スポンサーリンク

B’z元サポメン・バリースパークスさん、51歳のお誕生日を迎えられる 現在は何をしている? #barrysparks #バリースパークス

スポンサーリンク
▼旅行時のホテル予約はこちら
バリー・スパークス
スポンサーリンク

こんにちは。 「B’z 超まとめ速報」(@bztakkoshicom)管理人です。

B’zのサポートメンバーとして2003年、2008年~2018年まで活動したベーシストのバリースパークスさんが、2019年6月20日(木)で51歳のお誕生日を迎えられました。
今回はバリーさんの近況もあわせてまとめさせていただきましたので、宜しければ是非ご覧ください。

スポンサーリンク




B’z元サポメン・バリースパークスさん、2019年6月20日で51歳のお誕生日を迎えられる

B’zのサポートメンバーとして2003年、2008年~2018年まで活動したベーシストのバリースパークスさんが、2019年6月20日(木)で51歳のお誕生日を迎えられました。
おめでとうございます。

そこで今回は、改めてバリースパークスさんのプロフィールをまとめさせていただきました。

スポンサーリンク

バリー・スパークス(Barry Sparks)

1968年6月20日生まれ。アメリカ合衆国オハイオ州出身。ベーシスト。90年代にはイングヴェイ・マルムスティーン、マイケル・シェンカー・グループでのレコーディング・ツアーに参加するなどしてキャリアを重ねる。また2001年にはアメリカのLAメタルバンド「Dokken」メンバーとなり、2009年に脱退。2003年にB’zのツアーに帯同した。(02年よりB’zのドラムを務めていたシェーン・ガラースと、イングヴェイ・マルムスティーン、マイケル・シェンカー・グループでともにリズム隊を務めていたことがひとつの縁となっている模様だ)
2003年、そして2008年から2018年まで、延べ10年以上にわたってB’zのサポートベーシストとして活躍してきた。
2011年の東日本大震災が発生した際には、率先してテレビ出演の際に来日したこともある。
重厚なサウンドでありながら幅広いジャンルに対応する彼のプレイスタイルは、B’zのハードロックを基調としつつも幅広い音楽性にマッチしており、B’z、そしてファンから見ても全幅の信頼がおかれていたと言えよう。

B’zの元サポメンバリーさん、現在は何をしている?

スポンサーリンク

さて、2018年までB’zのサポートメンバーとして活動していたバリーさんですが、現在は何をされているのでしょうか?

バリーさんは、目立った音楽活動としては、約3ヶ月前に”HOTWIRE”という楽曲をイギリス人のミュージシャン・トニー・フランクリンさんとコラボし発表されています。

プライベートに関しては、余暇などを楽しまれていることが多いように感じられます。
おそらく現在はアメリカに滞在されているものと思われます。

また、バリーさんはご自身のYouTubeチャンネルを保有しており、近況を投稿され続けています。
またこちらのチャンネルは、バリーさんの音楽活動の様子だけでなく、家族とのひとときなどプライベートな一面も覗くことができるチャンネルになっています。
もし近況が気になる方は、是非こちらのチャンネルをご覧になってはいかがでしょうか?

>>バリーさんのYouTubeチャンネルはこちら

以上、バリーさん51歳のお誕生日と近況についてまとめさせていただきました。ご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました