「B'z 超まとめ速報」の更新はTwitterからチェック!

「コンサート動員力ランキング2019」が発表 1位は嵐 B’zは28位 #嵐 #コンサート動員力ランキング2019 #コンサート動員力ランキング

▼旅行時のホテル予約はこちら
売上・記録

こんにちは。「B’z 超まとめ速報」(@bztakkoshicom)です。

2019年11月2日(土)に発売された流行情報マガジン「日経エンタテインメント!」2019年12月号において、「コンサート動員力ランキング2019」が発表されました。
同ランキングの1位にはアイドルグループ「嵐」が輝いており、「B’z」は28位にランクインしています。まとめさせていただきました。




「日経エンタテインメント!」2019年12月号で「コンサート動員力ランキング2019」が発表

2019年11月2日(土)に発売された流行情報マガジン「日経エンタテインメント!」2019年12月号において、各アーティストによって2019年中に行われる単独公演(10月末で発表済みのもの)の収容人数を、同誌独自に抽出して集計した「コンサート動員力ランキング2019」が発表されました。
このランキングは同誌によって毎年発表されており、「動員力」は公式発表の「動員数」とは異なるものの、コンサート公演会場の規模からアーティストの集客力を推し量ることができる注目度の高い指標となっています。

「コンサート動員力ランキング2019」の1位に輝いたのは、2020年末で活動休止を発表し、先日各SNSアカウントを開設したことで話題を呼んでいるアイドルグループ「嵐」でした。「嵐」は2019年、36公演を行い181.8万人を動員しています。
「嵐」は8年連続となる5大ドームツアー(東京、大阪、名古屋、福岡、札幌)を行っており、また昨年からの合算では「ARASHI Anniversary Tour 5×20」において、同一ツアーで前人未到となる254万人規模を動員する見込みで、その圧倒的な動員力が目立っています。

また日本最高のCDセールス記録を誇っているロックユニット「B’z」は、37公演で35.3万人を動員し、28位にランクインしています。

「コンサート動員力ランキング2019 TOP50」はこちら(日経エンタテインメント!調べ)

「日経エンタテインメント!」2019年12月号で発表された「コンサート動員力ランキング2019 TOP50」は下記の通りです。

順位2018年アーティスト名動員力(万人)公演数
13181.836
2三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE111.924
39AAA73.030
4サザンオールスターズ65.922
55Kis-My-Ft261.713
617乃木坂4660.717
76関ジャニ∞59.320
88Hey!Say!JUMP58.412
91東方神起57.111
1012GENERATIONS from EXILE TRIBE56.612
1123DREAMS COME TRUE55.728
1214NEWS53.430
1319BTS (防弾少年団)53.112
1444SEVENTEEN44.529
1527Mr.Children44.011
16星野源43.710
1718ジャニーズWEST42.034
1821Sexy Zone40.432
1950TWICE39.916
20BUMP OF CHICKEN39.518
2125King & Prince39.232
2215ゆず38.210
2324back number37.835
24THE RAMPAGE from EXILE TRIBE37.033
2536SEKAI NO OWARI35.828
2647欅坂4635.825
27THE YELLOW MONKEY35.729
282B’z35.337
29ケツメイシ35.226
3022コブクロ33.232
3116ONE OK ROCK32.928
32EXILE32.37
33GLAY30.639
3429Nissy29.96
3545松任谷由実27.428
3633UVERworld25.227
37RADWIMPS25.220
3841iKON25.144
3917KAT-TUN24.718
40氷川きよし24.590
4148THE ALFEE22.756
4213小田和正22.618
43米津玄師22.616
44テミン22.617
4537福田こうへい22.5146
4620ももいろクローバーZ22.514
47ポルノグラフィティ22.412
48新しい物語20.522
49SixTONES19.828
50[ALEXANDROS]17.431

「日経エンタテインメント!」2019年12月号より引用。タイトル画像は同誌表紙。

調査基準

  • 2019年1月1日~12月31日までの、主要アーティストの単独公演をピックアップ。各会場のチケットが完売した収容人数を合計して、「コンサート動員力」とした。
  • 上記期間に開かれる有料の国内単独歌唱公演が対象。複数アーティストが出演する公演(ゲスト・前座は除く)やフェス、握手会、学園祭などは対象外とした。
  • 歌唱がメインのファンクラブイベント(有料)はカウントする。
  • 「めざましライブ」のようなパスポート付きのコンサートはカウントの対象としない。
  • 台風などでキャンセルとなった公演はカウントから外した。
  • 10月中旬時点で公式発表されていない公演は含まない。

※「日経エンタテインメント!」2019年12月号より抜粋

B’zは「B’z SHOWCASE 2019 -魔界転翔-」と「B’z LIVE-GYM 2019 -Whole Lotta NEW LOVE-」をカウントか アリーナ&ライブハウスツアー開催で昨年よりはランクダウン

2019年の「コンサート動員力ランキング」においてB’zは、「B’z SHOWCASE 2019 -魔界転翔-」の1公演と、「B’z LIVE-GYM 2019 -Whole Lotta NEW LOVE-」の36公演での動員数をカウントされたものと思われます。なお出演したロックフェス「SUMMER SONIC 2019」での動員数は、上記調査基準により算入されていません。

B’zは2018年には35公演で108.5万人を動員し、同ランキングで2位にランクインしていました。
昨年はB’zデビュー30周年記念イヤーで、アルバムツアー『B’z LIVE-GYM 2017-2018 “LIVE DINOSAUR”』とベスト選曲ツアー『B’z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI-』がともに開催され、ドーム、スタジアム級の会場で多数公演が行われたためランキング上位にランクインしていましたが、今年は「B’z LIVE-GYM 2019 -Whole Lotta NEW LOVE-」においてアリーナ、ライブハウス級の会場のみを巡ったため、その差異によって昨年よりもランクダウンとなっているものと思われます。

しかし「B’z LIVE-GYM 2019 -Whole Lotta NEW LOVE-」では、ファンクラブ会員でもチケット入手が困難なほどにチケットの当選倍率が上がっており、本当の意味でのB’zの「コンサート動員力」は全く衰えていないことが如実に窺えます。

当ランキングは今旬のアーティストなどを推し量る意味では大変機能する画期的なランキングだと思われますが、アーティストのコンサート開催期間やその内容によって数字がかなり左右されるため、ある程度俯瞰してご覧になると良いのではないでしょうか。

まとめ

ここまでご覧いただきありがとうございます。
「日経エンタテインメント!」2019年12月号で発表された「コンサート動員力ランキング2019」において嵐が1位となり、B’zが28位にランクインしたニュースについてまとめさせていただきました。いかがでしたでしょうか?

近年音楽マーケットにおいて「ライブ市場」は「音楽ソフト/配信」を凌ぐほどの売り上げを記録しており、右肩上がりに成長しています。

デジタルの世界が拡大していく中で、人々が”リアル”を求めている、など、そのムーブメントには様々な考察がなされているところではありますが、ともかく今後もさらにライブ市場の成長が見込まれることはおそらく間違いなさそうです。

市場が成熟していくとともに、アーティストがライブでどのような”音楽”を演奏するのか、どのような”演出”を施すのか、どのような方法でライブを”届ける”のか、その内容がより一層問われてくるもの思われますが、その中で、B’zが、各ロックバンドが、各アイドルグループが、各ダンスグループが、それぞれに見せる、未来のコンサートの内容にも是非注目したいところですね。

以上、「日経エンタテインメント!」2019年12月号で発表された「コンサート動員力ランキング2019」において嵐が1位となり、B’zが28位にランクインしたニュースについてまとめさせていただきました。ご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました