稲葉浩志『en-Zepp』日替わり曲セトリ一覧はこちら

KAT-TUN・亀梨和也、B’z稲葉に救われたエピソード語る「学ぶことたくさんある」

スポンサーリンク
ジャニーズ事務所のロゴの外観写真 テレビ番組で取り上げられた話題
画像出典:筆者撮影

アイドルグループ「KAT-TUN」が、2022年10月8日放送の日本テレビ系『バズリズム02』に出演し、メンバーそれぞれの人間関係を表した最新の”相関図”を解説。その中で亀梨和也が、B’zのヴォーカル・稲葉浩志との交友関係・エピソードについて語った。

スポンサーリンク

稲葉が自身の憧れだという亀梨は、「ご縁をいただきまして、一緒に食事させていただいたりとか、舞台を観に来ていただいたりとか。」と、稲葉との関係性を告白。「舞台の時に稽古期間中に一度食事をさせていただく機会があって」と、食事した際のエピソードを語り始めた。

亀梨は、「音楽劇だったのでお芝居は”うわぁー”って声出して歌はちゃんと歌わないといけないし、長いものなのでどうしていこうかな、今は出てるけど…みたいな。怖くなるんですよね夜とか、急に声出なくなったらどうしようみたいな。今までコンサートとかで感じることはなかったんですけど。」と当時悩みを抱えていたことを告白。さらに、これを打ち明けたところ稲葉から”俺もあるよ”と言われたと明かし、「あの稲葉さんも(声が出なくなることを恐れることが)ある、夢で見てとか。あの稲葉さんがなるならそりゃ(自分も)なって当然だと。それだけでもすごく救われたりもしましたし。」と、稲葉の言葉で心が救われたことを明かした。

スポンサーリンク

さらに亀梨は、「こういうのやってみたらとか教えてくださったりとか、喉だけじゃなくて背中のケアとか大事だから、ブレスの仕方であったり、フッフッフッっていう発声とかもそうですし。」と発声のアドバイスを貰ったことを告白。続けて「すごくストイックです。ライブの前とか、トレーニングとかもそうですし。スタイルもキープされてて、常にトップランカーで、ずっと走り続けられているエネルギーであったりとか、もう学ぶことは本当にたくさんありますね。」と、稲葉のアティテュードについて絶賛した。

この話にMCのバカリズムは、「中学校の頃から何十年もずっとこの(最新のアーティスト写真の)イメージだもんな。ずっと変わんないもんな。」と感心していた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました