「B'z 超まとめ速報」の更新はTwitterからチェック!

B’zが音楽特番『歌のゴールデンヒット』 -昭和・平成・令和の歴代歌王ベスト100-で男性歌手シングル総売上1位に輝く

▼旅行時のホテル予約はこちら
テレビ関連

こんにちは。「B’z 超まとめ速報」(@bztakkoshicom)管理人です。

2019年10月7日(月)午後7時~10時57分に放送されたTBS系音楽特番「『歌のゴールデンヒット』 -昭和・平成・令和の歴代歌王ベスト100-」において、B’zが男性歌手シングル総売上1位の“歌王”に輝きました。まとめさせていただきましたので、宜しければ是非ご覧ください。




『歌のゴールデンヒット』 -昭和・平成・令和の歴代歌王ベスト100-が10/7(月)に放送。テーマは「歴代シングルレコード・CDシングル総売上枚数のベスト100位」

2019年10月7日(月)午後7時~10時57分に放送されたTBS系音楽特番「『歌のゴールデンヒット』 -昭和・平成・令和の歴代歌王ベスト100-」において、B’zが男性歌手シングル総売上1位の“歌王”に輝きました。

『歌のゴールデンヒット』は2017年2月よりTBS系列で年2回のペースで放送されている音楽特番で、TBSに眠る秘蔵映像とともに、各放送回で日本歌謡史をさまざまな切り口で紹介してきた番組です。前回は2019年2月11日(月・祝)に「『歌のゴールデンヒット』−昭和・平成の歴代歌姫ベスト100−」として放送され、昭和・平成の歴代歌姫たちのシングル総売上枚数がランキング形式で発表されましたが、今回、10月7日(月)放送回では「歴代男性歌手“歌王”」がテーマとなり、歌王(男性歌手)たちの歴代シングルレコード・CDシングル総売上枚数のベスト100位から1位までがランキング形式で公開されました。

なお同番組のMCは堺正章さん、内田有紀さん、藤井隆さんが担当、ゲストには井森美幸さん、大久保佳代子(オアシズ)さん、高見沢俊彦さん、土田晃之さん、波瑠さん、Mr.シャチホコさんが登場し、歴代男性歌手“歌王”について語り、さらに歴代男性歌手“歌王”ゲストとして、THE ALFEEとDA PUMPが登場し、スタジオでヒット曲スペシャルメドレーが披露されました。

『歌のゴールデンヒット』 -昭和・平成・令和の歴代歌王ベスト100-ランキングはこちら

それでは早速、『歌のゴールデンヒット』 -昭和・平成・令和の歴代歌王ベスト100-で発表されたランキングをご紹介させていただきます。

『昭和・平成・令和の歴代歌王ベスト100』の1位には「B’z」が輝きました。
シングル総売上は約3596.8万枚を記録しています。

なおミリオン超えはシングル15作品、アルバム19作品で記録しており、
CD総売上枚数は約8262万枚となっていることが番組内で併せて紹介されています。

『昭和・平成・令和の歴代歌王ベスト100』ランキング(歴代シングルレコード・CDシングル総売上枚数のベスト100位)

順位アーティスト名合計売上数
1B’z35,968,912枚
2Mr.Children28,957,404枚
327,115,178枚
4サザンオールスターズ25,352,080枚
5SMAP24,578,134 枚
6GLAY20,400,812 枚
7KinKi Kids19,018,737 枚
8L’Arc〜en〜Ciel16,652,763 枚
9CHAGE and ASKA16,492,170 枚
10五木ひろし15,494,049 枚
11福山雅治14,114,966 枚
12森進一13,096,585 枚
13郷ひろみ13,004,741 枚
14沢田研二12,413,209 枚
15西城秀樹11,593,149 枚
16関ジャニ∞10,616,484 枚
17長渕剛10,516,973 枚
18近藤真彦10,493,122 枚
19TUBE10,217,488 枚
20V610,132,168 枚
21スピッツ10,112,853 枚
22田原俊彦10,079,618 枚
23槇原敬之9,410,041 枚
24米米CLUB9,205,847 枚
25チェッカーズ9,068,190 枚
26EXILE8,810,970 枚
27WANDS8,548,770 枚
28KAT-TUN8,379,221 枚
29ポルノグラフィティ7,938,502 枚
30野口五郎7,867,021 枚
31光GENJI7,551,110 枚
32氷室京介7,516,378 枚
33T-BOLAN7,430,300 枚
34シャ乱Q7,315,058 枚
35T.M.Revolution7,205,852 枚
36THE ALFEE7,070,772 枚
37DEEN7,007,664 枚
38TOKIO6,937,665 枚
39Kis-My-Ft26,918,573 枚
40桑田佳祐6,848,616 枚
41Hey!Say!JUMP6,495,756 枚
42布施明6,214,469 枚
43ゆず6,026,169 枚
44平井堅6,022,985 枚
45X JAPAN5,985,220 枚
46細川たかし5,936,585 枚
47藤井フミヤ5,917,598 枚
48内山田 洋とクール・ファイブ5,882,950 枚
49NEWS5,785,454 枚
50氷川きよし5,776,408 枚
51とんねるず5,769,430 枚
52さだまさし5,714,369 枚
53小田和正5,702,464 枚
54布袋寅泰5,558,263 枚
55Dragon Ash5,498,363 枚
56松山千春5,488,022 枚
57中村雅俊5,474,755 枚
58矢沢永吉5,246,903 枚
59TM NETWORK5,154,015 枚
60ORANGE RANGE5,134,792 枚
61THE YELLOW MONKEY5,108,893 枚
62宮史郎とぴんからトリオ5,060,740 枚
63hide5,041,715 枚
64北島三郎5,007,207 枚
65山下達郎4,995,579 枚
66LUNA SEA4,986,307 枚
67BUMP OF CHICKEN4,977,560 枚
68德永英明4,848,590 枚
69井上陽水4,784,450 枚
70千昌夫4,731,460 枚
71東方神起4,667,956 枚
72吉川晃司4,641,011 枚
73CHEMISTRY4,622,076 枚
74子門真人4,587,713 枚
75アリス4,526,540 枚
76H Jungle With t4,364,594 枚
77シャネルズ4,167,720 枚
78ケツメイシ4,082,681 枚
79ザ・タイガース4,064,748 枚
80シブがき隊3,968,550 枚
81奥田民生3,915,964 枚
82安全地帯3,876,861 枚
83少年隊3,816,936 枚
84河村隆一3,814,799 枚
85殿さまキングス3,804,620 枚
86FIELD OF VIEW3,647,160 枚
87浜田省吾3,610,586 枚
88コブクロ3,598,536 枚
89GACKT3,536,825 枚
90堀内孝雄3,511,933 枚
91ウルフルズ3,417,585 枚
92ゴダイゴ3,394,009 枚
93三代目 J SOUL BROTHERS
from EXILE TRIBE
3,387,024 枚
94SOPHIA3,353,123 枚
95フィンガー53,262,240 枚
96SHAZNA3,157,570 枚
97DA PUMP3,141,602 枚
98小沢健二3,118,225 枚
99久保田利伸3,104,586 枚
100渥美二郎3,095,578 枚

※オリコン調べ、『歌のゴールデンヒット』公式サイト(https://www.tbs.co.jp/utanogoldenhit/)より引用

『歌のゴールデンヒット』ランキング第1位「B’z」の紹介まとめ

次に、番組内で「B’z」が紹介された際の模様をまとめさせていただきます。
B’zの紹介の前に3位「嵐」、2位「Mr.Children」が紹介され(「ミスチル」は同日Twitterでトレンド入り)、B’z紹介前に挟み込まれたCMの前には「第1位の発表。嵐・ミスチルを抑え、見事1位に輝いた『歌王』とは?」とのナレーションによる案内、B’zのシルエット画像が登場しました。
そしてCMが終わると、「1万組を超える歴代男性歌手から選ばれた歌王ベスト100、栄えある第1位は?」とのナレーションが入り、「シングル総売上げ3596.8万枚」「シングル・アルバム総売上げ8262万枚」「シングル15作品、アルバム19作品がミリオン超え」というテロップとナレーションによる案内が行われた後、さらに「圧倒的な記録を叩き出す歌王とは?」というナレーションが入りました。

「ultra soul」のCDTV出演映像

そして次に画面が切り替わり、2001年3月31日放送「COUNT DOWN TV」出演時の「ultra soul」の演奏映像が流れました。スタジオからB’zの発表に拍手が沸き起こる中、同曲映像のサビ部分が終了すると、今度は「第1位はB’z。デビューから30年以上、前人未到のセールス記録を打ち立てる、キング・オブ・ロックユニット。それでは、『歌王』B’zのシングル売上ベスト5、すべてお見せします。」というナレーションが入り、次にB’zの歴代シングル売上ランキングが5位から1位までライブ映像付きで紹介されました。 続いて、番組で流れた”B’zのシングル売上ベスト5”の映像の解説を記載させていただきます。

B’z シングル売上枚数ランキング

5位 ねがい 149.9万枚

1995年5月31日リリースの16枚目シングル曲。
前年までの制作体制を解体してB’zとしてリスタートを切った曲。稲葉が初めて編曲に参加している。今回は「B’z LIVE-GYM Pleasure ’95 “BUZZ!!”」の映像が流れた。(映像作品『”BUZZ!!” THE MOVIE』収録)

4位 裸足の女神 173.6万枚

B'z / 裸足の女神

1993年6月2日リリースの13枚目シングル曲。片山右京出演・トヨタ「カローラレビン」CMソングとして使用され話題となった。今回は「B’z LIVE-GYM ’93 “JAP THE RIPPER”」の映像が流れた。(映像作品『LIVE RIPPER』収録)

3位 BLOWIN’ 176.4万枚

1992年5月27日リリースの10枚目シングル曲。宮沢りえ主演カルビー「ポテトチップス」CMソングに起用され話題となった。今回は「B’z LIVE-GYM Pleasure ’95 “BUZZ!!”」の映像が流れた。
なお同曲はこのライブのオープニングを飾っており、稲葉は当時親交のあった故・勝新太郎から譲り受けたテンガロンハットを着用してステージに登場している。(映像作品『”BUZZ!!” THE MOVIE』収録)

2位 LOVE PHANTOM 186.2万枚

1995年10月11日リリースの18枚目シングル曲。元々はライブ演出用に制作され、「B’z LIVE-GYM Pleasure ’95 “BUZZ!!”」で先行披露されたが、後にシングルとしてリリースされ、テレビ朝日系ドラマ『X-ファイル (第1シーズン)』主題歌に起用された。
今回は「B’z LIVE-GYM Pleasure ’95 “BUZZ!!”」の映像が流れた。(映像作品『”BUZZ!!” THE MOVIE』収録)

1位 愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない 202.1万枚

1993年3月17日リリースの12枚目シングル曲。日本テレビ開局40周年記念ドラマ『西遊記』主題歌として起用された。2019年現在、B’z唯一のダブルミリオンシングルとなっている。
今回は2003年4月2日放送「CDTV 10周年史上最高プレミアライブ!」(COUNT DOWN TV)出演時の映像が流れた。

