広告

B’z松本孝弘、ライブで訪問中の愛媛・松山で「トップガン」新作を観たと明かす 稲葉も感想に共感

愛媛県武道館の終演後の外観写真B'z LIVE-GYM 2022 -Highway X-
画像出典:筆者撮影
広告

B’zの松本孝弘が、2022年6月11日開催の『B’z LIVE-GYM 2022 -Highway X-』愛媛公演(2日目=愛媛県武道館)本編で披露したMCで、その前日の10日に松山市街地に繰り出し、トム・クルーズ主演の映画『トップガン マーヴェリック』(2022)を鑑賞したことを明かした。

広告

松本は同映画を「良かった」と称賛。自身らがデビューした(1988)のとほぼ変わらない頃に前作『トップガン』(1986)が公開されたとして30年余りにわたって活躍するトム・クルーズを称え、さらに、その姿を自身らに重ねて「俺たちもまだこうやってみんなとロックンロールやれてるのは最高」と述べた。

このMCに対して相方の稲葉浩志(Vo.)は、同映画を公開直後に観覧したと笑いながら告白。また先述の松本の感想については、「同じことを思いました」と同調した。

広告

B’zは同ツアーで史上初めて愛媛県内において、まとまった日程での3日間の公演(9日・11日・12日)を敢行。10日は、公演がない日だった。稲葉は別のMCで「愛媛でゆっくりしたのは初めてな気もする」「B’zは愛媛にどっぷり浸かってます」とも述べた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました