高橋竜一(音楽評論家・音楽ライター)

WEB上に写真が存在しないB'zの関連人物人物

高橋竜一(たかはし りゅういち)とは、日本の音楽評論家・音楽ライター、コピーライター。北海道生まれ、東京都育ち。

略歴

大学卒業後、音楽雑誌の編集部を経てフリーランスに。1980年より本格的に執筆活動に入った。

著作

  • 『ロックCD名盤ガイド』(1998年、立風書房/共著)
  • 『ロック名盤カタログ THE ROCK BOOK』(1990年、JICC出版局/共著)
  • 『日本のベスト・アルバム』(1992年、シンコー・ミュージック/共著)
  • 『Jロック&ポップスCD名盤ガイド』(2001年、立風書房/共著)

B’zとの関係

デビュー当初からB’zと交流があり、B’zのライブレポートなどを執筆してきた経歴がある。
また、B’zの一番最初のツアーからライブタイトルに冠されている「LIVE-GYM」という名称は、高橋竜一が考案した。

2000年に発売されたB’zの公式書籍『THE TWELVE』では、高橋が、B’zとのデビュー直後の頃のエピソードを述懐している。

コメント

タイトルとURLをコピーしました