ブラマヨ小杉、B’zになりきるダイエットを実践「俺は稲葉さんなんだと思って」

B'z稲葉浩志着用のネイバーフッドのTシャツを購入したブラマヨ・小杉竜一小杉竜一(ブラックマヨネーズ)
画像出典:小杉竜一のTwitterアカウント投稿より引用

16日放送のフジテレビ系『ホンマでっか!?TV』にブラックマヨネーズ・小杉竜一が出演し、”B’zになりきるダイエット”を実践していたことを、明かした。

小杉は、日頃からダイエットに関することを勉強し過ぎて情報の過多になったことから、”自分の精神に語りかける”ダイエットを実践しようと決意。さらに、毎年B’zになりきるライブ『小杉-GYM』を行っていることから転じて”B’zになりきるダイエット”に挑戦した、という事実を語った。

小杉は、濃いコテコテのラーメンを食べようとした時に”稲葉さんはこれ食べへんやろ”、エレベーターに乗らなければならない時に”稲葉さんやったら階段で行くん違うかな”、ポテトチップスを買う時に”稲葉さんはポテトチップス食べへんちゃうかな”などと想像した、とコメント。さらに、「俺は稲葉さんなんだと思っていろんなものをチョイスする、っていうのをやってみたんです。」と語った。

中野信子氏「一理あって」小杉のB’zダイエットを一定評価 相方・吉田は断念に突っ込み

このダイエットについて、認知神経科学者の中野信子氏は、「これ大事、すごく大事です。」とリアクション。さらに、「一理あって、食べるものを想像するだけで(食事量が)8割で満足するっていうデータがあるんですよ」「想像するっていうことの効果は思ったりよりずっと大きいので、一年ぐらいお続けになると良いと思うんですけど」と語り、小杉発案のダイエットに一定の評価を示した。

しかし小杉は、「あぁ、じゃあ続けたら良かった…辞めてもうた…」とコメント。ダイエットを断念したことを吐露したが、これに相方・吉田敬は、「もし自分が稲葉さんやったらという緊張感は長続きせぇへんやろ」と突っ込んだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました