広告

南波アナがNスタでホラン千秋からモノマネを振られ…B’z「ギリギリchop」披露

スペースシャワーネットワークが入居する本社ビルの外観B'z好き芸能人・有名人・ミュージシャン
画像出典:筆者撮影
広告

16日放送のTBS系報道番組『Nスタ』のエンディングで、キャスターのホラン千秋がニュースプレゼンターの南波雅俊アナウンサーにB’zの歌モノマネをするよう催し、南波アナがこれに応えてB’zの「ギリギリchop」を歌う場面があった。

広告

同番組では最後のニュースとして、スペースシャワーネットワーク(=港区六本木3丁目)が15日に開催した音楽アーティストの授賞式『SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2022』で人気アーティストのYOASOBI、藤井風などが各部門を受賞した話題を紹介。そしてニュース映像が終わると、ホランが「もしこの音楽の祭典にB’zの稲葉(浩志=Vo.)さんが出ていたら、何を歌ってましたかねぇ?」と南波アナに語り掛けた。

これに南波アナは「そうですねぇ、私はちょっと『ギリギリchop』聴きたかったですね」と返答。するとホランは「どんな感じか、(やってもらって)いいですか?」と南波アナに詰め寄り、モノマネを”振る”様子を見せた。

広告

南波アナは「えぇ、マジで」と一瞬驚いた様子を見せるも、すぐさま対応。「ギリギリじゃないと僕ダメなんだよ」~♪(「ギリギリchop」作詞:稲葉浩志)と、稲葉の声色を真似て、同曲の一部分を熱唱した。

歌唱後すぐに南波アナが「…っていう感じでホントすいませんでした。報道番組で申し訳ございません」と平謝りするも、このモノマネにスタジオ出演者らは爆笑。ホランは「いやいや、良かった」「今日一番の見せ場でした」と、満面の笑顔を見せた。

南波アナはB’zのファンとして知られ、またB’z稲葉浩志の歌モノマネを得意としていることでも知られている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました