INABA/SALAS “the First of the Last Big Tours 2020″のツアーロゴとサポートメンバーが決定

INABA/SALAS(稲葉浩志(B'z)×スティーヴィー・サラス)

こんにちは。「B’z 超まとめ速報」(@bztakkoshicom)です。

21日(金)正午、B’z Official Websiteが更新され、稲葉浩志とスティーヴィー・サラスによるスペシャルユニットINABA/SALASが2020年4月から6月にかけて行う全国ライブツアー「INABA/SALAS “the First of the Last Big Tours 2020″」のツアーロゴとサポートメンバーが発表されました。

INABA/SALAS “the First of the Last Big Tours 2020″のツアーロゴとサポートメンバーが決定

21日(金)正午、B’z Official Websiteが更新され、「INABA/SALAS “the First of the Last Big Tours 2020″」のツアーロゴとサポートメンバーが発表されました。

今回発表があったのは、稲葉浩志とスティーヴィー・サラスによるスペシャルユニットINABA/SALASが2020年4月から6月にかけて行う全国ライブツアー「INABA/SALAS “the First of the Last Big Tours 2020″」の、ツアーロゴとサポートメンバーです。

発表された内容は以下の通りです。

「INABA/SALAS “the First of the Last Big Tours 2020″」ツアーロゴ

「INABA/SALAS “the First of the Last Big Tours 2020″」ツアーサポートメンバー

「INABA/SALAS “the First of the Last Big Tours 2020″」のツアーサポートメンバーは下記の通りです。

【 サポートメンバー 】
[ Bass ] : Armand Sabal-Lecco
[ Drums ] : Stee Gfeller
[ Keyboards ] : Sam Pomanti
[ Keyboards ] : PlexusPlay

まとめ

「INABA/SALAS “the First of the Last Big Tours 2020”」のツアーロゴとサポートメンバーが発表されたニュースについてまとめさせていただきました。

現時点で筆者が調査を行ったところ、Armand Sabal-Leccoはカメルーン出身の世界的ベーシストであり、Stee Gfellerはスイスのデュオ「Zibbz」のメンバー。PlexusPlayはプロデューサーMatt DiBiaseによって作られた”マルチメディアアーティストネットワーク”の総称だと解釈しました。
詳細なプロフィール情報等はまだ一切公開されておりませんが、筆者自身も今後慎重に調査を進めてまいりたいと思います。なおSam Pomantiは今回の新作アルバムでトラックメーカーとしての役割を担っており、昨年のB’zの全国ライブツアーに続いての参加となります。

以上、INABA/SALAS “the First of the Last Big Tours 2020″のツアーロゴとサポートメンバーが発表されたニュースについてまとめさせていただきました。今後とも「B’z 超まとめ速報」を何卒宜しくお願い申し上げます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました