Twitterアカウントフォロー&通知登録>>>>

稲葉浩志作詞「One and Only」の歌詞が木村拓哉やSMAPのことを歌っているようだと話題に

稲葉浩志/KOSHI INABA

こんにちは。「B’z 超まとめ速報」(@bztakkoshicom)です。

29日(土)23時よりNHK総合で放送された音楽番組「SONGS」に木村拓哉と稲葉浩志(B’z)が出演し、テレビ史上初の対談を行ったことが大きな話題となりましたが、その番組内容を踏まえて、視聴者から、稲葉浩志が木村拓哉に歌詞提供した楽曲「One and Only」の歌詞が、木村拓哉自身やアイドルグループ「SMAP」のことを歌っているようであるということが改めて注目を集めています。まとめさせていただきましたので、宜しければ是非ご覧ください。

NHK「SONGS」対談で稲葉浩志「木村拓哉さんは『One and Only』」「あの歌詞はめちゃくちゃリアル」

29日(土)23時よりNHK総合で放送された音楽番組「SONGS」で、木村拓哉と稲葉浩志(B’z)が、テレビ史上初の対談を行ったことが大きな話題となりました。

同番組では、今年、自身初となるソロでの音楽活動に挑戦した木村拓哉を特集。
スタジオで木村自身が最新アルバム収録曲の「One and Only」「サンセットベンチ」、そしてSMAPの名曲「夜空ノムコウ」を披露したほか、公私ともに交流のある親友・稲葉浩志との対談や、2月に行われたソロツアーの舞台裏への密着取材を通じて、木村の素顔や今抱く想いに迫りました。

この対談で稲葉は、木村との出会いやソロツアーを観覧した際の感想などについて言及し、さらに歌詞提供した楽曲「One and Only」について僕なりの期間で知った木村拓哉さんっていう人に関して、『One and Only』だなっていうのはもう常々思ってることだったんで、そんなに苦労して捻り出したっていう言葉でもないんですよね。」とコメント。またさらに続けて「僕の中ではすごくあの歌詞はめちゃくちゃリアルです。ホントに。二人でこう、海行ったりとか遊んだり食事したりとかっていう期間の前だともう、当たり前ですけど全く書けなかった歌詞なんで。うん。」と語っており、「One and Only」の歌詞がまさに木村拓哉との出会いによって生まれ、また木村自身の姿にかなりリアルな内容であることを示唆しました。

木村拓哉×稲葉浩志「SONGS」対談全文はこちら>>

なおちなみに稲葉浩志は、昨年9月に歌詞提供が発表された際の文面でも「私が見て話して遊んで感じて自然に浮かび上がった「生身の木村拓哉像」を歌詞にさせて頂きました。文字通りOne and Onlyです。 」 とコメントしています。(ちなみに「One and Only」自体の意味は、公式的に発表されているものではありませんが、英語の一般的な意味としては”唯一無二の、かけがえのない(人)”となります。)

インターネット上では両者の対談する姿、稲葉の紡ぎ出す言葉に感動の嵐

この対談を受けて、インターネット上では視聴者から、両者が絶大な信頼関係のもとに真摯に対談する姿に感動の声が続出したほか、稲葉浩志が紡ぎ出した「その時にベストを出せばね、それがもう100%なので」「SMAPとやってた時ともう全然スタイルが違うので。(中略)逆にでもそういうものを背負っていることを見てる人も知ってるし、ストーリーをもうみんな見てるわけですよね、木村拓哉の」などという温かい数々の言葉に賞賛の声が殺到。またこれらの”名言”が各インターネットニュースなどでもピックアップされるなど多くの人々に注目を浴びることとなりました。

さらにSNSでは「One and Only」の歌詞内容が木村拓哉やSMAPのことを思わせると注目が集まる

そしてさらに、SNS上では、今回稲葉浩志が提供した「One and Only」の歌詞内容が木村拓哉自身、ひいてはSMAPのことを思わせるものであるという声も改めて登場

特に2番のAメロ、Bメロの箇所で見られる描写が、2016年に突如解散してしまったアイドルグループ「SMAP」と木村拓哉自身の関係性を感じさせるということが、改めて話題となっています。

ほんのボタンの掛け違え
そんなつもりじゃないのに
大事なものが壊れるのは
あっけない 夢みたい

想像以上に世界はねじれ
語るほど遠のく真実
想像以上絆は強いし
C’mon c’mon また会う日まで

稲葉浩志歌詞提供・木村拓哉「One and Only」の一部歌詞

もちろん稲葉自身が歌詞内容についてここまで具体的に言及しているわけではありませんが、番組の放送内容(対談で「あの歌詞はめちゃくちゃリアルです」などと改めてコメントしたことなど)によって、ファンから再び「One and Only」の歌詞が注目を集めたものと思われます。(また先日、同じく元SMAPの中居正広がジャニーズ事務所退所会見を行ったことも、少なからず影響を及ぼしたことが考えられます。)

歌詞の内容がどれほどにリアルなのか、また元SMAPのメンバーの関係性が現在どのようになっているのかは全く定かではありませんが、少なくとも番組、また歌詞の内容を通じて木村拓哉の生き様、そして木村拓哉と稲葉浩志、周りの仲間たちとのリレーションシップが浮き彫りになったということは、紛れもない事実なのではないでしょうか。

多くの木村拓哉ファン、SMAPファン、そして稲葉浩志ファンの方々が、今回の放送、そして「One and Only」の歌詞内容を好意的に捉えている模様です。

まとめ

ここまでご覧いただきありがとうございます。
番組「SONGS」を通じて、稲葉浩志が木村拓哉に歌詞提供した楽曲「One and Only」の歌詞内容が改めて注目を集めているニュースについてまとめさせていただきました。いかがでしたでしょうか?

今回放送された番組「SONGS」自体も、稲葉浩志が歌詞提供した楽曲「One and Only」の存在があったからこその内容となっているということが番組Twitterで明かされており、(初めて曲を聞いた時「このタイトルこそ番組のテーマだ」と感動したとのこと)、筆者は稲葉浩志の綴った「One and Only」の歌詞のパワーがいかに甚大であるかということを、今回再度痛感させられました。

SMAPの解散を経て、世間での様々な言説に取り合わず、俳優として、歌手として、さらに”唯一無二の”存在として活躍を続ける木村拓哉。何かを背負って走り抜く彼の姿は、周りの人を巻き込み、また新しい伝説を作り上げていくものと思われます。

そしてそんな彼とともに私たちもまた、「One and Only」の歌詞に表されているように「君だって One and Only」であるということを忘れずに、胸に留めておきたいところです。稲葉浩志の紡ぐ歌詞は、万人に強いエネルギー、そして深い示唆を与えてくれるものであると言えるでしょう。

以上、番組「SONGS」を通じて、稲葉浩志が木村拓哉に歌詞提供した楽曲「One and Only」の歌詞内容が改めて注目を集めているニュースについてまとめさせていただきました。ご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました