して8日から入院しており、肺炎が悪化したという。

広告

千葉さんは1932年1月22日生まれ、福岡市博多区出身。(千葉県君津市育ち。)
中学生から始めた器械体操で高校3年生の時に全国大会優勝を成し遂げたが、大学時代に怪我を負い、選手生活を断念した。

その後1959年にオーディション『東映ニューフェイス』(第6期)に合格し、東映に入社。各映画やドラマで主演を務め、1968年放送のTBSテレビドラマ『キイハンター』ではアクション俳優の地位を確立した。

広告

1970年にはジャパン・アクション・クラブ(JAC)を設立し、以後は、時代劇にも進出。空手などの武術を基調としたアクロバティックな演技は海外からも注目を浴び、『Sonny Chiba』(サニー ちば)の愛称で親しまれた。

1992年には映画『エイセス / 大空の誓い』で本格的にハリウッドデビュー。2003年には千葉さんのファンを公言する米映画監督・タランティーノの『キル・ビル』に出演し、剣術指導にもあたった。

映画の代表作は、『仁義なき戦い 広島死闘篇』(1973年)、『激突!殺人拳』(1974年)、『柳生一族の陰謀』(1978年)、『戦国自衛隊』(1979年)、『魔界転生』(1981年)など。

Listen on Apple Music

B’zは天草ライブ「魔界転翔」を実施 松本は主演映画を観賞したことも

広告

ロックユニット「B’z」は2019年6月4日、熊本・天草(天草市民センター)でコンサート『B’z SHOWCASE 2019 -魔界転翔-』を実施。同公演のタイトルを、千葉さんが沢田研二とダブル主演を務めた映画『魔界転生』をもじって付けた。ギター・松本孝弘は当時、同映画をロードショーで観に行ったという。

またTシャツなどのグッズに描かれたイラストでは、松本が天草四郎(演:沢田研二)に、ヴォーカル・稲葉浩志が柳生十兵衛光厳(演:千葉真一)に扮した。

広告

ちなみに余談だが、B’zが1995年に行った全国ツアー『B’z LIVE-GYM Pleasure ’95 “BUZZ!!”』のスタントは、千葉さんが実質的に手放した後※ではあるものの、「JAC」が担当している。

1991年7月、日光江戸村(株式会社ジャングル)に合併という形で実質的に売却。その後は1996年に別資本で有限会社ジャパン・アクションクラブが設立され、現在同社は「JAE FACTORY」として継続している。

コメント

タイトルとURLをコピーしました