広告

AdoとB’zが直接対決?2022年8月10日に両者がアルバムをリリース

広告

Adoが人気アニメ『ONE PIECE』(ワンピース)の新作映画『ONE PIECE FILM RED』(2022年8月6日公開)で歌姫・ウタの歌唱パートを担当し、同作の主題歌「新時代」および劇中歌6曲の全7曲を収録したアルバム『ウタの歌 ONE PIECE FILM RED』を2022年8月10日にリリースすることが、決定している(6月8日発表)。

広告

一方B’zは、通算22枚目のフル・アルバム『Highway X』を同8月10日にリリースすることを発表(5月12日発表)。これで事実上、AdoとB’zが同じ日にアルバムをリリースすることになった。両者が同日にアルバムをリリースするのは、史上初の出来事。

今最も注目を浴びるアーティストと往年の名アーティストが同日にCDリリースにすることとなり、チャート成績も大いに注目されることだろう。ここでは参考までに、両者の直近のCDセールスを振り返る。

「オリコン週間アルバムランキング」では、Adoの前作アルバム『狂言』は初動売上14.2万枚(2022年2月7日付)、B’zの前作アルバム『FRIENDS Ⅲ』(※但しミニ・アルバム)は初動売上13.2万枚(2021年12月20日付)、前作フル・アルバム『NEW LOVE』は初動売上20.7万枚(2019年6月10日付)(上記すべてオリコン調べ)だった。よって数値的には、拮抗していることがおわかりいただけるだろう。

広告

Adoが『ウタの歌 ONE PIECE FILM RED』で同ランキング1位を獲得すれば、前作から2作連続通算2作目となり、B’zが『Highway X』で同ランキング1位を獲得すれば、通算20枚目のフル・アルバム『DINOSAUR』から4作連続・通算31作目となる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました