GLAY、2回目のカタカナ禁止飲み B’z『UNITE』にも言及

GLAYのギタリスト・HISASHIの公式YouTubeチャンネル『HISASHI TV』で8日、メンバー全員が参加した「カタカナ禁止飲み」企画の動画が昨年に続き公開され、その中でB’z主催のRock Project『B’z presents UNITE #01』に関する話題が出た。

番組中盤、HISASHIがトークテーマに、GLAYが昨年出演した『B’z presents UNITE #01』(横浜公演=2021年9月28・29日、横浜アリーナ開催)を挙げると、TERUが「やっぱこう…ずっとこう…同じ…」と日本語で話すことにトライ。さらにメンバーが「融合」「連帯」と「UNITE」の言い換えを試みると、続けてHISASHIは「どこまでかなって思ったよね。楽団同士のせめぎ合い。でもタイトル(※カタカナ判定)は…(『UNITE』)」とコメントした。

その後HISASHIが「こんだけ付き合いの長い先輩と初めて」と話すとTERUは、「稲葉さんと対談させてもらった時に、すごい素直に全部言うのね。その時一番衝撃だったのが、(B’zの)二人を(カタカナで)何て言えばいいんだろう?(HISASHI「先輩?」)先輩たちは夢を設定するんじゃなくて、とにかく目の前にある事を一個ずつやっていくっていうスタイル…(※カタカナ判定)そういう姿勢はすごく好感が持てました。」とコメント。またHISASHIが「六弦雑誌(GUITAR MAGAZINE)の背表紙に、松本さんが(載ってた)」と語ると、JIROが「しまうま(YAMAHA MG-MⅢ ZEBRA)の頃?」と反応した。

さらにTERUが「いい経験させて貰いましたね。」と語ると、HISASHIは「あの前後のGLAY(※カタカナ判定)の変わり方、俺今でも覚えてるもん、練習場の。」「月先輩(※LUNA SEAのことだと考えられる)とペケ(※カタカナ判定、X JAPANのことだと考えられる)先輩、先輩たちとやるとこう…ぐっと力入るよね。(※GLAYは2021年、ヴィジュアル系音楽リズムゲーム『EXTASY VISUAL SHOCK』で両者と共演を果たした)」とコメント。これにTAKUROが「入る入る。だって俺たちがそれこそバンド…楽団始めた頃に観てた人たちと一緒にやるってことはもう…」と反応すると、HISASHIは「そういうモードに入るんじゃない。」とまとめた。

GLAYは2021年年初にもHISASHI TV内の動画で同企画に挑戦。同動画は現時点(1月9日)で約160万回再生されており、人気コンテンツとなっていた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました