▼ライブ後の宿泊予約はこちら

「B’z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI-」元ネタを完全にまとめました。

B'z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI-




こんにちは。管理人です。

2018年、B’zは結成30周年を迎え、これを記念したベスト選曲ライブツアー
「B’z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI-」を開催しました。

今回のPleasureツアーは、皆さんもご存知のように”過去の演出のリバイバル(再演)”が随所に見られたツアーだったと言うことができると思います。
ファンの間で語り継がれている過去の伝説のライブ演出が随所に再現されており、往年のファンの皆様はとても懐かしい!と思われたのではないでしょうか。今回は「HINOTORI」ツアーの各演出の元ネタをまとめさせていただきましたので、是非ご覧ください。




各演出の元ネタ

それでは、B’z「HINOTORI」ツアーの各演出の元ネタについて解説させていただきます。
長年のファンの方も、「HINOTORI」ツアー参戦で新しくファンになられた方も、またB’zファンのお友達に連れて行かれて偶然ライブをご覧になった方も、是非ライブ当日を思い出したり、またはDVDやBlu-rayをご覧になったりしながら、ご参考にされてください。

ステージセットの形

まず、今回のステージセットは「B’z LIVE-GYM Pleasure ’95 “BUZZ!!”」、「B’z LIVE-GYM The Final Pleasure ~IT’S SHOWTIME!!~」でも使用された「FIREBIRD」というステージセットをモチーフにしています。

今回のテーマが「HINOTORI(火の鳥)」であることもあり、また「HINOTORI」という楽曲がBUZZツアーで披露された「LOVE PHANTOM」の流れをくむこともあり、このようなステージセットになったのではないでしょうか。今回のライブに非常にマッチしたセットだと言えると思います。

ライブロゴのフォント

今回のライブのロゴに使われているフォントは、B’zの中で2番目の売り上げを誇るシングル「LOVE PHANTOM」のジャケットロゴに使われているフォントです。

ちなみに楽曲「HINOTORI」は、今回のツアー前に東京・有楽町で開催されたイベント「B’z 30th Year Exhibition “SCENES” 1988-2018」後期にて、その存在が明らかになりました。

そこで「HINOTORI」が「LOVE PHANTOM」の続編であるということがわかったのですが、ライブロゴが「LOVE PHANTOM」のロゴになっているのは「HINOTORI」が「LOVE PHANTOM」の続編であるためと言ってよいでしょう。

「B’zのLIVE-GYMにようこそ!」の紙コップ

B’zのLIVE-GYMでは必ず、2曲ほど演奏した後に「B’zのLIVE-GYMにようこそ!」というセリフを稲葉さん(たまに松本さんも)が放つ場面が設けられています。

今回は紙コップを使った演出が3パターン用意されていました。

実はこの紙コップを使った演出は、「B’z LIVE GYM’99 “Brotherhood”」の時の再現になっています。

当時の演出は、稲葉さんが飲んでいる紙コップの底に、「B’zのLIVE-GYMにようこそ」と書いてあり、それに気づいた稲葉さんがセリフを言うというものでした。

今回はこのパターンに加えて、松本さんが飲んでいるコップの底に「B’zのLIVE-GYMにようこそ」が書いてあるパターンと、松本さんからペンとコップを渡されて稲葉さん自ら書き込むパターンの3パターンがありました。

「ミエナイチカラ~INVISIBLE ONE~」に使われたギター

東京・有楽町で開催されたイベント「B’z 30th Year Exhibition “SCENES” 1988-2018」で、本来展示されるべきギターが 、「1997年に保管先より忽然と消えてしまった」「当時、あらゆる可能性を考えて捜したものの所在がつかめず、手がかりもないままに捜索が断念されておりました」 というメッセージをB’z公式側がSNSアカウントにおいて公開しました。

それからわずか1週間で、情報提供が実り、紛失されていた松本さんのギターが、松本さんのもとに戻ってきたのです。とある楽器店の倉庫にあったということでした。

このピンクのギターは「ミュージックマン」と呼ばれるもので、「ミエナイチカラ~INVISIBLE ONE~」のジャケット写真にも使われたもの。そのため今回のライブで同曲の演奏に抜擢されたのでしょう。

「B’zのLIVE-GYMにようこそ!」というセリフの直後に唸るようにして登場したこのミュージックマンは、とても輝いており、それを見たファンの方々は筆舌尽くしがたい想いに駆られたのではないでしょうか。

「OH!GIRL」で登場した女性の足とB’zのバルーン人形

1997年の「B’z LIVE-GYM Pleasure’97 ”FIREBALL”」ツアーで演奏された「GIMME YOUR LOVE -不屈のLOVE DRIVER-」 で登場した中央に女性の足、左側に稲葉さん、右側に松本さんのバルーン人形が、今回「OH!GIRL」演奏時に登場しました。

一人の女性に言い寄る稲葉さんと松本さんという設定の人形だと思われます。「GIMME YOUR LOVE -不屈のLOVE DRIVER-」 の歌詞内容に合致した演出ですね。
このような遊び心ある演出も、B’zのライブの魅力の一つです。

「ALONE」のピアノ演出

稲葉さんがピアノを弾き語り、松本さんが1コーラス目のAメロまでピアノの上でギター演奏する演出は、B’z LIVE-GYM Pleasure ’95 “BUZZ!!”で披露されたものでした。(おそらく洋楽バンドGuns N’ Rosesを意識したものでしょう)

ちなみにBUZZ!!の際は松本さんはタバコを咥えており、さらにピアノから直接飛び降りていましたが、今回はタバコは吸わず、ピアノから降りるときも階段が設けられていました。
当時との見せ方や振る舞い方の違いが垣間見え、非常に感慨深いですね。

「LOVE PHANTOM」でのダイブ演出

実は1995年10月発売のシングル曲「LOVE PHANTOM」が初めて披露されたのは同曲発売前の「B’z LIVE-GYM Pleasure ’95 “BUZZ!!”」ツアー。当時「VAMPIRE WOMAN」のような曲の演出を舞台監督と考えていた時にできたのがこの曲だったのです。そのため当時は全くの新曲として、演出とともに披露されました。

今回のダイブ演出は、初披露の「B’z LIVE-GYM Pleasure ’95 “BUZZ!!”」ツアー時の再現となります。ちなみに「B’z LIVE-GYM The Final Pleasure ~IT’S SHOWTIME!!~」でも一度リバイバルとして披露されているので、ダイブ演出が披露されるのは通算3回目となります。

ちなみに今回、「LOVE PHANTOM」が「HINOTORI」を挟み込むような構成になった理由は、最初「LOVE PHANTOM」と「HINOTORI」を続けて演奏したところ、同じような重みのあるテーマがある曲が2曲続くより、もっと大きなひと塊にしたらどうかと思ったためということでした。

壮大なショートムービー

LOVE PHANTOM終了後、騒然とする会場で流れたのが壮大なショートムービー・”Spirit LOOSE” 「Opening Movie」 です。

これは「B’z LIVE-GYM ’96 “Spirit LOOSE”」で披露されたムービーでした。

なんとこれ、実はハリウッド映画1本分のフィルムを使って制作された巨大スケールの映像なのです。

今回のツアーではムービー上映後そのまま「Real Thing Shakes」の演奏に続きましたが、これも
「B’z LIVE-GYM ’96 “Spirit LOOSE”」 の演出同様です。(当時は映像が映っている幕が落ちてから「Real Thing Shakes」(ライブ1曲目)がスタートしました)

ちなみに「B’z LIVE-GYM The Final Pleasure ~IT’S SHOWTIME!!~」でも同映像から「Real Thing Shakes」を演奏しました。※今回は「Real Thing Shakes」はワンコーラスのみ(7/28までは1サビのみ)演奏

「ZERO」の稲葉さん、反時計回りに

実はこっそりリバイバルしていた「ZERO」演奏時の稲葉さんの反時計回りターン。イントロのギターバッキング時に4小節回り続けます

実はリリース当時から稲葉さん松本さんがそれぞれ反時計回りしていました。

その意味は、「ZEROになる」=「時間を反時計回りにして巻き戻す」というもの。実に奥が深いですね。

しかしそんな素敵な演出も、身体的に多少負担があったのか、2008年の「B’z LIVE-GYM Pleasure 2008 -GLORY DAYS-」で『封印宣言』。

[amazonjs asin=”B0049Y5RHO” locale=”JP” title=”B’z LIVE-GYM Pleasure 2008-GLORY DAYS-(Blu-ray Disc)”]

ファンの間ではもう二度と見られないかと思われていましたが、今回は稲葉さんだけ反時計回りに。御年53歳で挑まれた当ツアーでしたが、見事に切れ味鋭く反時計回りになられていて、筆者の私自身も大変嬉しかったです。

「ZERO」で警備員さん登場

今回8/5日産スタジアム・9/2福岡ヤフオクドーム・9/9豊田スタジアム・9/16ヤンマースタジアム長居公演ではブラックマヨネーズの小杉さんが警備員に扮して登場。口パクと軽快な動きで会場を盛り上げ、B’zファンの間で非常に話題となりました。

またアリーナ公演では客席にいる警備員が稲葉さんに合わせて口パク

また9/6豊田スタジアム公演では松本さんが「ZERO」のシングルCDを持って口パク

さらに9/21味の素スタジアム公演ではステージ上のカメラマンに扮した木村拓哉さんが登場し、大変な話題となりました。

そもそも「ZERO」の警備員演出は、2002年の「B’z LIVE-GYM 2002 GREEN ~GO☆FIGHT☆WIN~」のリバイバルです。

DVDには収録されていないので、ご注意ください。

今回のツアーでは最初、普通の警備員さんが登場する演出を試したところしっくりこず、その後B’zサイドからブラマヨ小杉さんにオファーをしたそうです。結果的に大成功の演出ですよね。

「HINOTORI」元ネタ、他にも…!

以上「HINOTORI」ツアーの演出元ネタまとめを書かせていただきました。

この他にも、「Wonderful Opportunity」の振り付けでカメラが3分割される演出や、「恋心(KOI-GOKORO)」の2番で演奏を止める演出など細かい部分において以前ライブで登場した演出は存在しております。

皆さんも是非、「こんなリバイバル演出があった!」というように、「B’z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI-」の元ネタを探されてみてください!

以上ここまでご覧いただきありがとうございました。

コメント

  1. […] 「WOWOW」でも放送!B'z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI- 元ネタ完全まとめ こんにちは。管理人です。 2018年、B'zは結成30周年を迎え、これを記念したベスト選曲ライブツアー「B'z LIVE-GYM P…bztakkoshi.com2019-01-16 16:05 […]

  2. […] 「WOWOW」でも放送!B'z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI- 元ネタ完全まとめ こんにちは。管理人です。 2018年、B'zは結成30周年を迎え、これを記念したベスト選曲ライブツアー「B'z LIVE-GYM P…bztakkoshi.com2019-01-16 16:05 […]

  3. […] 「WOWOW」でも放送!B'z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI- 元ネタ完全まとめ こんにちは。管理人です。 2018年、B'zは結成30周年を迎え、これを記念したベスト選曲ライブツアー「B'z LIVE-GYM P…bztakkoshi.com2019-01-16 16:05 […]

  4. […] […]

  5. […] […]

  6. […] […]

  7. […] […]

  8. […] […]

  9. […] 先日は、昨年行われたベスト選曲ツアーのDVD&Blu-rayが発売されることが発表されました。 […]

  10. […] […]

タイトルとURLをコピーしました