YouTubeチャンネル登録はこちら >
TwitterはこちらLINEはこちら

稲葉バンド

B'zのデビュー当時、1988年頃の写真固有名詞
画像出典:B'z公式Facebookの投稿より引用

(文/「B’z 超まとめ速報」@bz_takkoshicom管理人@はやみん)

「稲葉バンド」(いなばバンド)とは、ヴォーカリスト・稲葉浩志が「B’z」を結成する前に組んでいたバンドの名称。後にB’zのアレンジャー・サポートベーシストを務める明石昌夫も在籍していた。

この記事を書いた人
B'z 超まとめ速報 管理人@はやみん

はやみんは、ロックユニット「B'z」のことを15年以上にわたって研究しているB'zの専門家。「B'z 超まとめ速報」の著者/筆者・管理人。

下記ボタンから簡単登録可!更新通知が便利!

略歴

稲葉浩志は、1984年頃からビーイングが運営するヴォーカルスクール「ビーイング音楽振興会」に在籍。そこでグランプリなどを獲得するなど頭角を現していたが、この才能あふれる稲葉を、長戸大幸率いるビーイングサイドはどうにかしてデビューさせたいと考えていた。

そこで、デビュー前の試金石として、稲葉をヴォーカルに据えたプロジェクトである通称”稲葉バンド”が結成。同バンドは2つほどのレーベルのオーディションを受けたというが、落選したという。
また、メンバーは流動的だった模様。後にB’zに携わる明石昌夫が、途中からベースとして参加している。(なお、音源などの創作物は発表していない。)

コメント

タイトルとURLをコピーしました