川村ケン(Key.)、B’zライブイベント参加に感動「こんなことって…」

キーボディストの川村ケンが、『B’z presents UNITE #01』開催が発表された1日、自身のブログを更新。同イベントに参加することについて、「夢が、また一つ。」とタイトルを付けた記事でファンに報告した。

川村は同記事内で、

この度「B’z presents UNITE #01」にサポートキーボードとして参加させて頂くことになりました(公演詳細等は、上記オフィシャルページをご覧頂けましたらと思います)。

長きに渡り、ずっとずっと変わることなく皆の憧れの最高のロックスターであり続けて下さっているB’zさんと一緒にステージに立たせて頂けることができるなんて、本当に夢のようです。

また、同時にMr.Childrenさん、GLAYさんのご参加まで。こんなことって…!

人間、生きていると、予想もしなかったような素敵な事に巡り合えることがあるのですね。

そして、やっぱり音楽には夢があります。カタチの無い音が、でもその波動が、生きる勇気やエネルギーさえ、与えてくれます。本当に、今から待ち遠しくて仕方ありません。

精一杯、心を込めてサポートさせて頂きます。
メンバーさんの皆さんは勿論のこと、素晴らしいサポートミュージシャンの皆さんともご一緒できますこと、心から光栄に思います。

川村ケンのブログ記事(https://blog.goo.ne.jp/kenbow_001/e/09b36d3c1ca772aadd62f997ebee378f)から引用

とコメント。『B’z presents UNITE #01』にサポートキーボートとして参加することについて、万感の思いを記した。

川村はかつて、GLAYの楽曲にレコーディング参加したこともある。さらに松本孝弘がプロデューサーを務めたTAKUROのソロアルバム『Journey without a map』(2016)、『Journey without a map Ⅱ』(2019)にもレコーディングで参加し、またTAKUROのソロツアー(『Journey without a map 2017』など)にもサポートキーボードとして参加。

そして同アルバムでのプレイがきっかけとなり松本のソロツアー『Tak Matsumoto Tour 2020 -Here Comes the Bluesman-』ではサポートキーボードを務める予定であったが、同ツアーは2021年1月に全公演中止が決定。当時川村は、ブログで無念の想いを滲ませていた。
今回、B’zのライブには初参加となる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました