「B’z LIVE-GYM 2019」会場予想!「#Bz2019」スケジュールで2019年のB’zはどうなる?

B'z LIVE-GYM 2019




こんにちは。2019年が明けて4日目に突入しました。

先日よりお伝えしております通り、現在TwitterやInstagramを中心にSNSで「#Bz2019」というハッシュタグが大拡散されています。

ファンの中で情報や予想が錯綜しており、一刻も早く「#Bz2019」の告知が何を指しているのか知りたい!というファンの方が大勢いらっしゃいます。

2019年1月5日0時時点で全国15都市36公演となっています。Twitterで話題となっている「#Bz2019」が「B’z LIVE-GYM 2019」だったとしたらどのような日程・スケジュールになっているでしょうか?

早速予想してみました。是非ご覧ください。

>>>「LIVE DINOSAUR」の予約一覧はこちら

>>>「ザ・クロニクル」の予約一覧はこちら

>>>「B’zウルトラクロニクル 1988‐2003」の予約一覧はこちら

>>>「B’zミラクルクロニクル 1988-2008」の予約一覧はこちら

>>>「B’zグローリークロニクル 1988-2013」の予約一覧はこちら

「#Bz2019」で告知されている日程(「B’z LIVE-GYM 2019」の可能性濃厚)

2019年6月8日(土) 鹿児島
2019年6月9日(日) 鹿児島
2019年6月14日(金) 三重
2019年6月15日(土) 三重
2019年6月19日(水) 神戸
2019年6月20日(木) 神戸
2019年6月22日(土) 神戸
2019年6月23日(日) 神戸
2019年6月28日(金)福井
2019年6月29日(土)福井
2019年7月3日(水) 大阪
2019年7月5日(金) 大阪
2019年7月6日(土) 大阪
2019年7月9日(火)横浜
2019年7月10日(水)横浜
2019年7月16日(火)名古屋
2019年7月18日(木)名古屋
2019年7月19日(金)名古屋
2019年7月26日(金) 愛媛
2019年7月27日(土) 愛媛
2019年7月30日(火)埼玉
2018年7月31日(水)埼玉
2019年8月3日(土)福岡
2019年8月4日(日)福岡
2019年8月8日(木)宮城
2019年8月10日(土)宮城
2019年8月11日(日)宮城
2019年8月24日(土)群馬
2019年8月25日(日)群馬
2019年8月30日(金)札幌
2019年8月31日(土)札幌
2019年9月3日(水)千葉
2019年9月4日(木)千葉
2019年9月7日(土)広島
2019年9月8日(日)広島
2019年9月10日(火)福岡

1月4日0時時点で、全国15都市36日程(公演?)が告知されています。




    1. 「#Bz2019」で告知されている日程(「B’z LIVE-GYM 2019」の可能性濃厚)
  1. 「B’z LIVE-GYM 2019」の日程を徹底予想!
    1. 「B’z LIVE-GYM 2019」予想のカギ
    2. 今回のツアーはライブハウス中心?ホール中心?アリーナ?ドーム?
    3. 鹿児島 【2019年6月8日(土)、2019年6月9日(日)】
      1. 第1予想:鹿児島アリーナ
      2. 第2予想:鹿児島市民文化ホール(第一)
    4. 三重【2019年6月14日(金) 、2019年6月15日(土)】
      1. 第1予想:三重県営サンアリーナ
      2. 第2予想:三重県文化会館 大ホール
    5. 神戸【2019年6月19日(水)、2019年6月20日(木)、2019年6月22日(土)、2019年6月23日(日)】
      1. 第1予想:神戸ワールド記念ホール(4DAYS)
      2. 第2予想:神戸国際会館・こくさいホール(2DAYS)&神戸ワールド記念ホール(2DAYS)
    6. 福井【2019年6月28日(金)、2019年6月29日(土)】
      1. 第1予想:サンドーム福井
    7. 大阪【2019年7月3日(水)、2019年7月5日(金)、2019年7月6日(土)】
      1. 第1予想:大阪城ホール
    8. 横浜【2019年7月9日(火)、2019年7月10日(水)】
      1. 第1予想:横浜アリーナ
      2. 第2予想:パシフィコ横浜・国立大ホール
    9. 愛媛【2019年7月26日(金)、2019年7月27日(土)】
      1. 第1予想:愛媛県武道館
      2. 第2予想:ひめぎんホール
    10. 埼玉【2019年7月30日(火)、2019年7月31日(水)】
      1. 第1予想:さいたまスーパーアリーナ
      2. 第2予想:大宮ソニックシティ
    11. 名古屋【2019年7月16日(火)、2019年7月18日(木)、2019年7月19日(金)】
      1. 第1予想:名古屋国際会議場・センチュリーホール
    12. 福岡【2019年8月3日(土)、2019年8月4日(日)、2019年9月10日(火) 】
      1. 第1予想:マリンメッセ福岡(3日間とも)
      2. 第2予想:福岡ヤフオク!ドーム2DAYS&マリンメッセ福岡FINAL
    13. 宮城【2019年8月8日(木)、2019年8月10日(土)、2019年8月11日(日)】
      1. 第1予想:セキスイハイムスーパーアリーナ
    14. 群馬【2019年8月24日(土)、2019年8月25日(日)】
      1. 第1予想:高崎アリーナ
      2. 第2予想:ヤマダグリーンドーム前橋
    15. 札幌【2019年8月30日(金)、2019年8月31日(土)】
      1. 第1予想:北海道立総合体育センター 北海きたえーる
      2. 第2予想:真駒内セキスイハイムアイスアリーナ
    16. 千葉【2019年9月3日(水)、2019年9月4日(木)】
      1. 第1予想:幕張メッセ
    17. 広島【2019年9月7日(土)、2019年9月8日(日)】
      1. 第1予想:広島グリーンアリーナ
    18. 総評
    19. 「B’z LIVE-GYM 2019」日程予想まとめ

「B’z LIVE-GYM 2019」の日程を徹底予想!

「B’z LIVE-GYM 2019」予想のカギ

各都市別に予想させていただく前に、「B’z LIVE-GYM 2019」予想のカギについてお話させていただきます。

主にライブツアーを行う際には、会場の大きさは次のように分類されます。

ライブハウスクラス

Zeppなど。その他Loud-Gymが行われた会場もこの「ライブハウス」に該当する。

ホールクラス

基本的に「~文化会館」という名称の施設が多い。各都市にほとんど存在しており、小さい町でも建設されていることが多い。キャパは概ね1000人前後である。

アリーナクラス

さいたまスーパーアリーナ、日本武道館、日本ガイシホールなど。地方都市から大都市まで会場によってキャパはそれぞれで、数千人から3万人以上まである。平均すると1万人前後のことが多い.

ドーム・スタジアムクラス

東京ドーム、京セラドーム大阪、日産スタジアムなど。その名前の通り、通常時には野球場やサッカースタジアムとして使われている施設である。キャパは3万人~7万5千人ほど。

ツアーを行う際は、会場の規模にある程度規則性があることが多いので、今回のツアー会場予想でもどのクラスの会場を抑えているかを類推することで会場の特定に近づけそうです。今回の会場予想のカギとします。

#Bz2019Twitterで話題に!「B’z LIVE-GYM 2019」開催決定か!詳細情報

#Bz2019」はLIVE-GYMなのか?内容を徹底予想!

今回のツアーはライブハウス中心?ホール中心?アリーナ?ドーム?

それでは早速予想してみましょう。今回は年明け早々大々的に告知されています。このことから、動員数が少ないライブハウスの線を消したいと思います。

次にホールの線です。「鹿児島」が幕開けとなり、さらに鹿児島にアリーナクラスの会場が少ないことから、スタートが「ホールクラス」からという線も考えられそうです。しかし一方で前述の通り、告知の大きさに伴いホールクラスの数は少ないと判断。各地方都市の名前が多く挙げられているので「アリーナクラス」中心のツアーになるというのを本命の筋として推測させていただきます。その次に想定されるのが「ドーム・スタジアムクラス」ですが、野球の日程と照らし合わせてみるとかぶっている日程が見られます。東京日程が一切出ていないことも向かい風となってしまい、ドーム公演を想定するのは今のところ難しそうです。

鹿児島 【2019年6月8日(土)、2019年6月9日(日)】

ツアーの幕開けとなる「鹿児島」。近年は南方からライブが幕開けすることもしばしばあります。また鹿児島には、B’zお気に入りの合宿地もありますので、少し早めに現地入りしてから調整される可能性も非常に高いのではないでしょうか?

そしてSHOWCASEが開催されることも恒例となりつつありますが、
その開催地は開幕する地域の近隣から選ばれることがほとんどです。

完全なる推測ですが、九州の宮崎、大分、熊本、福岡、佐賀あたりは開催地として選ばれる可能性が非常に高いと思われます。

第1予想:鹿児島アリーナ

アリーナクラス中心のツアーになると仮定した場合白羽の矢が立つのがこの会場です。

第2予想:鹿児島市民文化ホール(第一)

キャパシティが1990人という会場。しかし鹿児島県内で可能性が非常に高い会場です。大物アーティストも随時公演を行っている会場です。
アリーナクラス中心のツアーという筋から逸れてしまうのですが、対抗馬の「鹿児島アリーナ」は「CIRCLE OF ROCKツアー」以来14年ぶりとなってしまうという点や、B’zのライブの傾向として小さい会場からスタートする点を考慮すると、「鹿児島アリーナ」とほぼ同確率でこの会場も推してしまいたくなります。

三重【2019年6月14日(金) 、2019年6月15日(土)】

実は三重県でのLIVE-GYM開催自体が非常に珍しいです。

第1予想:三重県営サンアリーナ

実現したら2008年の「ACTIONツアー」以来の開催となる当会場。

津駅での告知から考えると多少場所が離れているかと懸念しましたが、伊勢神宮へ向かうバスの車内でも告知が流れていたという情報がありましたので、伊勢から近い当会場は十分該当すると考えました。

またキャパシティの問題を考えた場合も、三重県最大であり、ふさわしい会場であると思われます。

第2予想:三重県文化会館 大ホール

実はB’z、三重県でのLIVE-GYMは通算3回のみとなっています。

そのうちの2回が「三重県営サンアリーナ」であり、残りの1回は「四日市文化会館」です。そのためこの予想は初開催ということになります。理由は鹿児島でホールクラスをして、その流れで三重でもホールをやるというパターンを想定したためです。四日市は少々告知場所から離れており、津市にある当会場の方がふさわしいと考えました。

神戸【2019年6月19日(水)、2019年6月20日(木)、2019年6月22日(土)、2019年6月23日(日)】

今回同一開催地では最も多い4日程が組み込まれているため、大注目の「神戸」です。兵庫ではなく「神戸」という表記で告知されています。

大阪まで約25分というアクセスの良さから、実はなかなか開催されることは多くない「神戸」。(※近年「豊岡」や「明石」での開催はありました)

しかも今回は、なんと大阪でも3日間の日程が組まれています。

昨年、関西地方は台風や地震に見舞われました。またB’zのライブビューイング開催当日には台風が接近し、リアルタイムで鑑賞できなかった方も大勢いらっしゃいました。もしライブ開催だとしたら、関西地域への想いが込められているのかもしれませんね。

そしてどのような日程となるか、非常に楽しみですね。

第1予想:神戸ワールド記念ホール(4DAYS)

「神戸」で最も収容数のあるアリーナ会場が当会場です。

告知されていた三宮駅からはポートライナーですぐアクセスすることができます。LIVE-GYM開催実績もあり、アリーナ公演だとすると真っ先に想定される会場です。

ちなみに神戸ユニバー記念競技場で「GLORY DAYSツアー」の公演を行った際に苦情が殺到したという話があるので、今回は開催されないと見ています。

第2予想:神戸国際会館・こくさいホール(2DAYS)&神戸ワールド記念ホール(2DAYS)

三重までにもしホールツアーの流れがあった場合、前後2日間でホールとアリーナを分けるパターンです。あまり考えられませんが、同一会場で4公演連続で行うことは近年非常に珍しいので可能性の一つとして考えておきたいと思います。また前述の「神戸ユニバー記念競技場」の件ですが、以後サザンオールスターズなどが一部公演を行っている実績があるため、神戸ワールド記念ホール&神戸ユニバー記念競技場のアリーナ&スタジアムという筋も可能性が0とは言い切れません。しかし私としてはこの第2予想までの予想とさせていただこうと思います。

福井【2019年6月28日(金)、2019年6月29日(土)】

実はLIVE-GYM開催地としてはよく選ばれる傾向のある「福井」。
近年では北陸地方の中でもとりわけ選ばれることが多い地域となっています。

第1予想:サンドーム福井

福井県最大のキャパを誇るアリーナ会場です。都市規模の割には、近年のLIVE-GYMではほぼ必ず選ばれているような印象がある会場です。運営側の手ごたえがあるのでしょうか。

