AmazonでB'z「STARS」予約受付中!
PR

松本孝弘(まつもと たかひろ)(Tak Matsumoto)のプロフィール

スポンサーリンク
松本孝弘(Tak Matsumoto)の画像 松本孝弘(Tak Matsumoto)
画像出典:B'z公式サイトより引用

松本孝弘(まつもと たかひろ、本名:同じ)は、日本のギタリスト、作曲家、編曲家、作詞家、シンガーソングライター、音楽プロデューサー。1961年(昭和36年)3月27日生まれ、大阪府豊中市出身。年齢は現在62歳。身長は165cm(公式バンドスコア『B’z Break through + Bad communication』より)。血液型はO型。クレジットや呼び名に自身を指す愛称の”Tak Matsumoto”(読み:たっく まつもと)を使用することもある。ロックユニット「B’z」のギター・作曲、共同編曲、プロデューサー、リーダーを担当。またソロ活動も並行して実施している。中学校時代に両親の仕事の都合で上京し、高校入学と同時にギターを開始。錦城高等学校卒業後、専門学校・ミューズ音楽院(東京都渋谷区)に入学し音楽理論を学んでいたところ、講師に実践での音楽習得を勧められたことから、同校を約2年で中退。その後、20歳(1981年)頃からスタジオミュージシャン・サポートギタリストとしてプロの活動を開始し、キャリアを積んだ1980年代後半(1984年頃~)には、主に浜田麻里やTM NETWORKなどと活動を共にした。そして、1988年5月、自身初のソロアルバム『Thousand Wave』をリリースした頃、プロデューサー・長戸大幸を通じてデモテープの紹介を受け、当時ボーカルスクール「ビーイング音楽振興会」に通っていた稲葉浩志と面会し、セッション。そのままレコーディングを進め、9月にはシングル「だからその手を離して」、アルバム『B’z』をリリースし、ロックユニット「B’z」としてメジャーデビューを果たした。以後約35年間休むことなく音楽活動を継続し、B’zとしてこれまでに15作品のミリオンヒットシングル、19作品のミリオンヒットアルバムを世に送り出したほか、約1000本以上の”LIVE-GYM”と題したライブ公演を定期的に開催している。またソロとしても、コラボも含めた精力的な活動を展開しており、これまでに5枚のシングル(単独名義だと3枚)、16枚のアルバム(コラボ・再発盤含む。単独名義だと12枚。)などを発表。さらに2011年には『第53回グラミー賞』で、ラリー・カールトンとの共作アルバム『TAKE YOUR PICK』が、最優秀インストゥルメンタル・ポップ・アルバム部門を受賞した。また松本は、世界的ギターブランド『Gibson』から、1999年にアジア圏(日本人)で初めてシグネイチャー・アーティストに認定されている。

松本孝弘(Tak Matsumoto)に関する話題

松本孝弘(Tak Matsumoto)に関する話題は、下記一覧をご覧ください。

スポンサーリンク
B’z2024年ソロツアー最初のFC受付抽選結果が発表、松本は過半数が全落ちか
B’z松本『Bluesman』&稲葉『enⅣ』のチケット受付が始まる
B’z松本の写真公開 米ハリウッドでの音楽イベント時のものか
【B’zソロツアー】松本『Bluesman』&稲葉『enⅣ』の一般発売情報、チケット料金等の詳細発表時期が1月下旬に変更
松本孝弘(B’z)の「BATTLEBOX」に玉田豊夢がドラムスで参加

松本孝弘のニュース一覧はこちら>>

B’zに関連する話題

松本孝弘(Tak Matsumoto)がギターを務めるロックユニット「B’z」に関する話題は、下記一覧をご覧ください。

スポンサーリンク
B’zなどサポートのキーボディスト・増田隆宣が誕生日を報告 “ありがたい言葉が添えられるように…”
B’zの直筆サイン入りカレンダーの発送が完了
『B’z × WOWOW 35th Anniversary 特集』全7番組の再放送、一挙放送スペシャルが決定
楽天ブックス週間ランキングでB’z映像作品『STARS』が1位、”限定配送BOX”デザインが公開
B’zのファンは”推し活”にもっとお金を使いたい?調査でトップに
B’z稲葉声優の『SING/シング:ネクストステージ』が2024年3月16日(土)21時よりフジテレビ系で放送
モヒニ・デイ、2024年8月に来日公演が決定 初のビルボードライブ
シェーン・ガラースがB’z「Liar! Liar!」ドラム映像公開 津山公演のものか
B’zA&R担当元ギタリスト・KUNIのドキュメンタリー映画がU-NEXTで配信開始

B'zのニュース一覧はこちら>>

コメント

タイトルとURLをコピーしました