元T-SQUARE・和泉宏隆さん逝去 B’z、松本孝弘曲参加

T-SQUAREの元メンバーでB'zの楽曲にもレコーディング参加したことのある和泉宏隆さんの写真ミュージシャン・関係者
画像出典:和泉宏隆さんの公式Facebook投稿より引用

フュージョンバンド「T-SQUARE」の元メンバーで、ピアニスト・キーボディストの和泉宏隆(いずみ ひろたか)さんが、急性心不全のため26日に死去していたことが28日、公式サイトで発表された。享年62歳。

和泉さんは1958年9月28日生まれ、東京都出身。慶應義塾大学法学部卒業後、1982年に「THE SQUARE(現:T-SQUARE)に参加し、キーボード、作曲、編曲を担当。グループの黄金期のメンバーの1人として、1998年に退団するまでに計30枚以上のアルバム制作に関わった。
またソロとしても、複数のアルバムのリリース、レーベル「Misty Fountain」の設立や、他のアーティスト、サウンドトラック(TV、ゲーム等)への作品提供、アレンジ、プロデュースなどを行った。

なお1998年には、ヴォーカル・稲葉浩志が友人の結婚式でアコーディオンを弾いているのを観たことがきっかけで、当時知り合いだったという和泉宏隆さんが、B’zの通算25枚目のシングル曲「HOME」でアコーディオンとピアノを担当。また2002年には、松本孝弘のソロ楽曲「1090 [千夢一夜]」でアコースティックピアノを担当している。

コメント

タイトルとURLをコピーしました