スポンサーリンク

B’zファンクラブ「B’z PARTY」の年会費が創設以来30年以上変わっていないと話題に #BzPARTY #ビーパ #松本孝弘 #稲葉浩志

スポンサーリンク
▼旅行時のホテル予約はこちら
B'z PARTY
スポンサーリンク

こんにちは。「B’z 超まとめ速報」(@bztakkoshicom)管理人です。

B’zファンクラブ「B’z PARTY」の年会費が創設以来30年以上にわたって変わっていないということが、インターネット上で話題になっています。
まとめさせていただきましたので、宜しければ是非ご覧ください。

スポンサーリンク




B’zファンクラブ「B’z PARTY」の年会費が創設以来30年以上変わっていないと話題に

B’zファンクラブ「B’z PARTY」の年会費が創設以来30年以上にわたって変わっていないということが、インターネット上で話題になっています。

スポンサーリンク

2019年10月1日(火)、日本では消費税率が10%に引き上げられ(軽減税率・キャッシュレス還元制度あり)、このことが現在、世間的に大きな話題となっています。

その中で、B’zファンクラブ「B’z PARTY」の年会費3,000円が値上がりするというアナウンスが現状行われていないことから、インターネット上ではB’zファンの方々から「B’z PARTYは増税しても年会費を上げないのか」「実質的な”値下げ”だ」「B’z PARTYは生活必需品だから軽減税率でも導入されているのか?」などの声が相次いで上がっており、またさらにそれに加えて「B’z PARTYは創設以来、年会費が変わっていない」ということが今改めて注目されています。

スポンサーリンク

「B’z PARTY」の年会費は本当に変わっていない?

それではB’zオフィシャルファンクラブ「B’z PARTY」の年会費は創設以来本当に変わっていないのでしょうか?ここで改めて確認してみたいと思います。

「B’z PARTY」はいつから存在している?

「B’z PARTY」はB’zのデビュー当初から存在しており、1988年12月に最初の会報誌「BE WITH VOL.000」を発行しました。当時TM NETWORKのサポートメンバーを務めていた松本さんのバックアップパーティー(私設のファンクラブ)が存在しており、それがそのままB’zのオフィシャルファンクラブという形に発展した模様です。
ちなみに、「B’z PARTY」の会員番号1番は松本孝弘さんで、2番は稲葉浩志さんとなっています。

スポンサーリンク

「B’z PARTY」創設当初の年会費は?

では創設当初の年会費はどのようになっているのでしょうか?
「B’z PARTY」の年会費は、確かに創設当初から3,000円でした。(※消費税は1989年4月より導入、導入後も3,000円・税込)
そしてそれ以降、度重なる増税などが行われたにも関わらず、一律3,000円(税込)という年会費は変わっていません。

ファンの方々からは、デビュー当時と比較して会費が変わっていないことに対して、Twitter上で驚きの気持ちを露わにされているツイートが、近年次々と寄せられています。

スポンサーリンク

またかつてB’z PARTY運営に携わり、現在は音楽評論家・ライブハウスhillsパン工場支配人の斉田才さんも、以前Twitterで驚きの声を上げられています。

B’zファンクラブ「B’z PARTY」の特典・メリットとは?

次に、「B’z PARTY」に入会した場合の特典・メリット等についてご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

年4回の会報誌「be with!」

会報誌「be with!」は年4回、3・6・9・12月末発行され、翌月に発送されます。A4サイズ・オールカラー48P以上のボリュームに加え、会報誌の写真は全て撮り下ろしという高クオリティな内容となっており、ファンにとってはまさに必見のものであると言えるでしょう。

グリーティングカード

「B’z PARTY」では年3回、グリーティングカードとして『Birthday Card』(お誕生日月に発送)、『Summer Greeting Card』(7月~8月に発送)、『X’mas Card』(12月に発送)を発送しています。撮り下ろし写真と形状は毎回変わります。

ライブチケットの優先予約

「B’z PARTY」会員を対象に、コンサートツアーの優先予約が行われています。
B’z LIVE-GYMのチケットは、B’z PARTYオリジナルデザインに加え、会員番号とお名前が入る、メモリアルチケットとなっています。※コンサートの形態によっては、優先予約が行なわれない場合もあります。

会員証

会員お一人様につき一枚、会員証が発行されます。会員証には会員番号とお名前が刻印されます。

継続記念品

会員が会員継続を行う際に、一年毎に継続記念品がプレゼントされます。

スポンサーリンク

ファンクラブサイトの閲覧

会員専用ウェブサイトBZ-PARTY.COMを閲覧することができます。「B’z PARTY」からのお知らせの他、スタッフ日記や会報誌の一部内容を公開されており、またB’z PARTYオリジナルグッズも販売されています。なお、毎年元旦に、日付の変更とともにB’zのお二人による新年の挨拶動画がアップロードされるのが恒例となっています。

