広告

鬼束ちひろ

B'zのファンを公言している鬼束ちひろの画像B'z好き芸能人・有名人・ミュージシャン
画像出典:鬼束ちひろのTwitterアカウントより引用
広告

鬼束ちひろ(おにつか ちひろ、Chihiro Onitsuka)とは、日本の女性シンガーソングライター。1980年10月30日生まれ、年齢42歳。宮崎県日南市南郷町出身。血液型O型。小中高生の頃にロックユニット「B’z」の音楽を聴いていたことを公言している。

B’zとの関係

広告

小中高生の頃にB’zを聴いていたといい、アルバム『RUN』(6th、1992年10月28日発売)は当時2枚持っていた。鬼束曰くB’zの音楽の魅力もさることながら、ヴォーカル・稲葉浩志の魅力に惹かれていたという。また後述の音楽番組※では「邦楽でよく聴く曲やアーティスト」を聞かれ、”意外ってよく言われるんですけど”と前置きした上で「B’z」の名前を挙げた。

鬼束は普段他のアーティストのライブに行くのが好きではないが、”B’zのライブは一度行きたい”と思い、実際にライブを観覧。そして楽屋に連れて行ってもらい、本人らと挨拶した。
さらに鬼束は、稲葉と握手した感覚が消えるのが嫌で、重役ら関係者との握手の後4回も稲葉と握手をし、稲葉はこれに応えた。この対応に、鬼束は稲葉のことを「すごいいい人」と思ったという。一方でマネージャーからは厳しい目が向けられていた。このエピソードは2017年3月17日放送の※フジテレビ系特番『Love music 春爛漫SP』で語られた。また著書『月の破片』(2011年4月18日発売)でも、言及されている。

エピソード

広告
  • 『小室みつ子のGetWild』2011年7月31日放送回に出演した際にも、音楽編歴の一つにB’z・稲葉浩志の名前を挙げた。
  • 鬼束ちひろ & BILLYS SANDWITCHESの全国ツアー『Heart Beat Tour 2014』開催前に寄せた直筆メッセージでは、鬼束はB’z「Easy Come, Easy Go!」の歌詞を文末に引用した。(元画像はこちら:https://www.billboard-japan.com/d_news/image/17304/1

関連ニュース

記事は見つかりませんでした。

鬼束ちひろに関する話題はこちら

公式サイト・SNS

広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました