B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day1~5 セットリスト
稲葉浩志(Koshi Inaba)の話題

稲葉浩志(いなば こうし)のプロフィール、最新のニュースはこちら

2020年2月にB'z公式サイトで公開された稲葉浩志のアーティスト写真稲葉浩志(Koshi Inaba)の話題
画像出典:B'z公式サイトより
(文/「B’z 超まとめ速報」@bz_takkoshicom管理人@はやみん)

稲葉浩志(いなば こうし、本名:いなば ひろし)とは、日本のヴォーカリスト。1964年(昭和39年)9月23日生まれ、岡山県津山市出身。作詞家、編曲家、シンガーソングライター、プロデューサー。身長は173cm(公式バンドスコア『B’z Break through + Bad communication』より)。血液型はAB型。ロックユニット「B’z」のヴォーカル・作詞を務める。またソロ活動(稲葉浩志、INABA/SALAS)も実施している。横浜国立大学卒業後、1988年に松本孝弘(Gt.)とロックユニット「B’z」を結成しメジャーデビュー。以後約32年間休むことなく音楽活動を継続し、B’zとしてこれまでに15作品のミリオンヒットシングル、19作品のミリオンヒットアルバムを世に送り出し、またさらに、約1000本以上の”LIVE-GYM”と題したライブ公演を定期的に開催している。またソロとしても1997年にアルバム『マグマ』でデビューし、5作品のシングル、5作品のアルバムなどを発表。並行して、”en”と名付けたツアーも開催しており、B’zとは異なる独自の世界観が多くのファンから支持されている。さらに2017年と2020年には、盟友・スティーヴィー・サラス(Stevie Salas)とタッグを組み「INABA/SALAS」としても活動。各方面に及ぶ精力的な活動、未だ衰えることのない圧倒的なステージパフォーマンスが、今なお多くの人々から注目されている。

この記事を書いた人
B'z 超まとめ速報

はやみんは、B'zのことを15年以上にわたって研究しているB'zの専門家。ロジカルで本質的な分析・論説を得意とする。「B'z 超まとめ速報」の著者/筆者・管理人。

「B'z 超まとめ速報」をフォローする

稲葉浩志の最新ニュース・新曲・ライブの話題

稲葉浩志に関する最新ニュース・新曲・ライブの話題は、下記一覧をご覧ください。

「稲葉浩志×福山雅治 スペシャル対談2020」動画公開 1000超えるファンからの質問メールに稲葉&福山が回答
「B’z カレンダー2021」月めくり版ショットが一部公開
稲葉浩志(B’z)と福山雅治の”UFC対談”第2弾が公開 約6年ぶり
「B’z カレンダー2021」稲葉浩志ショットが公開 タンクトップ納涼写真など
稲葉ママ、B’z配信ライブに満足 「あんなに顔が見れたことないからこれはいいなと」
稲葉浩志(いなば こうし)のプロフィール、最新のニュースはこちら
B’z、配信ライブ会場の楽屋写真を公開 クッションカバーや愛犬フォトなどファン注目
B’z稲葉浩志、コロナ禍の自粛期間から藤井風を聴いていることを明かす
B’z稲葉浩志使用の吸入器「ホットシャワー」メーカー、長年の愛用に”感激”
B’z松本孝弘が使用の「Gibson」デザインスマホケース、即日完売する

稲葉浩志のニュース一覧はこちら>>

B’zの最新ニュース・新曲・ライブの話題

B’zに関する最新ニュース・新曲・ライブの話題は、下記一覧をご覧ください。

B’z「無観客ライブは無観客じゃない」感謝の気持ち伝え配信ライブファイナル”Day5”完遂
B’z、配信ライブで新曲「YES YES YES」披露 “他人の幸せ喜べる 人間になりなさい”
B’z配信ライブ「5 ERAS 8820」全面広告が読売新聞、朝日新聞に掲載 “先のB’z”トレンド入り
B’z配信ライブ最終公演”Day5”本日開催 告知動画で松本「大変名残惜しいですが」稲葉「我々B’zの新しいエッセンス、見せられる」
B’z、ジャケット姿でメロイックサイン示す あす配信の無観客ライブ”Day5”公演を告知
B’z、公式YouTubeチャンネルで配信ライブ「Day3-4」ダイジェスト映像を公開
B’z、配信ライブ仕様にペイントされたZepp Haneda(TOKYO)外壁の写真を公式SNSで公開
田中一光、B’z”Day5″公演に意気込み「このご時世だからこそ与えていただいた素敵な時間に感謝」
B’z無観客配信ライブ「Day4」公演のダイジェスト映像が公開
B’z無観客配信ライブ「Day3」公演のダイジェスト映像が公開

B'zのニュース一覧はこちら>>

コメント

タイトルとURLをコピーしました