大阪【2019年7月3日(水)、2019年7月5日(金)、2019年7月6日(土)】

言わずと知れた関西地方最大の都市、「大阪」。地理的条件としても東京と対をなしており、アーティストの公演を組み立てる際には東京の次にケアされることも多い都市です。また関西地方以外にも、中四国や東海、北陸地方からもアクセスすることが でき、動員しやすい都市となっています。

第1予想:大阪城ホール

今回「大阪城ホール」の可能性が最も高いと考えています。

理由は対抗馬の「京セラドーム大阪」の日程が一部野球と重なっていることが挙げられます。前後がアリーナ会場でしたらなおさら大阪城ホールになるでしょう。

横浜【2019年7月9日(火)、2019年7月10日(水)】

都心からのアクセスもさることながら、日産スタジアムの存在も含めるとなお、巨大な動員力を誇る都市「横浜」。
稲葉さんが大学時代を過ごした地でもあり、B’zファンにとっては馴染み深い都市です。

第1予想:横浜アリーナ

やはりアリーナクラスと言えば「横浜アリーナ」が第一に挙げられます。

第2予想:パシフィコ横浜・国立大ホール

次にホールクラスを想定した場合、パシフィコ横浜が挙げられます。

愛媛【2019年7月26日(金)、2019年7月27日(土)】

第1予想:愛媛県武道館

愛媛で考えられる最大のアリーナ会場です。昨年のPleasureツアー開催実績もあり最も可能性のある会場と言えるでしょう。

第2予想:ひめぎんホール

ホールクラス最大の会場です。実はLIVE-GYM開催実績もばっちりのため、前後がホールクラスだった場合濃厚となる会場です。

埼玉【2019年7月30日(火)、2019年7月31日(水)】

首都圏の一部で、全国5位の人口を誇る「埼玉」県。都心からのアクセスが良好な「さいたまスーパーアリーナ」は、各種イベントやコンサートが頻繁に開催されている人気の会場です。

第1予想:さいたまスーパーアリーナ

アクセスの良さと収容人数の多さで大変重宝されているアリーナクラスの会場です。

スタジアムモードではなんと37,000人も動員できるということで、B’z LIVE-GYM 2017-2018 “LIVE DINOSAUR”ではスタジアムモードで公演が行われました。

今回も本命候補です。

第2予想:大宮ソニックシティ

前後がホールだった場合に想定される会場です。

名古屋【2019年7月16日(火)、2019年7月18日(木)、2019年7月19日(金)】

東海地方最大の都市、「名古屋」。今回は「愛知」ではなく「名古屋」である点にも注目です。「豊田スタジアム」を名古屋に入れるかどうか、というように名古屋をどの範囲までで解釈するかという論議もありますが、とにかく「ナゴヤドーム」をはじめとして施設自体は多く存在しています。しかし、現在日本ガイシホールが2020年まで改修中であり、これが大きな問題となっています。さらにナゴヤドームは当該日程中7/16に野球の試合が入っています。また愛知県体育館では2018年7月には相撲の興行が行われていました。これらの事情を鑑みて予想しなければなりません。

第1予想:名古屋国際会議場・センチュリーホール

今回名古屋の予想が非常に難しかったです。

福岡【2019年8月3日(土)、2019年8月4日(日)、2019年9月10日(火) 】

九州の玄関口にして最大の都市「福岡」。九州地域で大きな動員を稼ぎたい場合、まず白羽の矢が立つのがこの「福岡」でしょう。

そのためLIVE-GYM開催時にはほぼ必ず公演が行われている地でもあります。

SURVIVEやC’monのレコーディング時にも滞在した福岡は、B’zにとってもゆかりのある地であると言えるでしょう。

第1予想:マリンメッセ福岡(3日間とも)

第2予想:福岡ヤフオク!ドーム2DAYS&マリンメッセ福岡FINAL

8/3,4は野球の日程が空いていますが、9/10は前日に野球の日程が入っているということで、強いて言うなれば考えられるパターンがこのパターンです。

しかし福岡ヤフオク!ドーム単体1本のみでドーム公演が開催されることは考えられませんので、福岡ヤフオク!ドーム開催が行われるということは、一部日程に被りのあるナゴヤドーム、京セラドーム大阪の公演も行われることを意味してしまいます。その線から、現実的には福岡ヤフオク!ドームの公演は行われないのではないか?という予想とさせていただきます。
※ちなみに会場設営は、稀にナイター終了後に徹夜で行われて当日に間に合わせる場合があるということです。9/10ドームの可能性が0%とも言い切れないのでご了承ください。2018年の福岡ヤフオク!ドーム公演のことを考えると、最後に福岡ヤフオク!ドームで締めるという線、または最後に東京公演の告知があり、ドームツアー公演の線が出る線も完全には捨てられません。

宮城【2019年8月8日(木)、2019年8月10日(土)、2019年8月11日(日)】

東北地方最大の都市、仙台を持つ「宮城」。一方「名古屋」や「神戸」という名称で告知されている他都市と異なり今回は仙台ではなく「宮城」での告知が気になりますね。

第1予想:セキスイハイムスーパーアリーナ

LIVE-GYM開催実績の非常に多い会場です。

アクセスに難がありますが、県内最大の動員数を誇るアリーナであり、凌ぐのがスタジアムである「ひとめぼれスタジアム宮城」のみなので、最も推測される会場であると言えるでしょう。

群馬【2019年8月24日(土)、2019年8月25日(日)】

2005年、「CIRCLE OF ROCKツアー」から約14年ぶりの開催となった群馬。
前回は「群馬県民会館」で行われましたが今回は前後の流れから、アリーナクラスの公演を想定してみます。

第1予想:高崎アリーナ

LIVE-GYM開催実績はありませんが、高崎市内にあるアリーナ会場。
高崎駅での告知だったことを考えると、最も可能性が高いと思われます。

第2予想:ヤマダグリーンドーム前橋

かつてLIVE-GYM開催実績のある会場。最大収容人数は20,000人とも言われています。しかし前橋に存在しており、高崎駅からは若干距離があります。前橋駅からもバスを使う必要があります。

札幌【2019年8月30日(金)、2019年8月31日(土)】

北海道最大の都市にして、やはりこちらも北海道地域で動員を集めたい場合に必ず指名されるのがここ「札幌」でしょう。

B’zとしては「love me,I love you」や「juice」のプロモーションビデオ撮影を行うなど、非常にゆかりのある都市となっています。

第1予想:北海道立総合体育センター 北海きたえーる

LIVE-GYM開催実績の多い会場です。

対抗馬となり得るのがやはり「札幌ドーム」なのですが、前後の並びやアリーナクラスを類推すべき他ドーム日程などを鑑みて、アリーナの当会場を第1予想とさせていただきました。

第2予想:真駒内セキスイハイムアイスアリーナ

かつて「CIRCLE OF ROCK」の時に訪れた当会場。
アクセスの面からもきたえーるに軍配が上がりそうですが、同じく札幌のアリーナということで第2予想とさせていただきます。

千葉【2019年9月3日(水)、2019年9月4日(木)】

都市規模の大きさの割に、実は近年「LIVE-GYM」という扱いではさほど開催されていない「千葉」。都心までのアクセスの良さも理由の一つかもしれません。

第1予想:幕張メッセ

イベント会場として非常に有名な「幕張メッセ」。今回の告知が海浜幕張駅のビジョンで行われていたことからも、非常に確率の高い会場です。

そして今回は両日ともZOZOマリンでの野球開催があるため、対抗馬の「ZOZOマリン」の線が消えてしまいました。よって幕張メッセ開催はほぼ確実と思われます。

広島【2019年9月7日(土)、2019年9月8日(日)】

中国地方最大の都市「広島」。近年頻繁にライブが開催されている地域といって過言ではないでしょう。

また広島は昨年、西日本豪雨の被害を大きく被りました。

B’z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI-開催時も台風が接近し、2日目の開催時刻を遅らせて対応するなど大変な1年間となりました。災害などで参加できなかった方もいらっしゃいます。

今回、2019年にライブ開催があるとしたら、素敵なライブになると良いですね。

第1予想:広島グリーンアリーナ

近年の広島県でのLIVE-GYM公演はすべて「広島グリーンアリーナ」で行われています。※2017年SHOWCASEで福山リーデンローズ公演あり

広島市内で立地・アクセスが良好であり、かつ音響設備が良好であることから会場としての評価も非常に高い建物です。

よって「広島グリーンアリーナ」での開催が濃厚ではないでしょうか?

総評

今回はドーム・スタジアムのすでに決まっている日程から推測すると、大々的にドーム・スタジアムクラスのツアーを敢行するとは考えにくいという結論が出ました。そのため今回のツアーを「アリーナクラス中心のツアー」と位置づけ、予想とさせていただきました。

いわば2008年の「ACTIONツアー」のようなイメージとなっています。

2019年のB’zは動員数も大きく稼ぎそうですね。

「B’z LIVE-GYM 2019」日程予想まとめ

2019年6月8日(土) 鹿児島 鹿児島アリーナ 約5,700人
2019年6月9日(日) 鹿児島 鹿児島アリーナ 約5,700人
2019年6月14日(金) 三重 三重県営サンアリーナ 約11,000人
2019年6月15日(土) 三重 三重県営サンアリーナ 約11,000人
2019年6月19日(水) 神戸 神戸ワールド記念ホール 約8,000人
2019年6月20日(木) 神戸 神戸ワールド記念ホール 約8,000人
2019年6月22日(土) 神戸 神戸ワールド記念ホール 約8,000人
2019年6月23日(日) 神戸 神戸ワールド記念ホール 約8,000人
2019年6月28日(金)福井 サンドーム福井 約10,000人
2019年6月29日(土)福井 サンドーム福井 約10,000人
2019年7月3日(水) 大阪 大阪城ホール 約16,000人
2019年7月5日(金) 大阪 大阪城ホール 約16,000人
2019年7月6日(土) 大阪 大阪城ホール 約16,000人
2019年7月9日(火)横浜 横浜アリーナ 約17,000人
2019年7月10日(水)横浜 横浜アリーナ 約17,000人
2019年7月16日(火)名古屋 名古屋国際会議場・センチュリーホール 約3,000人
2019年7月18日(木)名古屋 名古屋国際会議場・センチュリーホール 約3,000人
2019年7月19日(金)名古屋 名古屋国際会議場・センチュリーホール 約3,000人
2019年7月26日(金) 愛媛 愛媛県武道館 約6,500人
2019年7月27日(土) 愛媛 愛媛県武道館 約6,500人
2019年7月30日(火)埼玉 さいたまスーパーアリーナ 約37,000人
2018年7月31日(水)埼玉 さいたまスーパーアリーナ 約37,000人
2019年8月3日(土)福岡 マリンメッセ福岡 約15,000人
2019年8月4日(日)福岡 マリンメッセ福岡 約15,000人
2019年8月8日(木)宮城 セキスイハイムスーパーアリーナ 約7,000人
2019年8月10日(土)宮城 セキスイハイムスーパーアリーナ 約7,000人
2019年8月11日(日)宮城  セキスイハイムスーパーアリーナ 約7,000人
2019年8月24日(土)群馬 高崎アリーナ 約6,000人
2019年8月25日(日)群馬 高崎アリーナ 約6,000人
2019年8月30日(金)札幌 北海道立総合体育センター 北海きたえーる 約8,000人
2019年8月31日(土)札幌 北海道立総合体育センター 北海きたえーる 約8,000人
2019年9月3日(水)千葉 幕張メッセ 約15,000人
2019年9月4日(木)千葉 幕張メッセ 約15,000人
2019年9月7日(土)広島 広島グリーンアリーナ 約10,000人
2019年9月8日(日)広島 広島グリーンアリーナ 約10,000人
2019年9月10日(火)福岡 マリンメッセ福岡 約15,000人

単純に足し算すると、動員数は378,400人となります。

2019年1月5日0時時点で全国15都市36公演となっています。

DINOSAURツアーに匹敵する程度の規模感でしょうか。

非常に楽しみですね。

以上、ご覧いただき誠にありがとうございました。

コメント

  1. […] 「B'z LIVE-GYM 2019」会場予想!「#Bz2019」スケジュールで2019年のB'zはどうなる… こんにちは。2019年が明けて4日目に突入しました。 先日よりお伝えしております通り、現在TwitterやInstagramを中心に…bztakkoshi.com2019-01-03 01:18 「#Bz2019」はLIVE-GYMなのか?内容を徹底予想! こんにちは。新年が明けて2日目となりました。元旦からファンの方々の間で「#Bz2019」で話題がもちきりとなっていますが、各都市での告知さ…bztakkoshi.com2019-01-02 16:27 #Bz2019がTwitterで話題に!「B'z LIVE-GYM 2019」開催決定か!詳細情報 新年あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願い申し上げます。 2019年のB'zに関する情報が、全国各地でそれぞれ部分的に公…bztakkoshi.com2019-01-01 15:35 […]

  2. […] 「B'z LIVE-GYM 2019」会場予想!「#Bz2019」スケジュールで2019年のB'zはどうなる?2019年1月5日0時時点で全国15都市36公演となっています。Twitterで話題となっている「#Bz2019」が「B'z LIVE-GYM 2019」 […]

タイトルとURLをコピーしました