B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day1~5 セットリスト
面白い話題

B’z、すでに無観客ライブをやっていた!? 広島県東広島市に佇む「B’zかかし」とは

面白い話題
(文/「B’z 超まとめ速報」@bz_takkoshicom管理人@はやみん)

2020年10月末から5週連続で史上初の無観客配信ライブ『B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day1~5』を開催することを発表したロックユニット「B’z」。

しかし彼らはすでに無観客ライブを行っていたーそんな疑惑が湧き起こってしまうような複数の画像が、ファンの方々によってインターネット上で公開されています。改めてまとめさせていただきました。

この記事を書いた人
B'z 超まとめ速報

はやみんは、B'zのことを15年以上にわたって研究しているB'zの専門家。ロジカルで本質的な分析・論説を得意とする。「B'z 超まとめ速報」の著者/筆者・管理人。

「B'z 超まとめ速報」をフォローする

B’zがすでに無観客ライブをやっていた…!? 東広島市豊栄町の大自然の中、ステージに立つ「B’zかかし」

B’zが大自然の中で無観客ライブを開催しているーそんな目を疑うような光景が、広島県東広島市豊栄町の県道28号脇に広がっています。

この場所に凛としてそびえ立っているのは、その名も”B’zかかし”。B’zのギタリスト・松本孝弘と、ヴォーカリスト・稲葉浩志に見立てた2体のかかしが、「B’z」と書かれた木造のステージの上に設置されています。

Googleマップ(https://www.google.com/search?q=B%27z+%E3%81%8B%E3%81%8B%E3%81%97&source=lmns&bih=892&biw=1504&hl=ja&sa=X&ved=2ahUKEwjs8ISUzPHrAhVK4ZQKHcfUDQgQ_AUoAHoECAEQAA#lrd=0x35508b366df8b8ff:0x256ffea8379e2eff,1,,,)より引用。

松本孝弘を模したかかしは、おもちゃのギターを保持しており、稲葉浩志を模したかかしは、竿のようなもので作られたマイクスタンドとマイクを保持。さらに、両者の羽織っている”衣装”は、季節ごとにマイナーチェンジされているといいます。

この”B’zかかし”は2013年の”リニューアル公開”以前よりB’zファンの方が設置しているようで、地元では今や密かな観光スポットに。またインターネット上では、”B’zかかし”を見に来たファンの方々が、かかしを写した写真をそれぞれSNSなどに投稿しています。(見学や写真撮影は自由とのこと)

しかしながら、”B’zかかし”が作られた経緯や理由などは今のところ不明。
B’zとは似ても似つかぬ謎めいた「B’zかかし」は、今日も人知れずステージに立っています。

▼Googleマップにも写っている「B’zかかし」

Google マップ

B’zファンの方々が付近をドライブされる際には、「B’zかかし」の元を是非一度訪れてみてはいかがでしょうか。

以上、広島県東広島市豊栄町に設置されている「B’zかかし」についてご紹介させていただきました。ご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました