広告

SPYAIR・IKEが脱退 B’z好きでシェーンと交流あり

SPYAIRのバンドメンバーとB'zのサポートメンバー・シェーン・ガラースの写真ミュージシャン・関係者
画像出典:KENTAのInstagram投稿より引用
広告

SPYAIRのヴォーカル・IKEが2022年3月末をもってバンドを脱退し所属レーベルを退所することが、わかった。公式サイトが同日伝えた。IKEは持病の潰瘍性大腸炎の再燃により療養していたが、寛解には至らず、本人の希望によって音楽活動に区切りを付けるという。

広告

同サイトでは「メンバーとスタッフであらゆる可能性を探り、幾度も話し合いを重ねましたが、苦渋の決断に至った次第です」(出典:SPYAIRの公式サイトhttps://www.spyair.net/info/archive/?539639より引用)と説明されている。なおUZ(Gt)、MOMIKEN(Ba)、KENTA(Dr)の3人は引き続きSPYAIRとして活動を継続する。

IKEはMOMIKEN、KENTAら他のメンバーと共にB’zの音楽を好んでおり、またヴォーカル・稲葉浩志をリスペクト。さらに、シェーン・ガラース(Shane Gaalaas)と公私にわたって交流がある。シェーンは楽曲「We’ll Never Die」(6th AL『UNITE』収録)でレコーディング参加を果たした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました