「B'z まとめ」管理人が選ぶおすすめ商品"Real Things"

INABA/SALAS、「Rolling Stone Japan」表紙・巻頭インタビューに登場 稲葉浩志は約2年4ヶ月ぶり

こんにちは。「B’z 超まとめ速報」(@bz_takkoshicom)です。

こんにちは。「B’z 超まとめ速報」(@bztakkoshicom)です。

稲葉浩志とスティーヴィー・サラスによるプロジェクト「INABA/SALAS」が、音楽カルチャー誌「Rolling Stone Japan vol.10」(2020年3月25日発売)の表紙と巻頭インタビューを飾ることになりました。なお稲葉浩志は、B’zとして同誌の表紙を飾って以来、約2年4ヶ月ぶりの登場となります。

この記事を書いた人
B'z 超まとめ速報

はやみんは、B'zのことを15年以上にわたって研究しているB'z専門家。B'zのファンブログサイト・まとめサイト「B'z 超まとめ速報」の著者/筆者・管理人。

「B'z 超まとめ速報」をフォローする

稲葉浩志とスティーヴィー・サラスによるINABA/SALAS、「Rolling Stone Japan」(ローリングストーン ジャパン)表紙・巻頭インタビューに登場

稲葉浩志とスティーヴィー・サラスによるプロジェクト「INABA/SALAS」が、音楽カルチャー誌「Rolling Stone Japan vol.10」(2020年3月25日発売)の表紙と巻頭インタビューを飾ることになりました

「Rolling Stone Japan」(ローリングストーン ジャパン)は、米国発の音楽カルチャー誌『Rolling Stone』の日本版であり、2018年1月よりリニューアルして発刊。その第1号として発売された『Rolling Stone Japan vol.01』(2017年12月25日)の表紙をB’zが飾っており、今回稲葉浩志は、約2年4ヶ月ぶりの登場となります。

また「Rolling Stone Japan vol.10」では、INABA/SALASが撮りおろしの表紙写真とともに、4月15日にリリースされる2ndアルバム『Maximum Huavo』についてのインタビューに登場。
音楽ライターの増田勇一氏が聞き手となり、2人の(音楽的)自由度の高さはどこから来るものなのかということや、INABA/SALASのサウンドを形成するうえで大切な「ある楽器」について、また2人の共通言語である「音楽愛」にまつわるエピソードや、バンドやツアーに臨むスタンスなどについて触れている模様で、INABA/SALASの魅力を深掘りしているということです。

「Rolling Stone Japan vol.10」表紙:INABA/SALAS(稲葉浩志,スティーヴィー・サラス)

発売日

2020年3月25日
※全国の書店、ネット書店、CDショップなどで販売

価格

1100円(税込)

インターネット上では表紙の稲葉浩志さんに「可愛い」の声続出

また今回、INABA/SALASによる「Rolling Stone Japan vol.10」の表紙が公開されると、インターネット上では表紙で柔和な表情を見せるヴォーカル・稲葉浩志さんに対してファンから「可愛い」という声が殺到。「稲葉さんの笑顔ヤバすぎる。可愛すぎる。」「稲葉さんの笑顔が眩しすぎる」「たった今、全日本かわいい選手権の優勝者は稲葉浩志さんになりました。」「令和の稲葉さんどうしたの かっこよすぎなんだけど」などの声が相次ぎ、不意な笑顔を見せる稲葉浩志さんに、絶賛の声が上がっています。

ニューアルバムの発売も迫り、ますます盛り上がりを見せるINABA/SALASのプロジェクト。
彼らが登場する「Rolling Stone Japan」誌の表紙、または巻頭インタビューにも、大きな注目が集まっているところです。

以上、稲葉浩志とスティーヴィー・サラスによるプロジェクト「INABA/SALAS」が、音楽カルチャー誌「Rolling Stone Japan vol.10」(3月25日発売)の表紙と巻頭インタビューを飾ることが決定したニュースについてまとめさせていただきました。ご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました