広告

女優・黒川智花、「B’zを歌うと、激しくヒートアップ」本人に挨拶したエピソードも明かす

黒川智花がB'zについて言及しているInstagram投稿のキャプチャ画像B'z好き芸能人・有名人・ミュージシャン
画像出典:黒川智花のInstagram投稿より引用
広告

女優の黒川智花(くろかわ・ともか)が、2022年8月3日に公開されたWANI BOOKS NewsCrunch(ニュースクランチ)のインタビュー記事に登場。同インタビュー内で、中学生の頃からB’zを好み、またカラオケで歌い続けていることを明かした。

広告

黒川は、かねてからの趣味としてカラオケを挙げ、コロナ禍に入ってからは自宅でカラオケをしていることを告白。また続けて、「歌うのは自分が出演したドラマの主題歌か、大好きなB’zの曲。B’zを歌うと、激しくヒートアップしてしまいますね。」(出典:https://wanibooks-newscrunch.com/articles/-/3387?page=3)と、その”実態”を明かした。

インタビュアーに「B’z」は意外だと反応された黒川は、続けて「気がついたら好きでした。中学生の頃に流行っていて、いいなと思ったのがきっかけです。以来、ずっとB’z 一筋。ライブも行きますし、DVDも持っています。」(出典:https://wanibooks-newscrunch.com/articles/-/3387?page=3)とコメント。さらに「実は以前、バックヤードにお邪魔して、ご挨拶したことがある」と明かし、「そのときは先ほどお話した“しっかりしなきゃ”精神が働いていた頃だったので、「こんにちは。ずっと応援しております。今日はありがとうございました」ぐらいしか言えなかったんです。」と、本人らに直接挨拶した際のエピソードについて、詳しく述べた。

広告

黒川はこれまでにも各メディアやSNSで、B’zのことが好きで、カラオケでB’zの曲をよく歌っていることを明かしてきた。また、自身が出演した2013年放送のテレビ朝日系『DOCTORS2〜最強の名医〜』では、B’z「ユートピア」が主題歌となった。

黒川がB’zのメンバーに挨拶をした時期は明確に明かされていないが、同インタビュー内では、主に10代の頃に自身が仕事に必死だった旨が語られている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました