B’zサポメン・YTとシェーンガラース、天才少女ドラマー・よよかとの貴重なスリーショット&セッションでファン歓喜 #YT #YukihideYTTakiyama #ShaneGaalaas #よよか #nammshow2020

サポートメンバー

こんにちは。「B’z 超まとめ速報」(@bztakkoshicom)です。

2020年1月19日(日)、米・アナハイムのコンベンション・センターにて開催された世界最大級の楽器ショー「The 2020 NAMM Show」において、B’zのサポートギタリストやアレンジャーを務めているYTと、2002年から2018年にかけてB’zのサポートドラマーを務めていたシェーン・ガラース、さらに天才少女ドラマーとして知られる「よよか」さんが撮影したスリーショット写真が、SNSに投稿されたことが話題となっています。まとめさせていただきましたので、宜しければ是非ご覧ください。

米・アナハイムの楽器ショー「The 2020 NAMM Show」イベントブースにB’zサポメンYT、シェーン、天才少女ドラマー「よよか」らが出演

2020年1月16日(木)~19日(日)にかけて、アナハイム・コンベンション・センターにて開催された「The 2020 NAMM Show」のイベントブースで行われたセッションに、B’zのサポートギタリストやアレンジャーを務めているYTと、2002年から2018年にかけてB’zのサポートドラマーを務めていたシェーン・ガラース、さらに天才少女ドラマーとして知られる「よよか」さんらが出演しました。

シェーン・ガラースと「よよか」さんはショー2日目に、ともにエンドーサー契約を結んでいるドラムメーカー「Pearl」のステージなどに出演し、ドラム演奏を披露。パフォーマンスには、多くの観客が集いました。

また「よよか」さんとYTは、その後ギタリスト&ベーシストの佐倉仁さんとBOOWYの「Dreamin’」、「よよか」さんの父でシンガーソングライターの「Soul mArk If me」さんを加え、Led Zeppelinの「Communication Breakdown」をセッションされています。

YT、シェーン・ガラース、天才少女ドラマー「よよか」の貴重なスリーショット

またYT、シェーン・ガラース、「よよか」さんの3人は、会場でスリーショットを撮影。その貴重な写真が、SNS上で公開されています。

よよかさん「シェーンは大切な友人」「今度シェーンのスタジオで一緒にセッションの約束をした」

また「よよか」さんも、自身のInstagramやTwitterを更新。
イベントでの様子を撮影した写真を多数投稿しています。またInstagramの投稿文ではシェーンとの関係について「彼とは同じPearlのエンドーサーでもあり、私の大切な友人です⭐️ 再会をお互いに喜びました🔥 今度シェーンのスタジオで一緒にセッションの約束をしました🤗 本当にありがとう😊」とコメント。さらにYTとのセッションについても、「スーパーギタリストYTさんとも❣️ 初めて一緒にセッションできてとても楽しかったです! YTさんはB’zや氷室京介さんをサポートしているということでBOOWYも❣️」「今度は電子ドラムで、音量規制もあったので思い切りできなかったので、次回は本物のドラムセットでセッションする約束をしました🔥 楽しみにしています🤗」と語り、シェーン・ガラース、YT両氏とのセッションを楽しみ、また次回の演奏の約束を交わしたことを明かしました。

天才少女ドラマー・「よよか」さんプロフィール

2009年10月生まれ。

2歳からおもちゃ代わりにドラムを始め、4歳からライブ活動を始める。

5歳で 『かねあいよよか』を結成、幼稚園在籍中の6歳でファーストCDを発売。
作詞作曲、ボーカル、ピアノも担当。ライブやイベントなどこれまでに150本以上のステージを経験。
国内外のテレビやラジオ、新聞や雑誌など各メディアに100回以上出演&特集が組まれる。

2017年8月、『第2回 スーパーキッズパフォーマンスコンテスト』小学校低学年の部で優勝。

2018年6月、世界的な女性ドラマーのコンテスト『Hit Like A Girl 2018』の18歳以下の部にて、最年少の8歳でウイークリーチャンピオンとなる快挙を達成。

Led Zeppelinの『Good Times Bad Times』をカヴァー演奏した応募動画は、アメリカのローリングストーン誌やビルボードで特集され、世界中に拡散。

Red Hot Chili Peppersのドラマー チャド・スミスや、KISSのドラマー エリック・シンガー、シェリル・クロウ、ショーン・レノンらから称賛される。

国内でも、矢野顕子、佐藤竹善、ハマ・オカモト、亀田誠治、ピエール中野らも驚きとともにSNSでよよかを紹介。

さらに、Led Zeppelinのヴォーカリスト ロバート・プラントもよよかの演奏動画を称賛。

2018年8月11日、国内最大級の野外ロックフェスティバル『RISING SUN ROCK FESTIVAL 2018 in EZO』に史上最年少出演。オリジナル曲のほか、Char、奥田民生、KenKen、聡一郎(CROSS ROAD)をゲストに迎え、Led Zeppelinの『Good Times Bad Times』を演奏。

2018年9月11日、スポーツ関連商品の世界的メーカー「NIKE」のワールドキャンペーンフィルムに起用される。

2018年9月11日、さいたまスーパーアリーナで開催された『第27回東京ガールズコレクション2018 AUTUMN/WINTER8』でドラム演奏を披露。3万人の観客を沸かせた。

2018年10月21日、東京ビックサイトで開催された国内最大の楽器総合イベント『2018楽器フェア』の『ベースの日×ドラムの日 楽器フェア50周年スペシャル』に出演。ベーシストの亀田誠治やドラマーのピエール中野、KOUHEI(4 Limited Szabys)と共演。

2019年2月1日、アメリカの大人気トーク番組『エレンの部屋(The Ellen DeGeneres Show)』に出演。スタジオでドラム演奏を披露し、司会のエレン・デジェネレスと愉快なトークを繰り広げる。

2019年4月23日発売『News Week 日本版』の10年ぶりの人気企画『世界が尊敬する日本人100』に選ばれる。

2019年5月14日、『エレンの部屋(The Ellen DeGeneres Show)』に、日本人初の2度目の出演。

2019年6月1日〜2日、日比谷公園で初開催された『日比谷音楽祭』の日比谷野外音楽堂でのスペシャルステージに二日間とも出演。亀田誠治、河村”カースケ”智康、佐橋佳幸、KREVA、Rei、JUJUらと共演。

2019年7月13日、TBS『音楽の日』に生出演。スタジオでサンプラザ中野くんとパッパラー河合さんらと『Runner』を演奏。

2019年8月1日、世界的ファッションメーカー「MONCLER」のワールドキャンペーン「GENIUS IS BORN CRAZY」のイメージモデルに抜擢。ニューヨークで撮影した写真と動画が同社のホームページやSNSに掲載される。同キャンペーンのイメージモデルはよよかと俳優のウィル・スミス。

2019年8月13日、アメリカのニュースチャンネルCNNのドキュメンタリー番組『Great Big Story』に取り上げられる。

2019年8月16日、千葉県幕張メッセで開催された『Summer Sonic 2019 Tokyo』の『Fall Out Boy』のステージにサプライズ出演。彼らの代表曲「Suger,We’re going down」を演奏し、共演を果たす。

2019年9月22日、フジテレビ『MUSIC FAIR』にゲスト出演。DREAMS COME TRUEの「何度でも」を三浦大知、倖田來未、武部聡志率いるバックバンドと共演を果たす。

2019年10月7日、衣料メーカー「UNIQLO」のフリース25周年を記念したCMに出演。ダンスパフォーマーの蛯名健一と共演し、息の合ったパフォーマンスを見せる。

2019年10月25日、Bunkamuraオーチャードホールで開催されたシンディ・ローパーのデビュー35周年アニバーサリーツアーの最終日東京追加公演にて、彼女の大ヒット曲『Girls Just Want to Have Fun』、『She Bop』の2曲をよよかが演奏。『She Bop』ではドラムソロも披露する。

好きなドラマーは、ジョン・ボーナム、ネイト・スミス、クリス・コールマン、山木秀夫など。

好きな食べ物は、バナナとカブの漬物など。

バンド「かねあいよよか」ホームページプロフィール欄より引用

「よよか」さんユニクロ出演CM

フリース25周年 Performance 30sec. UNIQLO 2019 Fall/Winter

「よよか」さんがB’zの曲をドラム演奏している動画

なお「よよか」さんは様々なアーティストの楽曲をドラムで演奏している動画をインターネット上にアップしています。

「よよか」さんのB’z「ギリギリchop (Version 51) 」ドラム演奏動画(当時8歳)

B’z "ギリギリchop"を叩いてみた 8year old drummer "Yoyoka" Cover / Detective Conan /名偵探柯南

「よよか」さんのB’z「ultra soul」ドラム演奏動画(当時5歳)

B'z ultra soul 5歳 ドラム

シェーン・ガラースもInstagramに自身のパフォーマンス写真を公開

またシェーン・ガラースも、同イベントのPearlブースでドラムを演奏している写真を、自身のInstagramに投稿しています。

まとめ

ここまでご覧いただきありがとうございます。
2020年1月16日(木)~19日(日)にかけてアナハイム・コンベンション・センターにて開催された「The 2020 NAMM Show」に、B’zのサポートギタリストやアレンジャーを務めているYTと、2002年から2018年にかけてB’zのサポートドラマーを務めていたシェーン・ガラース、さらに天才少女ドラマーとして知られる「よよか」さんらが出演し、ともにセッションを行ったほか、スリーショットを撮影したことがファンの方々の間で話題となっているニュースについてまとめさせていただきました。いかがでしたでしょうか?

YTとシェーン・ガラースは、B’zのライブで共演することはありませんでしたが、アルバム『DINOSAUR』や『NEW LOVE』のレコーディングなどで、作業をともに行っており、交流があるものと思われます。しかしながら公に公開されている写真で同時に写ることは珍しいことと思われ、今回のショットが公開されたことに驚きや感動を覚えたファンの方々もいらっしゃったことと思います。

また新進気鋭の天才少女ドラマー「よよか」さんとのスリーショット撮影や、YTさんとのセッションが行われたことにも驚かれた方々が多くいらっしゃったのではないでしょうか。
ちなみに天才少女ドラマー「よよか」さんは現在10歳。シェーン・ガラースとかねてから交流があり、セッションの約束をしたことが明かされましたが、今後の両者の友情や関係性、活躍ぶりにもますます注目が集まるところです。

以上、米・アナハイムの「The 2020 NAMM Show」に、B’zのサポートギタリストやアレンジャーを務めているYTと、2002年から2018年にかけてB’zのサポートドラマーを務めていたシェーン・ガラース、天才少女ドラマー「よよか」さんらが出演したニュースについてまとめさせていただきました。ご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました