「B'z 超まとめ速報」の更新はTwitterからチェック!

B’z公式ファンクラブ『B’z PARTY』の年会費が発足以来初の値上げ しかしファンらが”絶賛”する異例の事態に #BzPARTY #ビーパ

▼旅行時のホテル予約はこちら
B'z PARTY

こんにちは。「B’z 超まとめ速報」(@bztakkoshicom)です。

2019年11月25日(月)、B’z Official Websiteなどが更新され、日本を代表するロックユニット「B’z」のオフィシャルファンクラブ『B’z PARTY』の年会費が、2020年4月より、発足以来32年目にして初となる”値上げ”に踏み切られることが発表されました。しかしファンの方々からはこの値上げに対して”絶賛”の声が続々と上がっています。まとめさせていただきましたので、宜しければ是非ご覧ください。




B’z公式ファンクラブ『B’z PARTY』の年会費が2020年4月より発足以来初の値上げ ¥3,000(税込)→¥3,500 (税込) に

2019年11月25日(月)、B’zオフィシャルファンクラブ『B’z PARTY』の年会費が、2020年4月より、1988年に発足して以来初となる価格改定が行われ、事実上「値上げ」されることが発表されました。

今回の値上げに関してB’z Official Websiteでは、「B’z PARTYは発足以降、消費税率の改正や物価上昇などがありながらも、その都度サービスやコストを見直し、年会費¥3,000を維持してここまで運営して参りました。」と、まずこれまでのファンクラブ会費設定に関する状況について説明。さらに続けて「しかしながら、2019年10月1日からの消費税率引き上げに加え、会報誌やグリーティングカードの紙代や郵送費など近年続く価格高騰に伴い、この度年会費を改定させていただくこととなりました。」と記載され、直近での増税や価格高騰によるコスト増から、ファンクラブ年会費が改定されることが発表されました。そして最後には「会員の皆さまには、非常に心苦しいお願いとなりますが、今まで以上に喜んでいただけるサービスをご提供できるよう努めて参りますので、何卒ご理解の上、引き続きのご愛顧をお願い申し上げます。」との会員へのメッセージが綴られ、ファンクラブ会員に出来るだけ寄り添う心遣いが感じられる表現で、今回の年会費改定についての案内を締めくくられています。
なお初年度のみ発生する「入会金」は¥1,000(税込)で据え置きとなっています。

◆B’z PARTY年会費改定のお知らせ内容

【改定前】
年会費:¥3,000(税込)
※入会金(初年度のみ):¥1,000(税込)

【改定後】
年会費:¥3,500(税込)
※入会金(初年度のみ):¥1,000(税込)は変更ございません。

【新規入会手続き】
2020年4月入会の方より(2020年2月1日(土)入金・決済分より)改定後の年会費となります。

【継続手続き】
2020年4月継続の方より改定後の年会費となります。
2019年12月末発行・2020年1月中旬発送予定の会報124号に同封いたします継続用紙(2020年4月~6月継続の方/会員期限2020年3月末~2020年5月末の方)より、改定後の年会費¥3,500でのご案内となります。
※改定前の年会費でご案内しております2020年2月末以前の会員期限の方が、2020年2月1日以降に継続入金された場合、改定後の年会費(¥3,500)となりますのでご了承ください。
※事前入金・早期入金はお受けすることができません。
※万一、入金額不足の場合には、追加でご入金いただくこととなり、不足分のご入金が確認できるまでお手続きを進めることはできませんのでご注意ください。また、追加入金にかかる手数料はお客様負担となりますので、予めご了承ください。

◆年会費改定に伴うシステムメンテナンスのため、2020年1月25日(土)~ 1月31日(金)の期間中はWeb経由での新規入会手続き・継続手続きを停止させていただきます。

https://bz-vermillion.com/news/191125.html

年会費値上げもインターネット上ではファンから”絶賛の嵐” 「今までがむしろすごい」「たった500円の値上げ」「もっと上げて」「日本一のファンクラブ」

そして、今回史上初めての年会費値上げを行った『B’z PARTY』ですが、インターネット上でのファンの方々からの反応は”意外”なものでした。

なんと、値上げに反対する声はほとんど見られず、むしろ「やっと値上げしてくれるかと思ったら500円って。。。」「もっと上げていいんだよ……」「5000円くらいが妥当では?」「むしろ、500円アップで大丈夫ですか?」「これでも他アーティストのファンクラブからしたら全然安いですなど値上げを歓迎するコメントが殺到。さらに「今までも消費税が上がったりしたけど、31年も会費が変わらなかったのがすごい」「よく耐えたよ今までほんと…」「発足以来、物価があがろうが消費税があがろうが、値上げせず頑張ってくれたFC」「むしろよくいままで値上げしないであんな充実した会報やらグリカやら作れてたなぁ」「いつも素晴らしい会報とサービスをありがとう」などの、これまで良質なサービスと価格を提供してきたファンクラブの企業努力を絶賛する声が殺到し、史上稀に見る、”ファンクラブ値上げを絶賛するファンの方々の声でSNS上が埋め尽くされる事態”にまで発展することとなりました。

