AmazonでB'z「STARS」予約受付中!
PR

B’zサポートKey・川村ケン、「マミレナ」間奏ソロで稲葉に”ヤン・ハマーみたい”と称賛されていた

スポンサーリンク
川村ケンがB'z『Highway X』ツアー振替公演の決定についてコメントしたブログ記事のキャプチャ画像 川村ケン
画像出典:川村ケンのブログ記事より引用

B’zのサポートキーボードを務める川村ケンが2023年1月12日、自身のブログを更新。同日、前の日に亡くなったことが発表されたギタリスト、ジェフ・ベック(Jeff Beck)さんを偲び、その中で、「マミレナ」のライブ(『B’z LIVE-GYM 2022 -Highway X-』)でのキーボードソロを考案した際のエピソードを明かした。

スポンサーリンク

川村は、かつて若い頃に、分数コードの中で上のコードのナインスがルートになっているものを”ジェフベック・コード”と教わったとした上で、安全地帯・玉置浩二がこれを自然に曲に採り入れていたエピソードを披露。さらにこれに続けて、B’z『Highway X』(2022)収録の「マミレナ」におけるキーボードソロアレンジを思い付いた際のエピソードを明かした。

川村は、「CD音源には無いのですが、間奏部分の松本さんのギターのメロディを、ふと思いついて、ある日リハで、ミニモーグでユニゾンした」(引用:https://blog.goo.ne.jp/kenbow_001/e/604fffaf56f7e2f7f044ebebc605017e)と告白。さらに、ヴォーカル・稲葉浩志が「あ、そこ、(ジェフ・ベックの)ヤン・ハマーみたいになってかっこいいですね。」「ありでしょう(笑)!」と述べたことで同ライブアレンジが実現した、と明かした。

スポンサーリンク

ヤン・ハマー(Jan Hammer)は、チェコスロバキア(現:チェコ)出身のキーボーディスト。アルバム『Wired』(1976)などに参加し、ヤン・ハマー・グループとしてジェフとのジョイント・ツアーも行った。

コメント

タイトルとURLをコピーしました