渡辺ファイアー(サクソフォーン奏者)

渡辺ファイアー(わたなべ ふぁいあー、Watanabe Fire)とは、日本のサクソフォーン奏者。1963年8月6日生まれ、東京都出身。年齢58歳。「GOO PUNCH!」、「Jazztronik Big Band」のメンバー。ピアニスト・進藤陽悟とのデュオでも活動中。

来歴

17歳でアルトサックスの音色に魅せられ、大学時代からバンド活動を行う。歌手・池田聡のツアーへの参加を機にプロ活動を開始。その後E-ZEE BAND、CHAKA、バブルガム・ブラザーズのツアー・レコーディングなどに参加した。また1996年にはフジテレビ系特番『ラテン専科』にレギュラー出演した。
1999年にはブルースシンガー・大木トオルのツアーに参加しベン・E・キング、エルヴィン・ビショップと共演。その後ファンクを活動の中心とし、SOY SOUL、funk orchestra T.P.O.などのライブ・レコーディングに参加した。ジャズでは、2006年よりジャズドラマー・森山威男のバンド「森山威男GROUP」に参加。
また自身のグループであるGOO PUNCH!(2000年~)や、Fire sesson(2004年~)、Fire Attack(2013年~)でも活動を行っている。さらにこれらの活動に並行してJ-POP作品として、ゴスペラーズ、B’z、スキマスイッチ、m-flo、鈴木雅之、島谷ひとみらのレコーディングに参加している。

「渡辺ファイアー」の名前の由来

前述の番組『ラテン専科』の「マンボなものを探せ!」というコーナーにパラダイス山元とのユニット「ラテンムードデラックス」で出演していた際、ある日クレジットが「渡辺ファイアー」になっており、「今日からこの名前でやるんだよ」と言われたという。また渡辺が「なんで“ファイアー渡辺”じゃないんだ」と言ったところ、「姓名判断もいいから」と返されたという。(Yahoo!ニュースインタビュー記事https://news.yahoo.co.jp/byline/tomizawaeichi/20210711-00247462より引用)

そして”そう名乗ることになったからにはオモシロいことをしなくちゃイケないかなぁ”と思った渡辺は、メンバー紹介されるときにベル(先の方の部位)のなかにドラゴン花火(火を付けると噴き出す花火)を仕込み、「渡辺ファイアー!」と呼ばれたときにライターで点火し”サックスのベルから火を噴く”、という演出を実現させた。なおこのパフォーマンスは、話題となった。

B’zとの関係

B’zや松本孝弘・稲葉浩志の作品に、複数参加している。またその際、全曲においてトロンボーン奏者・東條あづさ、トランペット奏者・上石統とタッグを組んでいる。

2021年11月16日・17日に東京ガーデンシアターで開催されるコンセプト・ライブ『B’z presents LIVE FRIENDS』に、B’zのライブとしては初めて参加する。

B’zの楽曲へのレコーディング参加

曲名初収録作品発売日トラック数発売元
Mayday!17th AL『MAGIC』2009年11月18日09.VERMILLION RECORDS
夢の中で逢いましょう17th AL『MAGIC』2009年11月18日12.VERMILLION RECORDS
Freedom Train17th AL『MAGIC』2009年11月18日13.VERMILLION RECORDS

松本孝弘の楽曲へのレコーディング参加

曲名初収録作品発売日トラック数発売元
JAZZY BULLETSLarry Carlton & Tak Matsumoto AL『TAKE YOUR PICK』2010年6月2日01.VERMILLION RECORDS
A girl from ChinaLarry Carlton & Tak Matsumoto AL『TAKE YOUR PICK』2010年6月2日12.VERMILLION RECORDS
Rock The Rock11th AL『enigma』2016年4月6日05.VERMILLION RECORDS
Dream Drive11th AL『enigma』2016年4月6日10.VERMILLION RECORDS

稲葉浩志の楽曲へのレコーディング参加

曲名初収録作品発売日トラック数発売元
リトルボーイ4th AL『Hadou』2010年8月18日13.VERMILLION RECORDS

関連ニュース

記事は見つかりませんでした。

渡辺ファイアーに関する話題はこちら

公式サイト・SNS

コメント

タイトルとURLをコピーしました