広告

三田寛子、B’zのライブで飛び跳ねるタイミングがわからず「大変」

TBS本社の外観写真交友関係
画像出典:筆者撮影
広告

タレントの三田寛子が、13日放送のTBSラジオ『パンサー向井の#ふらっと』に出演。B’zのコンサートで自身がジャンプするタイミングが他のファンと違ったというエピソードを明かした。

広告

「私だけ違う!?」というテーマで寄せられた、リスナーからの「私はライブ会場に行ってみんなで音楽に合わせて手を振るとき、必ず左右が他の人と違います。(中略)たぶん舞台側から見ても私のところだけおかしいことになっている気がします」というメッセージに、三田は「わかる~」と即座に反応。続けて「もうね、ライブ大変。私B’zさんのコンサートとかでジャンプするタイミングが全部違うのよ。(一人だけずれている?)そうなの。あれ、皆さんファンの方って上手じゃない?手振りでやって全部。あれはねぇ~。」と、自身の体験を語った。

三田は「似たような振り付けだからできるかなって思って、私ピンク・レディー世代ですから、1回で覚えられたから。そんな感じでやったら微妙に全部違うんだもん。」ともコメント。これにパーソナリティー・向井慧(パンサー)は「それもいいんですよね。それはそれで楽しんで、各々の楽しみ方でやっていただければ。でも恥ずかしい気持ちはちょっと分かります」と共感していた。

広告

三田寛子は、歌舞伎役者・中村芝翫の妻。中村芝翫は松本孝弘(B’z)と親交があり、片岡愛之助を松本に紹介した人物。

コメント

タイトルとURLをコピーしました