B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day1~5 セットリスト
面白い話題

B’z、クリスマスイヴにレコーディングを抜け出し六本木のワインバーで怒られた思い出

B'zのクリスマス宣材写真面白い話題
画像出典:Musing公式サイトより引用

(文/「B’z 超まとめ速報」@bz_takkoshicom管理人@はやみん)

”クリスマスイヴ”ーそれは、欧米で宗教的なバックボーンを持つ日でありながらも、あらゆる国の人々が思わず浮かれてしまう、不思議な日でもある。

そんな”クリスマスイヴ”に、日ごろストイックであることでも知られる日本のロックユニット「B’z」のメンバーもまた、意外な経験をしたことがあったようだ。筆者がまとめた。

この記事を書いた人
B'z 超まとめ速報 管理人@はやみん

はやみんは、「B'z 超まとめ速報」の著者/筆者・管理人で、B'zのことを15年以上にわたって研究しているB'zの専門家。

「B'z 超まとめ速報」のSNSをフォローする

B’z、クリスマスイヴにレコーディングを抜け出し六本木のワインバーで怒られた思い出

1989年のクリスマスイヴ。当時B’zは、3枚目のアルバム『BREAK THROUGH』のレコーディングに取り掛かっていた。しかしながら、作業はなかなか進まない。一方で、締切はすぐそこまで迫っている、という状況だった。

ところがそうは言っても、”クリスマスイヴ”である。楽しく賑やかに過ごしたい、という気持ちが湧いてくるのも無理はない。そこでレコーディングのメンバーは、”何時間かくらいはいいだろう”という思いを抱き、皆で勝手に六本木(レコーディングスタジオの近く)にあるワインバーに行くことにした。そこで”クリスマスパーティー”を開いたのである。

会は、大いに盛り上がったそうだ。だが暫くしてーレコード会社のスタッフが店に入ってきた。”何、ワイン飲んでるんだよ”ースタッフはメンバーらに怒ったという。

このエピソード(の概要)は、ヴォーカル・稲葉浩志の口から音楽番組『ミュージックステーション』で、2度語られたことがある。それだけ稲葉の頭の中に、強烈に思い出として残っているのだろう。稲葉は当時のことを“すいませんでした”と苦笑いしながら、振り返った。

しかしB’zは、ここから快進撃を見せる。年明けから稲葉も作詞のコツを掴み、2月に発売したアルバムは、初登場3位を獲得。そして夏からは、現在まで続く「シングルオリコンチャート初登場連続一位獲得記録」を打ち立てていったのである。さすがB’zだ。そして結果を残したからこそ、“クリスマスエピソード”が一種の笑い話として語り継がれているのかもしれない。

さてさて、このように若かりし頃のB’zも思わずパーティーへと誘(いざな)われた“クリスマスイヴ”だが、皆さんはどのように過ごすだろうか。

もしも仕事が行き詰まった時は、思い切ってちょっとだけー会社の人に怒られない範囲で、羽目を外してみるのも良いかもしれない。

翌年が皆さんにとってさらに良い一年になることを祈りつつ、それでは、“メリークリスマス”。

コメント

タイトルとURLをコピーしました