B’z稲葉ママ、1回目のワクチン接種を報告 ネット予約に苦戦し”コンサートのチケット”みたい

イナバ化粧品店のInstagramに投稿された最初の画像イナバ化粧品店
画像出典:イナバ化粧品店のInstagram投稿より引用

B’zのヴォーカル・稲葉浩志の母・邦子さんが、自身が店主を務める「イナバ化粧品店」のLINETIME LINEの動画(1日公開)に登場し、自身が1度目の新型コロナウイルス感染症のワクチン接種を終えたことをファンに報告した。

邦子さんは動画の冒頭で、「先日、第1回のワクチンを(接種)しました。物凄い、こうして携帯(スマホをフリックして)で取りましたが、なかなか取れなくて、皆さんがいつもコンサートのチケットを取るときにこんなことをやってるのかなぁと思って、私は1回で参ってしまいました。皆さんの凄い力、本当に感服します。いつもありがとうございます。」とコメント。ワクチン接種の予約をコンサートチケットの予約になぞらえ、日頃B’zを応援しているファンらに、想いを馳せた。

また邦子さん曰く、2回目のワクチン接種は7日に行う予定で、その後は一定期間療養することを勧められた、とのこと。さらに現在岡山県に緊急事態宣言が発出されていることもあり、自身が店頭でのファンとの交流を再開するのは20日頃以降となる可能性が高いことを、明かした。

ちなみに邦子さんの誕生日は10日。例年息子・稲葉浩志からの祝花を見に訪れるファンもいるということだが、今年はオンラインのみの公開とすることも、同動画内で併せて示唆している。

さらに邦子さんは、動画の後半で「B’zもいいことが沢山流れてきて、とっても今楽しみにしてます。少しずつ楽しみが出来て(いるので)、皆さん元気になってくださいよ。」ともコメント。B’zが音楽サブスクリプションサービスでの楽曲解禁や無観客配信ライブのパッケージ映像化を行った話題にも、間接的に言及した。

コメント

タイトルとURLをコピーしました