広告

木根尚登、B’zのライブを久々に鑑賞「僕の知っている二人ではない。一言でいうと外タレ」と絶賛

木根尚登が『B'z LIVE-GYM 2022 -Highway X-』についてレポートする動画のサムネイル画像B'z LIVE-GYM 2022 -Highway X-
画像出典:木根尚登のYouTubeチャンネルの動画より引用
広告

TM NETWORKの木根尚登が2022年5月30日、自身のYouTubeチャンネルを更新。前日に『B’z LIVE-GYM 2022 -Highway X-』の武蔵野の森 総合スポーツプラザ メインアリーナ(東京)での公演を観賞したことを、動画で明かした。

広告

同動画は木根が終演後に会場付近でライブをレポートしたもの。木根は久々にB’zのライブを観賞したといい、旧知の仲であるギター・松本孝弘、ヴォーカル・稲葉浩志について「僕の知っている二人ではない。一言でいうと外タレ(外国人タレント)。ガンズ(自身がかつて観たGuns N’ Rosesの東京ドーム公演)より全然良い」と、絶賛した。

松本については、レスポール以外のギターを弾いていたことが印象的だった模様。また「松本くんもそうですけど稲葉くんのシャウトは全然衰えてないですね」と二人を称賛したほか、アルバム『Highway X』収録曲やスクリーンの映像、稲葉のMC、オーディエンスの拍手による応援の様子などを次々と取り上げ、これらを称えた。

広告

着席して観覧していた木根は、エンディングで思わずスタンディングオベーションをしたという。動画の最後では、「とってもいいコンサートでした。ハードロックなんだけど、ハードロックとかあんまり聴かない人も死ぬ前に一回B’zを観に行ってください。フォーク好きもジャズ好きも、クラシック好きも是非。」と視聴者に勧めていた。

※動画の内容には一部ライブ本編のネタバレが含まれます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました