ソロミュージシャン高橋優さん、B’z稲葉浩志さんと福山雅治さんとの食事会で稲葉さんのモノマネを披露。本人からお墨付きをもらう #高橋優 #稲葉浩志 #福山雅治 #メガネツインズ

▼ライブ後の宿泊予約
コラム

こんにちは。 「B’z 超まとめ速報」(@bztakkoshicom)管理人です。

近年、日本の音楽シーンに新しいアーティストの方々が登場される度に、”「B’z」の曲を聴いて育ってきたこと”を公言される方々が徐々に増えているように感じられます。

現在日本の音楽シーンの第一線で活躍されているソロミュージシャン・シンガーソングライターの高橋優さんもその一人です。

2019年7月17日(水)、高橋優さんが活動されている音楽ユニット「メガネツインズ」(音楽プロデューサー・ベーシストの亀田誠治さんとの2人組)のライブが東京・豊洲PITで行われ、公演中に高橋優さんがB’zの楽曲「ALONE」をモノマネで披露される場面がありました。
またMCでは、意外なエピソードが明かされています。
まとめさせていただきましたので、宜しければ是非ご覧ください。




高橋優さんのプロフィール

ここで改めて、ソロミュージシャン・高橋優さんのプロフィールをまとめさせていただきましたので、ご覧いただければ幸いです。

【高橋優】

1983年12月26日生まれ。秋田県横手市出身。日本のミュージシャン・シンガーソングライター。
2008年に上京し、芸能事務所アミューズに所属。2010年7月21日にワーナーミュージック・ジャパンよりシングル「素晴らしき日常」でメジャーデビュー。2011年にはニューヨークタイムズ紙に日本人アーティストとしてオノ・ヨーコさん以来となる意見広告を掲載。2013年に初の武道館公演を行う。2015年7月22日には初のベストアルバム、高橋優BEST 2009-2015『笑う約束』をリリースし、オリコンチャート3位を獲得するなどし、人気を不動のものにした。主なヒット作に「福笑い」(東京メトロ 「TOKYO HEART」 CMソング)「太陽と花」(TBS系 「アリスの棘」 主題歌)など。2019年には、音楽プロデューサーでベーシストとして活躍する亀田誠治と共に2012年から活動しているユニット「メガネツインズ」で、6~7月に東京・名古屋・大阪でそれぞれ2公演、合計6公演の全国ツアーを開催した。

MCでは稲葉さんと福山さんとの食事会で稲葉さんのモノマネを披露した仰天エピソードが明かされる

2019年7月17日(水)、高橋優さんと亀田誠治さんが活動されているユニット「メガネツインズ」のライブが東京・豊洲PITで行われ、公演中に高橋優さんがB’zの楽曲「ALONE」をモノマネで披露される場面がありました。今回のライブでは毎公演別のアーティストの曲をカラオケで歌うコーナーが設けられており、ツアー最終日の当日はB’zの「ALONE」と中森明菜さんの「飾りじゃないのよ涙は」が披露された模様です。

また同公演中のMCにおいて、さらに仰天エピソードが明かされています。

それはなんと、”高橋さんがB’z稲葉浩志さんと福山雅治さんとの食事会に行かれ、その場で福山さんに促されてギターを手にし、稲葉さんのモノマネを披露した”というものでした。

この衝撃的なエピソードの告白に、インターネット上では「なんて豪華なメンバーでの食事会なんだ」「高橋さんが、ついに稲葉さんご本人と会えるとは」という驚きの声が次々に上がっています。

ちなみに高橋優さんのモノマネを聴いた稲葉さんは、”どんどんやってください”とコメントされたそうで、どうやらご本人から「お墨付き」を頂いた模様です。

この一連の流れに対してもファンからは「モノマネをさせる福山さんが面白い」「稲葉さんのコメントが優しい」という声が上がっており、まさに各方面のファンの皆さんから大きな注目を集めるエピソードとなっています。

なお福山雅治さんは、B’z稲葉浩志さんとは総合格闘技「UFC」が好きであるという共通点があることなどから友人関係にあり、(「対談動画」が稲葉さん側の公式YouTubeチャンネルに公開されています)また高橋優さんとは所属事務所「アミューズ」の先輩にあたる関係となっています。

高橋優さんは「B’zファン」であることで有名

ちなみに、高橋優さんは元々「B’zファン」であることで有名です。
出演された数々のテレビ番組やラジオ番組でB’zについて様々に言及されています。
B’zを好きになったきっかけはテレビ朝日系ドラマ『X-ファイル』の主題歌として使用されていた「LOVE PHANTOM」を耳にされたことだったといいます。その後テレビ出演の演奏を見たのちに、同曲収録のアルバム『LOOSE』を聴き、さらに過去の楽曲も掘り下げて聴かれていったということです。カラオケでよく歌われる曲としては、今回披露された「ALONE」を挙げられています。

人生で初めて参加されたライブは「B’z LIVE-GYM ’99 “Brotherhood”」大館樹海ドーム公演(1999年7月20日)だったということです。

また近年行われた「B’z LIVE-GYM 2017-2018 “LIVE DINOSAUR”」では”生粋のファンとして”の心意気からチケットを自力で取りに行かれ鑑賞されたというエピソードもお話されており、B’zのことがかなりお好きなご様子が伝わってきます。

今回、晴れて稲葉さんとお食事する機会があった高橋優さん。
おそらくご本人にとってはとても素敵な体験だったのではないでしょうか。
また別の機会に、今回のお食事会のご感想を語られる日が来るかもしれませんね。

まとめ

ここまでご覧いただきありがとうございます。

高橋優さんの”食事会でのB’zモノマネ衝撃エピソード”についてまとめさせていただきました。
いかがでしたでしょうか?

高橋さんが「B’zファン」であることを度々お話されていること自体は、ファンの方々にはある程度知られていたことと思いますが、まさか尊敬されている稲葉さんご本人とお会いされていたこと、そして稲葉さんのご友人であり高橋さんの事務所の先輩にあたる福山さんとの”豪華な組み合わせ”でのお食事会が開かれていたことは、実に意外だったという方々がほとんどだったのではないでしょうか。
(※ちなみに実は「メガネツインズ」の相方・亀田誠治さんも、最新アルバム『NEW ALBUM』収録「WOLF」「マジェスティック」でベースを担当されており、B’zと繋がりを持たれています。)

さらにご本人の前でも積極的にモノマネを披露されたエピソードが、なんとも高橋さんの明るく気さくな性格を表しており、また福山さん、稲葉さんとの関係性を感じ取れるようなものであり、とても素敵ですよね。

今後もお三方の間で、このように様々な形での交流が続いていくかもしれません。
次はご本人たちの間で果たしてどのようなエピソードが生まれるのか、非常に楽しみなところですね。

以上、高橋優さんのB’z稲葉さん、福山雅治さんとのお食事会エピソードについてまとめさせていただきました。ご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました