稲葉浩志『en-Zepp』日替わり曲セトリ一覧はこちら

B’z元サポメンのシェーン・ガラース、ドラマガWebのインタビューに答える 来日で「仕事はしていない」

スポンサーリンク
『ドラマガWeb』のシェーン・ガラースインタビュー記事のキャプチャ画像 シェーン・ガラース(Shane Gaalaas)
画像出典:『ドラマガWeb』の記事より引用

B’zの元サポートメンバーでカナダ出身ドラマーのシェーン・ガラース(Shane Gaalaas)が、2022年10月の来日時に、『リズム&ドラム・マガジン』のWEB版サイト『ドラマガWeb』の対面インタビューに答えた。その内容が同10月23日、サイトにて公開された。

スポンサーリンク

同インタビューでシェーンは、今回の来日について「毎日たくさんのスケジュールがあるんだけど、観光したり、友達と会ったり……まあバケーションみたいなものだよ。このインタビューを除いて仕事はしていない」(引用:https://drumsmagazine.jp/player/shane-gaalaas-interview2210/)とコメントし、目的が仕事ではなくプライベートなものであることを明言。
このほか、日本の文化について思うことや日ごろの過ごし方、B’zのサポートメンバーを離脱した時のこと、現在の音楽活動などについて、掘り下げて語っている。

さらにシェーンは現在のB’zとの関係について、インタビュー内で次のように語った。

スポンサーリンク

「今でもB’zの2人とは、とても良い友達だし、いつでも彼らをサポートできる。B’zは、長い間すごく特別なバンドで、たくさんの人に影響を与えたし、これからも新しいリスナーに影響を与え続けていくと思う。」

出典:『ドラマガWeb』のインタビュー記事(https://drumsmagazine.jp/player/shane-gaalaas-interview2210/)より引用

コメント

タイトルとURLをコピーしました