Meet&Greet

コンサート優先予約をお申込頂いた方の中から抽選で、B’zのお二人にライブ前に会えるという企画、「Meet & Greet」が開催されています。2019年10月2日(水)に放送された日本テレビ系バラエティ番組「衝撃のアノ人に会ってみた!2時間スペシャル」では山口百恵さんの息子で歌手の三浦祐太朗さんが、16歳の時にこの企画に当選したことを告白し、大きな話題となりました。

その他 アニバーサリーイヤーにサプライズで記念品が贈られることも

またその他にも、B’zのアニバーサリーイヤーなどにはサプライズで「B’z PARTY」会員に向けて記念品が贈られることがしばしばあります。

スポンサーリンク

1998年、B’z10周年イヤーの際にはB’z Party 10周年ビデオ「B’z OFFICIAL BOOTLEG」、2003年、B’z15周年イヤーの際には写真集『B’z LIVE -OFF- 1988-2003』、2008年、B’z20周年イヤーの際にはB’z Party 20周年記念DVD「B’z Official Bootleg Hidden Treasure ~Typhoon No.20~」、2018年、B’z30周年イヤーの際にはB’z 30周年記念盾“30th YEAR GOLD DISC”が贈られています。

「B’z PARTY」のサービスの充実ぶりは度々音楽ファンの間で話題に

上記からお分かりいただけるように、B’zオフィシャルファンクラブ「B’z PARTY」のサービスの充実ぶりには目を見張るものがあり、これが音楽ファンの間でも度々話題となっています。

今や”B’zのファンクラブは年会費が安いのにサービスが充実している”というのが通説となっている模様です。

年会費「3000円」はスタッフの不断の努力で成り立っている

それでは「B’z PARTY」は、なぜ年会費3000円を創設以来30年以上にわたって維持し続けられているのでしょうか?

スポンサーリンク

もちろんファンクラブ会員数の増加など様々な要因が考えられますが、2014年3月発刊の会報誌「be with! vol.101」に掲載されたスタッフの方からのインフォメーションに、そのヒントが隠されていました。
次にご紹介させていただきます。
※なおこの時は、消費税が「5%」から「8%」へ増税されたタイミングでした。

2014年3月「be with! vol.101」掲載、B’z PARTYからのインフォメーション

B’z PARTYは、年4回発行の会報やグリーティングカード、会員専用ウェブサイトBZ-PARTY.COM、その他の会員特典を、会員の皆様からの年会費で運営しております。時には例外が出てくる場合もありますが、基本的には年会費の中で会員の皆様に楽しんで頂けるようなものをお届けすることを毎回考慮しながら進めています。B’z PARTY発足以来25年間、年会費\3,000円(税込)で運営してきましたが、近年、原油高騰等による燃料費・輸送費の値上げ、会報やグリーティングカード等の特典物の原料でもある紙の値上げ、更に4月からの消費税率引き上げ等、様々な要因が重なり、年会費を見直す必要性を検討して参りました。それでも、ファンクラブのサービス全般を見直すことで、例え小さな見直しだとしても、従来のサービスと比べて遜色ないものを、会員の皆様にお届けすることができるのではないかと、スタッフ一同協議を重ねた結果、この度、サービス内容をいくつか変更させて頂くことで、2014年4月以降も年会費\3,000円(税込)を変えることなく、運営していくことと致しました。B’z PARTYにはありがたいことに大変多くの会員の方にご入会頂いております。大勢の会員の方がいるからこそ実現できたことがこれまでたくさんありました。そしてもちろん、ご入会頂いている会員の皆様、お一人お一人の方からのご協力がなければ実現しなかったことばかりです。今回のサービス見直しでご不便をおかけしてしまうこともあるかと思いますが、今後もより良いサービスを継続させて頂くために、スタッフ一同努力して参りますので、会員の皆様には変わらぬご愛顧と引き続きご協力の程よろしくお願い申し上げます。

今後も年会費\3,000円(税込)で運営を出来る限り継続する予定ですが、今後の消費増税改正や、更なる原油高・物価高の上昇等で、年会費を改訂させて頂く場合もありますので、何卒ご了承下さいますようお願い致します。

(原文ママ・2014年3月「be with! vol.101」冒頭掲載※重要な部分を色付けしています)

この時何のサービスが見直されたのか?