堺正章さん「すごい積み重ねの中でこの枚数、実績を作ってきてるんだな」

ランキング映像が終わり、スタジオに画面が切り替わるとMCの堺正章さんは「やっぱり、B’zのお二人ですよ」と呟き、ゲストの土田晃之さんは続けて「聞く曲全部普通に歌えますしね」とコメント。さらに堺さんは付け加えて、すごい積み重ねの中でこの枚数、実績を作り上げてきてるんだなと。だからやっぱり努力という気持ちは忘れちゃダメだなっていうのをね、すごく感じました。」と語り、B’zがランキング第1位に輝いたことに対するスタジオ出演者からのコメントを、しみじみと締めくくられました。

インターネット上では「やっぱりB’zだ」「長く尺を取ってくれてありがとう」

インターネット上では視聴者の方々から「1位はやっぱりB’zだ」「予想通りだった」「長い間(放送時間終盤まで)待ってました」などの声が溢れ、今回ランキングトップに君臨したB’zに納得の声が次々と上がりました。

またB’zファンの方々からは、ランキング第1位のB’zを紹介するにあたって、シングル5曲分の映像を紹介し、さらに約4分以上の時間を割いた同番組に対して「長く(放送時間の)尺を取ってくれてありがとう」という声が相次いで上がっています。

まとめ

ここまでご覧いただきありがとうございます。
2019年10月7日(月)に放送されたTBS系音楽特番「『歌のゴールデンヒット』 -昭和・平成・令和の歴代歌王ベスト100-」において、B’zが男性歌手シングル総売上1位の“歌王”に輝いたニュースについてまとめさせていただきました。いかがでしたでしょうか?

B’zは現在、日本で最もCDを売り上げているアーティストであり、それ故に、様々な切り口で国内の音楽ランキングが作成される際に、このようにランキングのトップや上位に位置していることが多々あります。今回に限らず様々な音楽ランキングが発表されている中で、”日本で一番売れているアーティストはB’z”という認識は、音楽ファンの方々などに徐々に浸透してきているのではないでしょうか。

2019年4月にオリコンから発表された【オリコン“平成セールス”ランキング】でもまた、“平成No.1”アーティスト別セールスに「B’z」が輝きました。
その際にオリコンから発表された稲葉さんのコメントが印象的でしたので、最後にその一部をご紹介させていただきます。

すぐに平成の時代が始まり、音楽ソフトはアナログレコードからCDに移行する真っ最中であり、音楽業界全体の売り上げも大幅に伸びはじめていました。そんな好条件の時勢の中、楽曲の制作とライブを繰り返しながら、多くのみなさんに作品を聴いていただけたのは本当に幸運であり有り難いことです。

“平成No.1”アーティスト別セールス「B’z」オリコンから発表された稲葉浩志さんのコメント

このように、稲葉さんはご自身らの置かれていた時代背景を冷静に分析し、”好条件の時勢””本当に幸運であり有り難いこと”という言葉を用いて、オリコンからのコメントを発表されています。

このコメントから拝察できるように、稲葉さんは、堺さんが仰っていた「努力」や「継続」を長年実践され続けてきた上で、さらにご自身と周囲のことを冷静に見つめられており、また謙虚に振る舞われていらっしゃいます。

栄枯盛衰激しい音楽業界の中で、B’zが大きな浮き沈みを見せることなく活躍し続けることができている、まさにその理由が、このような一面にふと映し出されているーそのように考えることができるのではないでしょうか。「B’z」の偉大さは、どうやら音楽セールス単体では語りきれないようです。

ともあれ、B’zの今後の活躍に、より一層の注目が集まります。

以上、2019年10月7日(月)に放送されたTBS系音楽特番「『歌のゴールデンヒット』 -昭和・平成・令和の歴代歌王ベスト100-」において、B’zが男性歌手シングル総売上1位の“歌王”に輝いたニュースについてまとめさせていただきました。ご覧いただきありがとうございました。

コメント

  1. TOMOYA より:

    番組があったのも知りませんでた

    • ヒロシ より:

      圧倒的じゃなきゃいけない!って事ですよ

      でもねこれ以上チケットが取れなくなるのはゴメンですよー

タイトルとURLをコピーしました