『B’z PARTY』は1988年以来、幾多の増税や物価上昇を乗り越え年会費¥3,000を維持

今回のアナウンスやファンの方々の声にある通り、『B’z PARTY』は1988年の発足以来、幾多の増税や物価上昇を乗り越えて、年会費¥3,000を維持し続けてきました。

そこで次に、これまでの『B’z PARTY』会費の変遷についての表を下記に作成させていただきました。改めて振り返ってご覧いただければ幸いです。

『B’z PARTY』の年会費変遷まとめ

消費税年会費(税込)入会金(初年度のみ・税込)半年会費(半年会員・税込)
1988年なし¥3,000¥1,000¥1,500
1989年3%導入¥3,000¥1,000¥1,500
1994年3%¥3,000¥1,000ー(廃止)
1997年5%導入¥3,000¥1,000
2014年8%導入¥3,000¥1,000
2019年10%導入(軽減税率あり)¥3,000¥1,000
2020年4月~10%(軽減税率あり)¥3,500¥1,000

消費税が導入される前の1988年に発足して以来、2019年現在まで一度も『B’z PARTY』の年会費、入会金が改定されていなかったことがご確認いただけるかと思います。

『B’z PARTY』の特典・サービスは充実の内容

『B’z PARTY』では年4回のA4サイズ・オールカラーの会報誌発行、『バースデーカード』、『サマーグリーティング(暑中見舞い)カード』、『クリスマスカード』の発送、ライブチケットの優先予約、一年毎の継続記念品贈呈などの入会特典・サービス内容が豊富に揃えられており、充実しています。

年会費の安さだけでなく、受けられるサービスの質の高さも『B’z PARTY』が多くのファンに熱烈に支持される大きな理由です。

”B’zのファンクラブは良心的”はもはや音楽ファンの常識に

B’zのファンクラブは各種特典・サービスが充実していてなおかつ年会費が良心的である」ということは、B’zファンの方々のみならず、今では他の音楽アーティストやアイドルのファンの方々からも認められる事実となっており、羨望の眼差しが向けられることもしばしばある模様です。

インターネット上では「私が知ってるFCの中で最も安価なのがあのB’z」「B’zのFC他と比べたらすごすぎる」などの声も数多く聞かれ、『B’z PARTY』が提供しているサービスの充実度の高さと価格の低さの兼ね合い、いわゆる”コストパフォーマンス”が、他のアーティストと比較しても卓越していることが、音楽ファンの方々の目を引いている模様です。

『B’z PARTY』の会員数は2019年10月上旬時点で少なくとも約68万人以上(休眠会員含む)ほど存在していると見られています。

まとめ

ここまでご覧いただきありがとうございます。
B’zオフィシャルファンクラブ『B’z PARTY』の年会費が、2020年4月より、史上初となる価格改定により、¥3,000(税込)から¥3,500 (税込)に値上げされるニュースについてまとめさせていただきました。いかがでしたでしょうか?

商品やサービスの値上げは、常識的に考えれば消費者から批判を浴びる可能性が極めて高い行為であることは当然ですが、今回、B’zオフィシャルファンクラブの値上げが行われることが会員の方々から”絶賛”され、また”歓迎”されたことは、一般常識を覆す、誠に驚くべきことなのではないでしょうか?

そしてそれは、これまでに幾多の障壁を乗り越えて会費の価格をキープし、サービスの質を落とさずに運営を続けてきた『B’z PARTY』スタッフの皆さまの努力によって生まれた現象である、と言うことができるのだと思います。

B’zのヴォーカル・稲葉浩志さんは、毎回行われるツアー千秋楽公演の最後に、ツアーを支えたスタッフ・クルーに対して必ず、敬意を持って拍手を送られていますが、今回の『B’z PARTY』年会費改定によって、会員の皆さまが日ごろ提供されている良質なサービスと良心的な価格について目を向けられたこの機会に際して、筆者自身も、改めてファンクラブ運営スタッフの方々へ尊敬の念を抱いた次第です。

日本一のアーティストには、日本一と称されるファンクラブが、しっかりと付いている模様です。

以上、B’zオフィシャルファンクラブ『B’z PARTY』の年会費が、史上初めて”値上げ”されるニュースについてまとめさせていただきました。ご覧いただきありがとうございました。

コメント

  1. ビーパ会員10年目 より:

    反対意見が少ないだけで”絶賛”というのは違うと思う。
    値上げで喜んでる人はいないだろうに。

    ちなみに私も容認派

  2. ヒロシ より:

    ファンクラブ維持の為に必要だから
    もし千円アップしたら グッズの質は上がるのだろうか?

    それにしてもオレは今までこんなにコスパの良いサービスを受けていたとは
    幸せだぜ

タイトルとURLをコピーしました