スポンサーリンク

上記のインフォメーションから、これまでにB’z PARTYの中で年会費の見直しを検討してきたこと、そして協議の結果、それでもやっぱり、会員の方々の負担になる会費の値上げよりもサービスの見直しを選ばれた、ということがお分かりいただけるかと思います。
ではこの時、どのようなサービスが見直されたのでしょうか?以下に簡単にまとめさせていただきます。

継続用紙の発送方法変更

従来、会員期限の切れる2ヶ月前に対象会員に単独で発送していた「専用継続用紙」を、会報誌に同封する方式に変更しました。
会員にはほとんど影響のない変更だと思われます。

新会員証への切り替え

それまで継続更新毎に新しい会員期限が刻印された会員証を送付していましたが、会員一人につき一枚の発行に切り替えました。
初期の頃には毎年異なったデザインの会員証を発行していたこともありましたが、会員数の増加やクレジット機能付きのバーミリオンカードの登場などにより統一されたデザインに移行していました。会員期限は会員専用ウェブサイトBZ-PARTY.COMなどでも確認できるため、これもさほど大きな影響のない変更だと思われます。

継続記念品の変更

それまで継続年数に応じて送られていた「継続記念品」が、継続会員共通の記念品に変更となりました。
かつては継続年数によって会員ごとに違う種類の「継続記念品」が送られており、年数の長い会員の方が比較的良質なグッズが届いていたものが統一形式にはなりましたが、一方で休眠期間が入ると対象外となっていた同記念品が、継続手続きを完了した会員に一律に送られることになり、ある意味手厚くなったとも言えるでしょう。

スポンサーリンク

これらの変更点を踏まえても、「B’z PARTY」が会員への充実したサービスをできるだけ維持しつつ、年会費を維持するよう努めて運営されていることが如実に窺えます。

B’zファンクラブ「B’z PARTY」の会員は現在何人いる?

ちなみに、そんなB’zファンクラブ「B’z PARTY」の会員は現在何人いるのでしょうか?

2019年10月3日(木)現在、インターネット上で筆者が調査を重ねたところ、約68万人ほどいらっしゃる模様です。(休眠会員含む)

スポンサーリンク

この会員数の大きさから、B’z、そして「B’z PARTY」が多くの方々の支持を得てきたことが、改めてお分かりいただけるかと思います。

ちなみに「B’z PARTY」には休眠会員の制度がある

ちなみにB’z PARTYには「休眠会員」の制度があります。
これは会員が年会費を期日までに納めなかった際の措置で、その場合は”退会”とはならず”休眠”の状態となります。そして以後、年会費を払えば再び同じ番号で”休眠”状態からファンクラブ会員へ復活することができます。中には20年以上の休眠期間を経た後に、ファンクラブ側できちんと番号が記録されており、同じ番号にて会員に復帰できた方もいらっしゃるようで、このようなささやかな心配りもファンの方々に喜ばれている模様です。

スポンサーリンク

まとめ

ここまでご覧いただきありがとうございます。
B’zオフィシャルファンクラブ「B’z PARTY」の年会費が創設以来、30年以上にわたって変わっていない件についてまとめさせていただきました。いかがでしたでしょうか?

スポンサーリンク

先日当サイトでは、B’zと消費税増税の歴史についてまとめさせていただきましたが、
B’zがデビューして以来、日本の消費税は「0%から10%」まで膨れ上がりました。
それにもかかわらず、ファンクラブの年会費が据え置かれ続けていることは、通常ではほとんど考えられないことだと思われます。
さらに、「B’z PARTY」のサービスの充実度は今や音楽ファンの間では有名であり、年4回発刊されるフルカラーの会報誌、年3回発送されるグリーティングカード、継続時に送られる継続記念品、アニバーサリーイヤーにサプライズで送られることのある各記念品、ライブチケットの優先予約制度などは、まさにファンにとっては”至れり尽くせり”のものであると言えます。

スポンサーリンク

これほどのサービスを拡充しつつも年会費が維持され続けてきたのは、やはり最終的には、ファンクラブスタッフの皆さまの不断の努力の結果であると言えるのではないでしょうか。

消費増税、各資源価格の高騰、また物価の上昇などもあり、今後年会費を維持し続けることに固執することは困難だと思われますが、今後も健全な努力の下、「B’z PARTY」がファンクラブ会員に対してどのような運営を行われていくのか、引き続き注目したいところですね。

スポンサーリンク

以上、B’zオフィシャルファンクラブ「B’z PARTY」の年会費が創設以来、30年以上にわたって変わっていない件についてまとめさせていただきました。ご覧いただきありがとうございました。

コメント

  1. ろった♪ より:

    ハーイ( ´▽`)ノ
    まさしく20年の休眠期間を経て年末に復帰しました〜。子育て終了しLIVEも解禁デス✨
    先日服の山からOff The lockの頃に購入したTシャツ発掘しました

タイトルとURLをコピーしました