B’z、『UNITE #01』『ドリフェス2021』で「IT’S SHOWTIME!!」を演奏 有観客では約7年10ヶ月ぶり

B'zの公式サイトで公開された2021年のアーティスト写真ライブ
画像出典:B'zの公式サイトより引用

B’zが、『B’z presents UNITE #01』横浜公演(9月28日・29日横浜アリーナ、配信ライブは11日~17日実施)と『テレビ朝日ドリームフェスティバル2021』(9月23日幕張メッセ 国際展示場1・2・3ホール)で、「IT’S SHOWTIME!!」(34th SG、2003年3月26日発売)を演奏した。

同曲の披露時には、ヴォーカル・稲葉浩志が「Oh yeah. “IT’S SHOWTIME!!”, baby.」と述べてから演奏がスタート。ちなみに同曲が有観客公演で演奏されたのは、2013年11月30日開催の『B’z Special LIVE』以来、約7年10ヶ月ぶり(ライブ自体では2020年11月14日開催の『B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day1~5』以来約10ヶ月ぶり)だった。

「チケットを握り ゲートをくぐれ 灼熱への招待 ここじゃすべてがLive」(作詞:稲葉浩志 「IT’S SHOWTIME!!」)という歌詞から分かるようにライブを強く意識させる内容の同曲が、ようやくオーディエンスの前で生披露された。ギター・松本孝弘は、『B’z presents UNITE #01』開催発表時のコメントで、「(前略)今回のオファーに賛同してくれた彼等(※Mr.Children、GLAY)に心から感謝すると共に、久しぶりに皆に会える事、本当に楽しみにしています。 IT’S SHOWTIME !」と綴っていた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました