「B'z 超まとめ速報」の更新はTwitterからチェック!

B’zサポメン&アレンジャー YTさん、ローマ教皇来日テーマソングにギターで参加 #YT #YukihideYTTakiyama

▼旅行時のホテル予約はこちら
Yukihide"YT"Takiyama

こんにちは。「B’z 超まとめ速報」(@bztakkoshicom)です。

2019年に全国ツアー「B’z LIVE-GYM 2019 -Whole Lotta NEW LOVE-」などでB’zのサポートギタリストを務め、2017年よりB’zの楽曲でアレンジャーを担当しているYT(Yukihide “YT” Takiyama:滝山幸英)さんが、ローマ教皇来日テーマソングにギターで参加していることが明らかになりました。まとめさせていただきましたので、宜しければ是非ご覧ください。




B’zサポメン&アレンジャー YTさん、ローマ教皇来日テーマ曲にギターで参加

全国ツアー「B’z LIVE-GYM 2019 -Whole Lotta NEW LOVE-」などでサポートギタリストを務め、2017年よりB’zの楽曲でアレンジャーを担当しているYT(Yukihide “YT” Takiyama:滝山幸英)さんが、2019年11月23日(土)に自身のFacebookを更新し、ローマ教皇来日テーマソングに自身がギター演奏で参加していることが明らかになりました。

YTさんは自身のFacebook上で、アイドルグループ「嵐」や「KAT-TUN」のプロデュースや作詞・作曲を務めたことのある井上純(Jun Inoue)さんがローマ教皇来日のオフィシャルテーマソングを自ら作詞・作曲したことを明らかにした投稿を引用する形で、「ギターで参加しました。:)  Amadeus Code Jun Inoue」とコメント。

これによって、2019年11月23日(土)から3泊4日の日程で来日したローマ教皇のオフィシャルテーマソング「PROTECT ALL LIFE 〜時のしるし〜」のギター演奏にYTさんが参加されていることが明らかになりました。

ローマ教皇テーマソング作詞作曲の井上純さんとYTさんは大学時代からの知り合い 氷室京介さんとYTさんを引き合わせたのは井上さん

ローマ教皇オフィシャルテーマソングを作詞作曲した井上純(Jun Inoue)さんとYTさんは、ともに米・バークリー音楽大学に在籍していた時からの知り合いであるといい、さらに氷室京介さんとYTさんを引き合わせたのは、井上さんであったといいます。

YTさんは2009年ごろに氷室京介さんに紹介され、その後氷室さんのレコーディングやツアーに参加。その後2012年には氷室京介と親交の深いクリエイターたちが集まった自由な音楽を創出する場としてのプロジェクト・GOSPELS OF JUDAS(ゴスペルズ・オブ・ジュダ)が始動し、YTさんと井上さんはプロジェクト内でともに活動を展開されています。

IF
ワーナーミュージック・ジャパン
¥3,300(2019/11/27 17:35時点)

YTさんのローマ教皇オフィシャルテーマソング参加の経緯については、現在詳細には語られていませんが、おそらく今回作詞作曲を担当された、「GOSPELS OF JUDAS」の共同作業者である井上さんとの繋がりがその大きな理由であると考えられます。

ローマ教皇オフィシャルテーマソング「PROTECT ALL LIFE 〜時のしるし〜」

ローマ教皇オフィシャルテーマソング「PROTECT ALL LIFE 〜時のしるし〜」は以下の通りです。

オフィシャルテーマソング PROTECT ALL LIFE 〜 時のしるし 〜

この楽曲は教皇来日に関わる各会場でBGMとして使用されたほか、東京と長崎で行われたミサでは教皇に向けて披露されたといいます。また井上さんが現在代表取締役CEOを務めるアマデウスコード社が制作した作曲AI技術「Amadeus Code AI」が用いられて作曲されたということです。

YTさんのファンの方々からは「素晴らしいお仕事をされましたね!」「YTさんらしいギターに鳥肌」「平和への祈りが届きますように」

今回のYTさんのFacebookによるローマ教皇テーマソング参加発表に対してインターネット上では、ファンの方々から「素晴らしいお仕事をされましたね!」「YTらしいギターの美しい音色に全身鳥肌が立ちました」「平和への祈りが世界中に届きますように」などの声が寄せられています。

また楽曲「PROTECT ALL LIFE 〜時のしるし〜」には、ハードなサウンドを伴った長編ギターソロが登場。”YTサウンド”が存分に堪能できる内容となっています。
ちなみに余談ですが、ローマ教皇はロックミュージックを好んでいるといい、音楽にのせて教えを語ったことがあることなどから“ロックスター教皇”の異名を持ち、2015年にはロックアルバム『Wake up!(目覚めよ)』をリリースしたことがあるということです。

まとめ

ここまでご覧いただきありがとうございます。
B’zのサポートギタリストやアレンジャーなどを担当しているYTさんが、ローマ教皇公式テーマソング「PROTECT ALL LIFE 〜時のしるし〜」のギター演奏に参加されたニュースについてまとめさせていただきました。いかがでしたでしょうか?

被爆地・長崎、広島の訪問や安倍首相との面会、さらに東京ドームでの5万人を前にしたミサなどが国内で大きな注目を集めた今回のローマ教皇来日でしたが、まさかあのギタリスト・YTさんがローマ教皇来日テーマソングに参加されていたということは、ファンの方々にとってみれば大変な驚きだったのではないでしょうか?

筆者自身今回のニュースに触れて、YTさんの持つその実力から、重責の伴う仕事に携わっていらっしゃることが改めて実感できるとともに、井上さんがYTさんを氷室京介さんに紹介し、さらに氷室京介さんがYTさんをB’zの松本孝弘さんに紹介したというこれまでの音楽的経緯を振り返ると、感慨深い思いもいたしました。

2019年、YTさんは主にB’zのアルバム『NEW LOVE』でアレンジャーを務めるとともに全国ツアー「B’z LIVE-GYM 2019 -Whole Lotta NEW LOVE-」などで初めてB’zのツアーサポートギタリストを担当。アルバムではB’zの良さを最大限に引き出したアレンジを施し、さらにツアーでは正確で繊細なギターサウンドとハイパワーなコーラスでバンド演奏を支えたことで、B’zファンからも熱烈な支持を得ました。

そんな才能溢れるYTさんが、ギタリストとして、そしてアレンジャーとして、今後は果たしてどのようなお仕事を成し遂げられていくのか、その動向に関しても、引き続き注目していきたいところですね。

以上、B’zのサポートギタリストやアレンジャーなどを担当しているYTさんが、ローマ教皇公式テーマソング「PROTECT ALL LIFE 〜時のしるし〜」のギター演奏に参加されたニュースについてまとめさせていただきました。ご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました