斉藤ノヴ(パーカッショニスト)

斉藤ノヴ(さいとう ノヴ、Nobu Saito)とは、日本のパーカッション奏者。作曲家、編曲家、アレンジャー、音楽プロデューサー、俳優、タレント。京都府京都市下京区出身。1950年11月6日生まれ、年齢71歳。妻は女優・歌手の夏木マリ。

来歴

3歳の頃にバイオリンを習い始める。1961年、『琴姫七変化』(日本テレビ)で子役デビュー。その後1963年にテレビドラマ『宇宙Gメン』(日本テレビ、レギュラー:達夫役)、『姿三四郎』(フジテレビ)、映画『伊賀の影丸』(大八役)、1964年に『白馬の剣士』(TBS)にも出演。

1964年頃、ドラムを始める。1966年、ザ・ビートルズの来日公演を見て、音楽の道に進むことを決意。1967年、シンガーソングライター・浜口庫之助が設立した「リズム・ミュージック・カレッジ」へ入り、同氏に師事。リズム・レッスンを受ける。
1968年、シンガーソングライター・下田逸郎と出会い、「シモンサイ」を結成。パーカッショニストとして初めて活動。1970年に「モーニング・サービス/霧が深いよ」でレコードデビューする。
1972年、浅川マキの「翔べないカラス」に参加。これがセッション・ミュージシャンとしての初レコーディングとなる。ティン・パン・アレーに参加。
1974年、松任谷由実のアルバム「MISSLIM」に参加し、以後松任谷にとって欠かせないスタジオ・ミュージシャンとなる。
1977年、松崎しげる「セイリング ラブ」で、第6回東京音楽祭編曲賞受賞。ソロアルバム『VIRGIN TERRITORY』をリリース。
1978年、サザンオールスターズ「勝手にシンドバッド」をリズムアレンジ。

以後は松任谷由実、吉田拓郎、中島みゆき、角松敏生、かまやつひろし、ジョー山中、渡辺貞夫、谷村新司、中西圭三、藤井フミヤ、日野皓正、高中正義、夏木マリら様々な名アーティストのライブサポート・レコーディングなどに参加し、日本を代表するパーカッショニストとして知られるようになる。
また「イカすバンド天国」(TBS)の審査員を務めるなど、テレビ番組などでのマルチな活躍も目立った。

B’zとの関係

B’z、松本孝弘の作品への参加歴があり(『FRIENDS Ⅱ』「HOME」『ACTION』『DINOSAUR』、『Bluesman』)、パーカッションを務めてきた。

2021年11月16日・17日に東京ガーデンシアターで開催されるコンセプト・ライブ『B’z presents LIVE FRIENDS』に、B’zのライブとしては初めて、パーカッションとして参加する。

参加したB’zの作品

曲名初収録作品発売日トラック数
傷心5th MINI AL「FRIENDS Ⅱ」1996年11月25日03.
Shower9th ORIGINAL AL「SURVIVE」1997年11月19日11.
HOME25th SG「HOME」1998年7月8日01.
オレとオマエの新しい季節16th ORIGINAL AL「ACTION」2007年12月5日15.
ハルカ20th ORIGINAL AL「DINOSAUR」2017年11月29日04.
それでもやっぱり20th ORIGINAL AL「DINOSAUR」2017年11月29日05.
Queen Of The Night20th ORIGINAL AL「DINOSAUR」2017年11月29日07.
SKYROCKET20th ORIGINAL AL「DINOSAUR」2017年11月29日08.
愛しき幽霊20th ORIGINAL AL「DINOSAUR」2017年11月29日11.
King Of The Street20th ORIGINAL AL「DINOSAUR」2017年11月29日12.
Purple Pink Orange20th ORIGINAL AL「DINOSAUR」2017年11月29日13.

参加した松本孝弘の作品

曲名初収録作品発売日トラック数
Actually12th AL『Bluesman』2020年9月2日02.
Be Funky!12th AL『Bluesman』2020年9月2日04.
Asian root12th AL『Bluesman』2020年9月2日10.
Lovely12th AL『Bluesman』2020年9月2日13.

関連の話題

斉藤ノヴ、B’z『FRIENDS Ⅲ』YouTube Live出演を予告

斉藤ノヴに関する話題はこちら

関連ニュース

斉藤ノヴ、B’z『FRIENDS Ⅲ』YouTube Live出演を予告

佐藤恵梨奈に関する話題はこちら

公式サイト・SNS

コメント

タイトルとURLをコピーしました