B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day1~5 セットリスト

B’z松本孝弘『氷艶』テーマ曲「月光かりの如く」についてまとめました。

(文/「B’z 超まとめ速報」@bz_takkoshicom管理人@はやみん)

こんにちは。「B’z 超まとめ速報」(@bztakkoshicom2)です。

2020年9月2日(火)にB’z松本孝弘のソロアルバム『Bluesman』が発売され、同作品には、アイスショー『氷艶 hyoen2019 -月光かりの如く-』のテーマ曲として書き下ろされた楽曲「月光かりの如く」がCDとして初めて収録されます。
そこで今回は、『氷艶 hyoen2019 -月光かりの如く-』テーマ曲「月光かりの如く」についてまとめさせていただきました。宜しければ是非ご覧ください。

この記事を書いた人
B'z 超まとめ速報

はやみんは、B'zのことを15年以上にわたって研究しているB'zの専門家。ロジカルで本質的な分析・論説を得意とする。「B'z 超まとめ速報」の著者/筆者・管理人。

「B'z 超まとめ速報」をフォローする

B’z松本孝弘『氷艶 hyoen2019 -月光かりの如く-』テーマ曲「月光かりの如く」についてまとめました。

2019年7月26日、27日、28日に、横浜アリーナ(横浜市港北区)で、アイスショー『氷艶 hyoen2019 -月光かりの如く-』が開催されました。

『氷艶』とは、氷上を舞台にフィギュアスケートと日本文化を融合させたストーリー仕立てのアイスショー。歌舞伎とコラボレーションした2017年の第一弾公演を経て2019年には第二弾の『氷艶 hyoen2019 -月光かりの如く-(読み:つきあかりのごとく)』を開催し、演出家・宮本亜門、出演者・高橋大輔、荒川静香、柚希礼音、福士誠治らが、源氏物語をフィギュアスケートで幻想的に表現しました。

そしてこの美しく壮大なアイスショーのテーマ曲をB’zのギタリスト・松本孝弘が書き下ろし、楽曲「月光かりの如く」を制作。同曲は本編クライマックスの場面で披露され、演技を大いに盛り立てました。本作品の模様は、終演後もBS日テレで放映されたり映画館で上映されたりしており、数多くの人々を魅了しているところです。

なお松本孝弘は、今回の『氷艶 hyoen2019 -月光かりの如く-』テーマ曲制作について公式サイトを通じて「今回この様なプロジェクトに参加させて頂き、本当に光栄に思います。都部寸さんの脚本、そして宮本亜門さんの演出のアイデアを基に、僕なりにイメージして、タイトルの通り「月光かりの如く」をテーマにこの曲を書かせて頂きました。この曲が感動的なシーンを更に盛り上げられたなら嬉しく思います。」とコメントしています。

楽曲制作は演出家・宮本亜門氏とWEB会議を通じて

テーマ曲のオファーは2018年前半頃に行われたものとみられ、松本孝弘は制作・レコーディングを2019年に入ってから開始。脚本と宮本亜門氏の演出プランを基にイメージを膨らませ、合宿中の同氏とのWEB会議を通じて楽曲の尺や使用する楽器などについて確認を行いながら、二度の修正を加えて楽曲を創り上げていきました。

松本孝弘は実際に『氷艶』を観賞 「本当にすばらしかったと思います」

ちなみに松本孝弘は、ツアーの合間を縫って実際に『氷艶 hyoen2019 -月光かりの如く-』を観賞。ファンクラブ会報誌のインタビューで、「いや~、本当にすばらしかったと思います!」とショーの感想を述べています。なお終演後には主演を務め話題を集めたフィギュアスケーター・高橋大輔と会ったといい、「すてきな方でしたよ!」とコメント。さらに宮本亜門氏とも会い、「もしまたこうやって一緒にお仕事をさせていただける機会があるならば、リハーサルとかも見せていただけると、なるほど、こういうものが求められているんだなとか。(ツアー中で自身がリハーサルに行けなかったため)そういうやり取りをしたらもっといろいろとおもしろいことができるんじゃないでしょうか」というお話をしたということです。

松本孝弘、スケートなどの異なるジャンルとのコラボレーションに意欲

松本自身は今回の仕事について、「本当に興味深い仕事をさせていただいてすごく光栄に思います。」「すごくおもしろくてやりがいのある仕事でしたね。」「おもしろいですね。」などとコメント。さらに、「スケートとはコラボレーションできると思いますよね。でも、スケートに限らず、いろいろなことにチャレンジできる機会さえいただければ、やってみたいなという気持ちはありますけどね。」「(”無限にいろいろなことができると思う”と語ったインタビュアーに対して)そうなんですよ。だからインストゥルメンタルはやっぱりおもしろいですよね!」などとも語っており、今後の自身のインストゥルメンタル音楽とスケートなど異なるジャンルとのコラボレーションに、意欲を示しています。

松本孝弘ソロアルバム『Bluesman』で初CD化

そして楽曲「月光かりの如く」はついに、2020年9月2日(水)リリースの松本孝弘ソロアルバム『Bluesman』で初めてCD化されることに。

”TAKトーン”と呼ばれる心地よいギターの音色、和のテイストが溢れるメロディ、上海出身の二胡奏者・チェンミンとのコラボレーション、ラストサビで転調を迎える壮大なアレンジメントなどが味わえる楽曲「月光かりの如く」を、アルバムで是非ご堪能ください。

以上、B’z松本孝弘がアイスショー『氷艶 hyoen2019 -月光かりの如く-』のテーマ曲として書き下ろした楽曲「月光かりの如く」についてまとめさせていただきました。ご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました